【プチ調査】BARTH入浴剤が「やばい」のはいい意味?悪い意味?

BARTH入浴剤が「やばい」のはいい意味?悪い意味?




【プチ調査】BARTH入浴剤が「やばい」のはいい意味?悪い意味?

※トップ画像はBARTH入浴剤(Amazon通販)

グレース泉
この記事は私グレース泉が執筆しました。数多くの転職経験を経て現在はWebライターに専念。「リサーチ9割、執筆1割」がモットー。信頼性の高い記事をお届けします。40代、2児の母。

TwitterでバズっているBARTH入浴剤。

  • 「BARTH入浴剤使ったら泥のように眠れた」
  • 「BARTHほんとにやばい」

など、「やばい」クチコミが多く見つかります。「やばい」という言葉を聞くと、「やばい効果があるの?やばいほど危険な商品なの?」と、いい意味なのか、悪い意味なのか不安になりますよね。

そこで今回は、BARTHの入浴剤についてSNSのクチコミから、実際に使った感想を検証します。一般の炭酸入浴剤との違いや、どんな風にやばい商品なのかを調査します。

3分程度で読める記事になっているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

BARTHについて

BARTHは、バスタイムからスリープタイムまで、ワンランク上のナイトルーティンを提案するライフスタイルブランドです。独自に開発した中性重炭酸泉の入浴剤を中心に、中性重炭酸洗顔パウダー、フェイスマスク、ボディークリーム、リップクリーム、ハンドクリーム、アイクリームなどを展開しています。

BARTH入浴剤

BARTH入浴剤は、中性重炭酸泉を家庭で体験できる独自技術から生まれた入浴剤です。

中性重炭酸泉とは

「中性重炭酸泉」とは、重炭酸イオンが湯中に溶け込んだ天然温泉を指します。重炭酸泉はとても希少で、世界の数カ所にのみ存在する特別な温泉です。

その中でもドイツの温泉施設であるバート・ナウハイムは、健康維持や疲労回復効果があることで、約150年以上も前から知られています。

重炭酸泉は「命の湯」「心臓の湯」とも言われ、ドイツでは湯治に社会保険を適用し、医療にも活用されています。

独自の開発技術で製剤化

天然の重炭酸泉の温浴効果は炭酸ガスの泡そのものではなく、炭酸ガスがお湯に溶け込むことで生まれる「重炭酸イオン」によるものだという研究結果が出ています。

一般的な炭酸泉の多くは酸性ですが、中性重炭酸泉はお湯が限りなく中性に近いのが特徴です

しかし、重炭酸イオンを中性に保つのは難しく、数々の研究を重ねそれを製剤化したのが「BARTH入浴剤」です

BARTH入浴剤の成分

BARTH入浴剤は「薬用(医薬部外品)」商品です。そのため、厚生労働省が許可した効果効能に有効な成分が一定の濃度で配合されています

有効成分】炭酸水素ナトリウム(重曹)、炭酸ナトリウム

その他の成分】無水クエン酸、PEG6000、ビタミンC・Na、他1成分

【BARTHの成分と効果】

成分 特徴・効果
炭酸水素ナトリウム(重曹)
  • 食品グレードの安全なものを使用。(※食品添加物として認可されているもの)
  • 肌表面の不要な角質を取り除く
  • すべすべの柔らか肌に
  • 汗のにおいや体臭を抑えるデオドラント効果
クエン酸
  • でんぷんの発酵で精製された自然由来のクエン酸を使用
  • 疲労回復効果
  • 疲労の元となる乳酸の生成を抑制する働き
ビタミンC
  • 抗酸化剤
  • 塩素を中和する作用
PEG6000
  • ポリエチレングリコール類の成分の一種
  • 品質を保持する効果
  • とろみをつける
  • 安全性には問題のない成分

BARTHの配合成分を見てみると、無香料、無着色のシンプルな配合で自然や人にやさしいものを使用し安全性の高い商品であることが分かります。

また、石油合成成分を一切使用していないため、小さなお子さまも安心して入浴できます。

一般の炭酸入浴剤との違いは?

一般の炭酸入浴剤は「バブ」「きき湯」「温泡」などが有名ですが、BARTHとは何が違うのでしょうか?

