自動車税・軽自動車税を払わないで廃車することは可能?

自動車税・軽自動車税・払わない・廃車

とりあえず「払わないで廃車」は可能

自動車税・軽自動車税を払わないで廃車することはできます

登録車の場合は陸運局で、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で廃車手続きしますが、いずれの場合も自動車税・軽自動車税を払わない状態で廃車手続きすることは問題なく可能です。

ただし、廃車手続きは出来ますが、払わないでいた税金をそのまま不問に付してもらえるかと言うと、そうはいきません。

廃車手続きすると、その登録抹消の情報が電子システムで税事務所(軽自動車は市区町村の納税課)に伝達されるのですが、この作業は月毎にまとめて行われるので、システムに反映されるのは廃車から1ヶ月~2ヶ月後です。

システムに反映されたところで税事務所(納税課)では、登録が抹消された車の納税履歴を照合し、滞納がある場合は、車検証上の所有者のところに郵送で通知を出します。

(※)車検証の所有者がディーラーや信販会社の場合は使用者。

通知の内容は、

あなたは自動車税(軽自動車税)を滞納しています。つきましては滞納額と延滞金の合計金額を納付してください。

という内容のものです。

この通知には納期限も記載されていますから、この納期限までに納付しないと、すでに払わないでいる期間があるわけですから、いきなり差押に入ることもありえます。

つまり、払わないでいても廃車はできますが、そのまま納税義務から逃れられるわけではありません。

払わないでいた税はいずれ納付しなければならないということです。

自動車税・軽自動車税の滞納で差し押さえまでの期間は?

2018.06.10

自動車税・軽自動車税を滞納した場合の時効は何年ですか?

2018.06.09

車検切れで放置していた車を廃車:「払わないで廃車」が一部可能

車検切れで放置

上の解説は、払わないで廃車できるけれどいずれは払う、という話でした。

しかし、この項目では、一部ではありますが実際に払わないで済む話です。

それは車検切れで放置していた場合の話です。

車検が切れ、当面は車に乗らない場合は、一時抹消登録してナンバープレートを返納しておけば、自動車税・軽自動車税はそこでストップされます。

ところが、何らかの理由で車検切れの車をそのまま何の手続きもしないで放置しておくケースがあります。

こうなると自動車税・軽自動車税は何年であろうが放置されている限り課税され続けます。

原則的には、そうです。

なぜなら自動車税・軽自動車税は法律の種別で言うと「財産法」に分類され、その意味するところは、所有しているものに対して課税する、という法律であるからです。

このケースに当てはめると、車を使っているか使わないでいるか、車検を通しているか通していないか、それは課税要件には無関係であり、正式に車を廃車として解体処分しないかぎり、そこに車がある以上は課税し続ける・・・というのが原則です。

ところが、ここに行政側からの「配慮」のようなものが入って、法律の実際の運用面では原則を外れた措置が取られることがあります。

それが自動車税課税保留制度というものです。

これはすべての自治体が採用している制度ではありません。

また採用している自治体においてもルールが統一化されているものではなくて、細かな点で違いがあります。

それを踏まえて要点をまとめると、自動車税課税保留制度というのは、車検切れで放置されていると自治体側が判断した車に対して自動車税の課税を「保留」する制度です。

具体的には、2年車検の車があったとして、1年目は自動車税を納税したけれど2年目は滞納していたとします。

そしてこの車が車検切れとなり、その後3年間放置していたばあい、トータルの滞納額は4年分になるはずです、原則的には。

ところが自動車税課税保留制度に基づき車検後の課税を「保留」にすると、4年分が滞納されている事実は変わらないけれど、そのうち車検切れ後の3年分は「保留扱い」となり、この車を廃車したりまた車検をとって乗り始めたりする際、「保留扱い」になっている3年分を帳消しにする自治体があります(※)その際、まず一時抹消の手続きをすることが必要ですが。

一部自治体は帳消しにしないでしっかり「保留扱い」の部分も徴収しますが、帳消しにする自治体の方が多数派です。

いかがでしょう?

何だかわかったようなわからないような話に聞こえるでしょうが、実際のところ、運用面で自治体に違いがあって明確な記述がここでできないのがわたしももどかしいです。

いずれにしても、このページのテーマである「払わないで廃車」という視点で見ると、車検が有効であった期間の1年分は払うけれど、車検切れ後の3年分は、まさに「払わないで廃車」することが可能になります。

自動車税課税保留制度の詳細はこちらの記事を参照してください。

自動車税課税保留制度とは?

2018.06.12

みなさんご存知のように、ちょっと前までは車を廃車するにはこちらからお金を出さなければなりませんでした。でも今は引き取った廃車の流通先が国内・国外と多様化し、また部品取りしたパーツの流通ルートも確立されているので、以前とは逆に、こちらがお金を受け取れるようになっています。下記の買取サイトを利用すれば、思わぬ臨時収入が得られ、何かと助かると思います。

ハイシャル カーネクスト
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自動車税が還付※軽自動車税は還付されません(還付制度そのものがないので)

 

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。朝起きるとコンビニの菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はお米とおかずをしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。せっかく炭水化物をカットしているのにフルーツをよく食べます。みかん・デコポン・甘夏・いよかんなどの柑橘類が好きです。地元山梨産のもも・ぶどうも人からもらったときだけ食べます。寝る前にはウイスキーをストレートで飲みDLifeチャンネルの海外ドラマを見て寝ます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。