追突事故で全損|修理しないで車を買い替え|損しない交渉

追突事故・全損・買い替え・対物賠償保険・車両保険・買い替え費用・時価額・対物全損時修理差額費用特約

たとえば赤信号で停車中に背後から追突事故にあい車が「全損」になった場合で、車を修理しないで買い替えることにするケースです。

こうしたケースで相手保険会社と損しない交渉をする方法を詳しく解説しています。

しばらくお付き合いいただけると幸いです。

追突事故で全損:100%相手に過失が生じるもらい事故のケース

100%相手に過失が生じるもらい事故のケース・追突事故で全損|修理しないで車を買い替え|損しない交渉

このページで扱うのは追突事故の被害にあい車が全損になったケースです。

赤信号で停止中に追突されるような事故は、こちらに過失はなく100%相手側に過失が生じる事故です。

いわゆる「もらい事故」あるいは「被害事故」と呼ばれる事故形態です。

まず、こうした事故で車が「全損」と認定されるのはつぎのような場合です。

  1. 車が修理不可能なほど破損してしまった【物理的全損】
  2. 車は修理可能だが修理費がその車の時価額(事故時点での市場取引価格)を上回っている【経済的全損】

①のケースであれば否応なく別の車に買い替えるしかありません。

②のケースなら、被害者は2通りの対応が取れます。

つまり、車を修理して乗り続けるか、修理を諦め別の車に買い替えるか、この2つです。

いずれにしても、加害者側の保険会社が「全損」と判断した場合、保険金はどのように支払われるかが問題になります。

このケースを法的に考えると、加害者側は被害者に対して自分が毀損きそんしたモノを弁償する法的な損害賠償義務を負っています。

この損害賠償義務を果たすには、毀損したモノと同程度の金銭をもって弁償する必要があります。

車は「全損」です。

すると、加害者は全損になった車と年式・グレード・走行距離等が同程度の市場取引価格、つまりその車の時価額を支払うことで法的義務(債務)を果たすことになります。

「全損」になった車の時価額が50万円だとすると、加害者側は50万円を支払うことで法的賠償責任を果たしたことになります。

これを被害者側から考えてみます。

車は大破し、修理費が80万円と見積もられています。

車を修理して乗り続ける場合、加害者側から50万円支払ってもらっても、修理代との差額30万円が残ります。

修理しないで別の車に買い替えする場合も、加害者側からの50万円だけでは同程度の車の車両本体代金にしかならず、取得税・整備費用・車庫証明費用などの買替諸費用は不足してしまします。

どうすればいいのでしょう?

追突事故で全損:加害者側保険会社は時価額までしか支払わない

加害者側保険会社は時価額まで・追突事故で全損|修理しないで車を買い替え|損しない交渉

結論を言います。

上記のようなもらい事故(被害事故)の被害にあい車が「全損」と算定された場合、加害者側保険会社は事故車両の時価額までしか支払いません。

時価額の算定にあたり保険会社がレッドブック、イエローブック、カーセンサーやグーネットなどの中古車情報誌を根拠に算出している場合は、裁判所も原則これを認めるので、裁判に持ち込んでも金額の上乗せは厳しいところです。

上乗せできたとしても金額はわずかです。

事故時の車検の残存期間が長い場合は多少の上乗せはあるかもしれません。

ただし、裁判にまで持ち込まなくても、その手前で、加害者側保険会社と交渉する余地はあります。

被害者側もカーセンサーネットやグーネットなどで事故車両と年式・グレード・走行距離等が同程度の車を複数ピックアップし、その中の価格が高い方の4例~5例ほどをプリントアウトし、加害者側保険会社に提出してください。

かりに加害者側保険会社もカーセンサーやグーネットを時価額評価の根拠にしていたとしても、保険会社の立場上、複数ある価格の低い方の価格を提示しているはずですから、高い方の価格を交渉の材料として提出することはとても有効です。

時価額が上乗せされることが期待できます。

追突事故で全損:買替諸費用の交渉

買替諸費用の交渉・追突事故で全損|修理しないで車を買い替え|損しない交渉

さて、車が「全損」となり相手保険会社は時価額までしか支払わないとして、その際、車を買い換えることにした場合は、買い替えに伴う自動車取得税・車両整備費用・検査費用・廃車費用などのいわゆる「買替諸費用」はどうなるのでしょう?