一般の炭酸入浴剤は、炭酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウムを主成分として作られており、配合成分とお湯が反応して二酸化炭素(炭酸ガス)を発生させる仕組みです。

通常の炭酸入浴剤を溶かしたお湯は「弱酸性」ですが、BARTHは特殊な技術によりお湯の中で「中性のまま」炭酸ガスを発生させます。

【一般の炭酸入浴剤との違い】

一般の炭酸入浴剤
  • お湯に溶け込む炭酸イオンの量が2~3割。
  • 短期間でお湯から成分が抜ける
BARTH入浴剤
  • 炭酸イオンを8~9割溶け込ませることが可能。
  • 24時間以上同じ状態がキープされるため、長時間効果を感じられる。
  • 追い炊きも可能

【いい意味】のやばいを検証

いい意味での「やばい」クチコミをまとめました。

BARTHの効果がやばい

  • Barthの効果がやばい。いつも足が冷えてるのに寝てる時も足が熱かった。一瞬熱出した?って焦ったわw(参照:Twitter

疲れがやばい時はBARTH

  • BARTHすごい…香りは無香料なので無いけど血行良くなって疲れが取れるのを感じる。香り含めリラックスしながら汗かきたい時はクナイプのバスソルト、とにかく疲れがやばい!って時はBARTHかも。(参照:Twitter

クナイプは生産国ドイツにおける入浴剤シェアNo.1のブランド。ちなみにBARTHは東京都渋谷区にある株式会社TWOのブランドです。

やばいくらいに眠れる

  • BARTHの入浴剤、やばいくらい眠剤や全身麻酔レベルに眠れるんですが、お風呂を蓋あけてミストサウナ状態にして長めに浸かって、顔と髪も流すとめちゃくちゃ髪サラサラ顔もちもちになりますよこれは…15分浸かって体洗ってまた浸かると完璧(参照:Twitter

いい意味のやばいは、保温効果、血流促進効果、疲労回復など高い効果に感動する声が多いですね。

「よく眠れて、さらさらした汗が出てきて疲れが取れた」、「他の入浴剤には戻れない!」といったクチコミもありました。

BARTH入浴剤の効果

BARTH入浴剤には、以下のような効果があります。

※BARTHは「医薬部外品」なので、下記の効果を記載することが許されています。

疲労回復・肩のこり・腰痛・冷え症・神経痛・リウマチ・痔・産前産後の冷え症・うちみ・くじき・あせも・しもやけ・荒れ性・ひび・あかぎれ・にきび・しっしんなど

よく眠れる・疲労回復

やばいクチコミに多かったのが、

  • 「熟睡できた」
  • 「寝つきがよくなった」
  • 「朝まで目覚めずに寝られた」

といった声。

BARTHを溶かしたぬるめのお湯に浸かることで、副交感神経が優位になり眠りにつきやすくなります。さらに、身体に溜まった老廃物や疲労物質を押し流す作用があり、疲労回復にも効果的です。

眠りの質が悪い、夜中に何度も目が覚める、冷え性でなかなか寝付けないといった人にぴったりですよ。

身体が温まりやすく、免疫力が高まる

BARTHは、通常の炭酸系入浴剤とは異なり「中性重炭酸イオン」のため、皮膚から吸収されやすい点が特徴です。

そのため、血管が拡張し血流がよくなることで身体が温まりやすいというメリットがあります。

一般的に体温が0.5℃上昇すると、白血球の動きが活性化され免疫力が5~10%ほど上がると言われています。免疫力を高める効果が期待できるので、病気予防としても取り入れたいですね

ターンオーバーでお肌ツルツル

年齢を重ねるとターンオーバーの周期が乱れ、古い角質が肌表面に残り、ごわつきや乾燥によってシワやしみ、くすみの原因を作ります。

BARTHの配合成分である重曹やクエン酸は、ターンオーバーを活性化させて美肌効果が期待できます

家事、育児で肌ケアをする時間がないママさんにもおすすめです。

【悪い意味】のやばいを検証

いい意味の「やばい」効果がたくさんある一方で、「危険」「危ない」といったクチコミもありました。

目が回った

  • BARTH使いました。先に入る家人が2錠使い、15分程度で泡が消えてしまうということで30~40分後に私が入った時に1錠追加しました。普段から長風呂ですが、普段通り15分浸かったら目が回りました。ちょっとやばいです笑2番風呂でも追いBARTHしなくてもいいかも。貧血気味の人は1錠でも危険かも。(参照:Twitter

動悸とめまいがする

  • 入浴剤のBARTHがすごくいいと聞いて使っている。通常3錠入れるところをケチって1錠入れて1時間の入浴。心臓もしくは肺が爆発するんじゃないかってくらいのドキドキと眩暈。3錠入れたら死ぬかもしれん(参照:Twitter

軽い酸欠が起きている

  • BARTHで湯船で寝たとかぐっすりってやつはリラックスして寝たんじゃなくて軽い酸欠か血中二酸化炭素濃度上昇しすぎで気絶してるって話もあるから換気しっかり…(参照:Twitter

軽い酸欠になるから眠くなるのでは?

  • BARTHって入浴剤ちょっと危ないんじゃなかったっけ。眠くなるのは軽い酸欠になるからで体がぐったりするから眠くなる仕組みだとか(参照:Twitter

このように、BARTH入浴剤を使って、

  • 動悸
  • めまい
  • 目が回った
  • 軽い酸欠が起きた

といった症状が出ている人もいました。酸欠の原因は二酸化炭素中毒なのでは?という噂もありました。

そこで、次の章ではBARTHの危険性について解説します。

BARTH入浴剤に危険性はあるの?

