車が鹿にぶつかった事故で車の修理代は車両保険から出る?

車・鹿にぶつかった・事故・修理代・保険・車両保険・人身傷害保険・搭乗者傷害保険・自損事故傷害保険

エゾシカなどの鹿やイノシシ、たぬき、熊といった野生動物にぶつかった事故で車が損傷した場合、修理代は車両保険から支払うことができます。

ただし「一般条件」でしか補償されず「エコノミー」は対象外になります。

その際、警察への届け出が必要です。

これは事故証明と動物愛護と2次被害防止の観点から必要です。

このページでは車が鹿にぶつかった事故で車の修理代は車両保険から出るかという視点でわかりやすく解説しています。

しばらくお付き合いいただけると幸いです。

2019年2月28日の「とくダネ!」(フジテレビ)で奈良の鹿にひき逃げ被害が続出というネタを放送していました。番組の趣旨は、多くのドライバーは天然記念物に指定されている奈良の鹿を轢いたら厳罰が下ると勘違いして警察に通報しないのではないか?・・・というものでした。結論を言うと、そのへんの野山にいる鹿を轢いたときとまったく同一の扱いになるというもので、まさに本ページの内容そのものです。

「鹿にぶつかった事故」=「電柱にぶつかった事故」

鹿にぶつかった事故・電柱にぶつかった事故・車が鹿にぶつかった事故で車の修理代は車両保険から出る?

動物には気の毒ですが、自動車保険の視点で見ると、車が鹿にぶつかった事故は、車が電柱やガードレールにぶつかった事故と同等の扱いをします。

つまり「単独の自損事故じそんじこ」という扱いです。

そのため、この事故で生じた車の修理代は、車両保険の「単独の自損事故」から支払われます。

補償内容  エコノミー  一般条件  保険を使った場合の等級ダウン
車同士の衝突  〇  〇 3等級ダウン
盗難  〇  〇 1等級ダウン
台風・竜巻・洪水・高潮  〇  〇 1等級ダウン
火災・爆発  〇  〇 1等級ダウン
イタズラ・落書き・窓ガラス破損  〇  〇 1等級ダウン
飛来中・落下中の他物との衝突  〇  〇 1等級ダウン
2輪自動車・原付バイクとの衝突  〇  〇 3等級ダウン
単独の自損事故  ×  〇 3等級ダウン
当て逃げ  ×  〇 3等級ダウン

ご覧のように、エコノミーは対象外で、一般条件でしか補償されません。

保険を使った場合、翌年度の等級は3等級ダウン事故有期間じこありきかん3年が付きます。

運転者や同乗者がケガをした場合の保険

運転者・同乗者がケガをした場合の保険・車が鹿にぶつかった事故で車の修理代は車両保険から出る?

前の項目では鹿とぶつかって車が損傷した場合の話をしましたが、衝突の衝撃で運転者や同乗者がケガをすることもあります。

その場合は「人身傷害保険じんしんしょうがいほけん」と「搭乗者傷害保険とうじょうしゃしょうがいほけん」が支払対象となります。

また「人身傷害保険」が付いていない場合は「自損事故傷害保険じそんじこしょうがいほけん」から支払われることもあります。

人身傷害保険からの支払い

ケガの治療費・休業損害・精神的損害に相当する損害額を支払います。

搭乗者傷害保険からの支払い

ケガの部位・症状別に60万円(頸部骨折など)、110万円(頭部神経断裂等)というようにまとまった額が支払われるタイプと、入院1日10,000円というように単体の傷害保険と同じ支払い方をするタイプがあります。

自損事故傷害保険からの支払い

単体の傷害保険と同じ支払い方です。

人身傷害保険じんしんしょうがいほけん」と「搭乗者傷害保険とうじょうしゃしょうがいほけん」から保険金の支払いを受けても「ノーカウント事故」として扱われ、翌年度の等級に影響はありません(無事故であったのと同じ扱い)。

これは「人身傷害保険じんしんしょうがいほけん」のみから支払いを受けた場合、「搭乗者傷害保険とうじょうしゃしょうがいほけん」のみから支払いを受けた場合、この両方の保険から支払いを受けた場合、いずれの場合も「ノーカウント事故」の扱いです。

ただし、同時に車両保険からの支払いを受けた場合は「3等級ダウン事故」として扱われます。

また、「自損事故傷害保険じそんじこしょうがいほけん」はこれ単独で支払いを受けた場合も「3等級ダウン事故」として扱われるので、車両保険と同時に支払いを受けた場合は、当然「3等級ダウン事故」となります。※3等級+3等級=6等級ダウンとはなりません

「野生動物」ではなく「ペットや家畜」の場合

野生動物でなく犬や猫などペット・家畜・車が鹿にぶつかった事故で車の修理代は車両保険から出る?

自動車保険の視点から見ると、ぶつかった動物が野生動物ではなくペットや家畜の場合は扱いが違ってきます。

野生動物の場合は車がぶつかって死傷させても「損害賠償」を請求する人が存在しません。

しかし犬や猫などのペットは家族として共に生活する人が存在しますし、牛や羊などの家畜もいずれ利益を生み出す動物として飼育している人が存在します。

このように「損害賠償」を請求する人が存在する動物を事故で死傷させた場合、自動車保険からは「対物賠償保険」が支払われます。

警察への通報は必須

警察への通報は必須・車が鹿にぶつかった事故で車の修理代は車両保険から出る?

鹿などの野生動物であれ、ペットや家畜であれ、車でそうした動物にぶつかったりいたりしてしまったら、まず警察に通報(110番)しなければなりません。

これは3つの意味で必要な行動です。

  1. 自動車保険から支払いを受ける際に事故証明書が必要になるから
  2. 動物愛護の観点から
  3. 2次被害防止の観点から

また、動物とぶつかったのが高速道路や幹線道路であれば、警察だけでなく道路緊急ダイヤル(#9910)への連絡も行うべきです。

事故がきっかけで保険会社を乗り換える方は大勢いらっしゃいます。その際、一括見積もりサイトを利用すれば今の会社と他社でどれくらい金額が違うかを横並びで確認できます。保険料の高い安いがすべてではありませんが料金を知った上で判断すれば後で後悔しなくて済むと思います。

保険スクエアBang!

  • 利用者400万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社
インズウェブ

  • 利用者900万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社。

 

 


ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。(ラグビーワールドカップ期間中はドライブレコーダーの記事ばかり書いていました。)朝起きるとコンビニの菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はお米とおかずをしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。せっかく炭水化物をカットしているのにフルーツをよく食べます。みかん・デコポン・甘夏・いよかんなどの柑橘類が好きです。地元山梨産のもも・ぶどうも人からもらったときだけ食べます。寝る前にはウイスキーをストレートで飲みDLifeチャンネルの海外ドラマを見て寝ます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。 <※ついに「あおり運転」で免許取り消しに。警察庁が動きます。令和2年の通常国会に道路交通法改正案が提出される予定です!!(2019年11月7日朝日新聞)>