過去の判例では買替諸費用が認定された事例が複数あります。

認定されたのは、

  • 自動車取得税
  • 車両整備費用
  • 廃車費用
  • 検査登録費用
  • 車庫証明取得費用

などです。

ただし、これらがどの保険会社にも認められる確証はなく、逆に、これ以外の項目が認められるケースもあります。

交渉にあたっては、「買替諸費用は過去の判例でも認められているので支払ってくださいね」と訴えるだけでは効果なしです。

買い替えることになる車の見積書を提出する必要があります。

ズバリ具体的な数字が記載されている書類がないと保険会社は金額を出しようがないからです。

それにしても、保険会社というのは何かしら特別な社会的立場にあるようです。

わたしたちの社会では、たとえばカラオケ店でも著作権料を支払わなければならないとか、NHKの受信料徴収は合法だとか、裁判所でそうした判決が出れば、それまで抵抗していた勢力も判決を受けてその後は従順に従うのが普通です。

しかし保険会社は別のようです。

買替諸費用などは過去の判決で認定されているのですが、実務の現場では、請求があったら支払うこともあるけれど(しかし必ずではない)、請求がなければ支払わずに済ます、というスタンスを取り続けています。

まるで、不服があったらいつでも裁判に持ち込んで結構ですよ、でも裁判に持ち込むほどの金額でしょうか、裁判となればそれなりの精神的エネルギーが必要でけっこう大変ですよ、それでもやるならどうぞご自由に、とわれわれの足元を見ているかのような対応です。

どうして黙っていても買替諸費用を当たり前に支払うような業界慣行が生まれないのでしょう。

事故は保険会社を見直すいい機会でもあります。たとえ今すぐ保険会社を移るつもりはなくても、同じ条件で各社の保険料がどのくらい違うかを横並びで確認し、金額が安い会社を3社ほどチェックしておいて下さい。今の保険が満期になる際に継続するか他社に乗り換えるかの判断材料になります。

自動車保険を一括見積比較

追突事故で全損:代車は出してくれます

代車は出してくれます・追突事故で全損|修理しないで車を買い替え|損しない交渉

追突事故の被害者になった場合、相手保険会社は代車費用を出します。

これは問題なく出してくれます。

期間は、通常、事故日から数えて2週間~1ヶ月程度です。

その間に車を修理するなり別の車に買い替えるなりする必要があります。

事情により修理や買い替えが手間取りそうな場合は、保険会社に相談すれば、代車期間を延長してくれることもあります。

追突事故で全損:保険金を受け取ったら車の所有権は相手保険会社に移る

保険金を受け取ったら所有権は相手保険会社に移る・追突事故で全損|修理しないで車を買い替え|損しない交渉

追突事故で車が全損となり、相手保険会社から対物賠償保険を受け取った場合、車の所有権は相手保険会社に移ります。

これは民法422条「損害賠償による代位」の類推適用となるからです。

ですから自分で勝手に車買取業者(廃車買取業者)に売却することはできません。

ただし、修理して乗り続ける場合は保険金を受け取っても所有権は移転しません。

追突事故で全損:相手の対物賠償に「対物全損時修理差額費用特約」が付いている場合

対物全損時修理差額費用特約・追突事故で全損|修理しないで車を買い替え|損しない交渉

追突事故の被害にあい車が全損になった場合、相手保険会社は対物賠償保険から車の時価額を限度に保険金を支払います。

したがって、修理費が80万円かかるけれど時価額が50万円というケースでは、50万円しか受け取れず修理費との差額30万円は自腹で支払うしかありません。

ところが、相手の対物賠償保険に特約として「対物全損時修理差額費用特約」(保険会社によって名称が異なる)が付いている場合は、修理費との差額30万円も支払ってもらえます。

つまり被害者側は自腹を切ることなく車を修理できます。

それなら、修理はしないで車を買い替える場合には、時価額50万円+修理費との差額30万円が受け取れるのかというと、そうではありません。

対物全損時修理差額費用特約は、実際に車を修理した場合にだけ支払われる特約です。

修理しないで買い替える場合は時価額50万円だけです。

対物全損時修理差額費用特約とは|対物無制限でも必要?

2019.01.08

追突事故で全損:自分の車両保険が使えます

自分の車両保険が使えます・追突事故で全損|修理しないで車を買い替え|損しない交渉

追突事故で被害にあって車が全損になった場合、原則として加害者側の保険会社から対物賠償保険が支払われます。

しかし、被害者が車両保険に入っている場合は、自分の車両保険を使うこともできます。

具体的には、相手保険会社からは時価額50万円しかし払ってもらえないケースで、車両保険金額が80万円であった場合は、差額の30万円を自分の車両保険から支払ってもらえます。

その際、通常なら、車両保険を使うと翌年度の等級に影響を与えるのですが、追突事故の被害のように自分に過失がなく100%相手に過失がある事故で車両保険を使った場合は、ノーカウント事故として扱われ、翌年度の等級や事故有期間に影響を与えません。

これは自分の車両保険に「車両無過失事故に関する特約」が付いている場合に適用されます。

車両無過失事故に関する特約|もらい事故や被害事故で適用

2019.01.04

追突事故で全損:弁護士特約が付いていれば示談交渉は弁護士に丸投げできる

弁護士特約・追突事故で全損|修理しないで車を買い替え|損しない交渉

追突事故の被害にあった場合、こちらに過失はなく相手側が100%過失を負うべき事故形態です。

このような事故形態の場合は自分が加入している保険会社や代理店は相手と示談交渉する法的根拠を持ちません(弁護士法 第72条 非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)。