BARTH入浴剤のクチコミに見られた、危険性について解説します。

二酸化炭素中毒の危険性は?

ネット上では、入浴剤が二酸化炭素を発生し、それによって酸欠状態になっているのでは?という噂が広まっています。

しかし、BARTHの公式ページでは、「BARTHの炭酸ガスは、浴室内の二酸化炭素濃度に影響する量ではない」としているため、その心配はありません。

1坪サイズのお風呂に24時間密閉した状態で3錠のBARTHから発生した二酸化炭素濃度を計算するとおおよそ200ppm(1時間あたり約8ppm)になります。換気が十分された屋内の通常濃度が250~1,000ppmであり、通常の入浴時間や浴室のドアの開閉を考えると、浴室内の二酸化炭素濃度に影響する量ではありません。

(引用:BARTH公式ページ

BARTHを使う時の注意点

BARTHで二酸化炭素中毒になるという噂は、上記のように間違いであることがわかりました。

ただし、BARTHを使用して二酸化炭素中毒に似た症状が出ていることもまた確かです。

めまいや動悸が起きる人は間違った入浴方法をしている可能性があります。

この章ではBARTHを使う時の注意点をまとめました。

BARTHの入浴方法

  1. 160リットルに3錠を目安としてぬるめのお湯(37~40℃)に溶かす
  2. 15分以上ゆったり入浴する
  3. 入浴中、お湯の中でカラダや頭皮を優しくもみほぐす

しっかり入浴剤を溶かしてから入る

市販の炭酸系入浴剤はすぐに溶ける商品が多いですが、BARTH入浴剤は15分で溶け切るようにできています。少し時間がかかりますが、時間をかけて溶かすことで中性の重炭酸泉になる仕組みです。

溶け切っていない状態で入ると、炭酸ガスの発砲でムセてしまう場合があるので注意しましょう。

のぼせに注意

お風呂が好きな人は長時間お風呂に入ってしまう場合もあるでしょう。BARTHは温浴効果があるため、長時間の入浴は目が回る、頭痛、身体がほてる、動悸、など複数ののぼせの症状が伴います。

入浴時間は15分程度が推奨されているため、長時間の入浴は控えましょう。

ヒートショックも気を付けて

寒い脱衣所から温かい湯船につかることで、急激な温度変化が起こりめまいや立ちくらみの症状が出ることも。血圧が大きく変化して、呼吸困難、失神、脳梗塞を引き起こす恐れもあります。

このようなヒートショックを起こさないために、以下の方法で対策しましょう。

  • 脱衣所を温める
  • 入る前にシャワーを出して浴室を温める
  • 浴槽の蓋を開けておく
  • かけ湯をする
  • 湯温を高くし過ぎない

湯疲れが原因の場合も

湯疲れとは、温泉に限らず長時間もしくは頻回の入浴でも起こります。

普段はシャワーで済ます方が、入浴剤を楽しもうと長時間湯船に浸かったり、何度も入浴を繰り返したりすると湯疲れして、疲労感や倦怠感、便秘、下痢などの症状が出る場合があります。

設定温度はぬるめのお湯(37~40℃)に

「身体が熱くなりすぎて、眠れなかった」という人もいました。湯温が高いと、身体の活動を活発にする交感神経が優位になり、目が冴えて眠れなくなることも。

37~40℃のぬるめの設定温度にして入りましょう

ベストな入浴のタイミング

寝る直前の入浴は、身体がほてって寝つきが悪くなります。

ベストな入浴のタイミングは眠る前の1~2時間前。

夏は冷房をかけすぎず、冬は部屋を温めすぎないよう室内温度にも注意すれば、質の高い睡眠につながりますよ。

まとめ

BARTH入浴剤が「やばい」のはいい意味?悪い意味?を検証しました。

いい意味のやばいは、

  • 身体がぽかぽかする
  • よく眠れる
  • 疲労回復
  • お肌がつるつるになる

など効果に対する高い評価が見受けられました。

一方で、悪い意味のやばいは、めまいや動悸、酸欠などの症状や、二酸化炭素中毒についての疑惑の声もありました。噂にある「二酸化炭素中毒による酸欠」の心配はありません。

ただし、正しい入浴方法を守らないとのぼせや、湯疲れを起こす可能性があります。ぬるめのお湯(37~40℃)を設定し、15分程度の入浴時間を守りましょう。

日本人は欧米人に比べて体温が低いと言われています。日本人の平均体温が36度前後であるのに対し、欧米人は37度です

BARTHは、冷えに悩む日本人にこそ日常的に取り入れたい商品ではないでしょうか?

ご覧いただきありがとうございます。

グレース泉
私が執筆した記事一覧はこちらのページです。他の記事もお読みいただけるとうれしいです。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。