ですから、時価額の上乗せ交渉にしても、買替諸費用の請求にしても、代車期間の延長交渉にしても、すべて被害者が自分でやらなければなりません。

保険会社や代理店は相談に乗ってはくれますが、交渉の前面には立ってくれません。

しかし、もしも自分の自動車保険に弁護士特約が付いていれば、相手との示談交渉はすべて弁護士が前面に立ってやってくれます。

弁護士特約は年間5,000円以下で追加付帯できます。

今回の事故に間に合わなかった方は将来の事故に備えて加入しておくと安心だと思います。

追突事故で全損:交渉は冷静に

交渉は冷静に・追突事故で全損|修理しないで車を買い替え|損しない交渉

追突事故のように相手が一方的に悪い事故、つまりもらい事故の被害者となった場合、ある意味、何から何まで気に入らないことだらけになります。

もしもそんな事故に巻き込まれなければ自分はそれまでどおりの日常を送っていられたわけです。

だから、自分の車に乗れないことのストレスから始まって、その後、加害者あるいは加害者が加入している保険会社の担当者とのやり取りは、言ってみれば「本来やらなくてもいい余計なこと」だらけです。

さらに追い打ちをかけることがあって、上の項目でお話したように、もらい事故のような相手側に100%の過失が生じる事故形態の場合、自分が加入している保険会社・代理店は相手との示談交渉をする法的根拠を持ちません(弁護士法 第72条 非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)。

自分が加入している保険会社や代理店は事故の相談やアドバイスには応じてくれるものの、加害者側とのやり取りは被害者が自分でやらなければなりません。※ただし、弁護士特約を付けていれば弁護士が示談交渉をやってくれます

このように、本来やらなくてもいい余計なことをやるストレスから、被害者側はつい感情的な対応をしがちです。

ちょっとでも加害者や加害者側の保険会社の言い分が気に入らないと、高圧的な態度で接しがちです。

しかし、それは大きなマイナスです。

ぜひ冷静に対応していただきたいと思います。

ここまでこのページでご案内してきたことは、あくまでも冷静に交渉した場合に勝ち取れる可能性が出てくる事柄です。

高圧的な態度を取ると、たとえば相手保険会社の担当者などは、それこそ「木で鼻をくくった」ような態度で接するようになるでしょう。

過去にそうした判例があっても、それは今回の事故の判決ではありませんから

時価額は当社で厳正に調査した結果出した金額で、これを変えることはできません

こうしたケースでは車検の残り期間は考慮しないのが通例です

買替諸費用はどなたに対してもお出ししておりません

そして、はっきり口に出すケースと出さないケースがありますが、ご不満ならどうぞ裁判に持ち込んでいただいて結構ですよ、という態度を取ります。

と言うのも、保険会社の事故担当者の立場に立つと、面倒で厄介な相手とグダグダ交渉するくらいなら、相手が訴訟に訴えてくれれば、後は提携している弁護士にその件を丸投げでき、むしろありがたい展開となります。

保険会社や保険会社のスタッフは裁判などいっさいまったく恐れていません。

どうぞご自由に、というスタンスです。

そしていざ裁判に持ち込んでも、勝ち取れるものはそう多くはありません。

勝ち取れた金額と、裁判の期間中注いだ精神的エネルギーや時間的損失などを天秤にかけた場合、むしろ損失のほうが大きいかもしれません。

だからぜひ冷静に対応していただきたいと思います。

被害者側が冷静に対応する限り、相手保険会社の担当者は「自分は加害者側の人間だ」という意識がありますから、できるだけ満足してもらえるように対応しようと考えるものです。

ネットなどでどこの保険会社の対応は最悪だったなどとしばしば書き込みがありますが、しかし、こうした書き込みには書き込んだ人が保険会社にどういう態度で臨んだかは書き込んでありません。

高圧的に接したからこそ保険会社の担当者は「木で鼻をくくった」ような対応をしたのです。

べつに保険会社を擁護しているのではありません。

ご自身の「損得」で行動してください、と申し上げているだけです。

事故がきっかけで保険会社を乗り換える方は大勢いらっしゃいます。その際、一括見積もりサイトを利用すれば今の会社と他社でどれくらい金額が違うかを横並びで確認できます。同条件で比較した場合で今の会社より10,000円以上安いところがあったらチェックしておき、今の保険が満期になった際に継続するか乗り換えるかの判断材料にしてください。

保険スクエアBang!

  • 利用者400万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社
インズウェブ

  • 利用者900万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社。

 

 


ご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク



スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。朝起きるとコンビニの菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はお米とおかずをしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。せっかく炭水化物をカットしているのにフルーツをよく食べます。みかん・デコポン・甘夏・いよかんなどの柑橘類が好きです。地元山梨産のもも・ぶどうも人からもらったときだけ食べます。寝る前にはウイスキーをストレートで飲みDLifeチャンネルの海外ドラマを見て寝ます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。