【プチ調査】ジャスミン茶は体に悪い?1日100杯飲めば悪いですが・・・

ジャスミン茶・体に悪い




【プチ調査】ジャスミン茶は体に悪い?1日100杯飲めば悪いですが・・・

トップ画像:ジャスミン茶 by Wikipedia

フレーバーティーの代表格であるジャスミン茶ですが、一般的に流通しているジャスミン茶は普通の緑茶をベースにしたお茶で、製造工程の中で緑茶にジャスミンの花の香りを吸着させたものです。

したがって、緑茶やジャスミンの花に何か体に悪い成分があるのであれば問題ですが、そんな成分はありませんから、ジャスミン茶が私たちの体に悪いということはありません。

ただ、これはどんな食材についても言えることですが、過剰摂取はダメです。もしも1日に100杯飲んだら、たぶんジャスミン茶は体に悪いお茶ということになると思います(笑)。

でも、そういうおバ〇な飲み方でなく、1日に数杯飲む程度であれば、ジャスミン茶が体に悪いなどということは有り得ない話だと思います。

しかしながら、そうは言うものの、世の中には何か気に入った食材があると、一心不乱にただひたすらその食材だけを口にするタイプの人がいらっしゃるので、冗談抜きでジャスミン茶を1日20杯とか30杯飲む人がいても不思議ではありません。※皆さんの周りにもこういうタイプの人がいらっしゃいますよね?

そこで、そうした暴飲に歯止めをかけるためにも、飲み過ぎてはいけないという<根拠エビデンス>を示す必要があります。

以下、参考になさってください。

ジャスミン茶は1日何杯が適正?:カフェインの過剰摂取を防ぐために

ジャスミン茶を飲みすぎることで体に悪い作用がもたらされるとしたら、それはカフェインの過剰摂取です。

カフェインの1日の適量は300mg~400mgと言われていて、1杯のジャスミン茶に含まれるカフェインの量は30mg程度です(1杯200mlの場合)。

すると、1日にジャスミン茶を10杯~13杯くらいまでならOKということになります。

ただし、妊娠中の女性は、流産のリスクを避けるために、1日のカフェイン量を200mg以内にすべきと言われているので、多くても1日6杯までということになります。

ただし、ただし、「妊婦さんは1日6杯まで」というのも、よくある間違ったメッセージになってしまいます。

なぜなら、1日の飲食物のなかでカフェインが含まれるのがジャスミン茶だけであるなら、「1日6杯まで」でいいかもしれませんが、カフェインはいろんな食材に含まれています。

コーヒーにもココアにも緑茶にも清涼飲料水のコーラにもチョコレートにもカフェインは含まれていますし、エナジードリンクなどには特にカフェインが豊富に含まれています。

また、意外なところでは、風邪薬や鎮痛剤にもカフェインが含まれています(厳密には無水カフェイン。カフェインと効果効能は大きく変わらない)。

こうしたカフェイン含有の食材等を一切摂らないのであれば、ジャスミン茶を1日6杯飲んでも体に悪いことはないでしょうが、そんな食生活を送れる人がどれだけいるでしょう?

妊婦さんだってチョコレート食べたいでしょ?

鎮痛剤を飲むことだってあるでしょ?

(※)妊娠中にどうしても風邪薬や鎮痛剤を飲むときはアセトアミノフェン含有の薬が比較的安全だと言われています。

結局、ジャスミン茶以外の他の食材からもカフェインを摂取するのは目に見えているのですから、ジャスミン茶を1日6杯飲んだらカフェインの過剰摂取になり体に悪いことになります。

以上のことを総合的に判断すると、ジャスミン茶好きの妊婦さんの場合、1日に2杯~3杯程度にしておくべきだという結論に至るはずです。※他の食材とのバランスなので「2杯~3杯」という数字は変動しますが。

妊婦さん以外でも、上記の理由から、1日10杯~13杯ではちょっと多すぎることになると思います。

(※)ジャスミン茶のベースは普通の緑茶ですが、緑茶を飲み過ぎると体を冷やす作用が良く知られています。この意味でも、飲み過ぎは体に悪い結果を招くので、1日数杯にとどめておくのが安心ではないでしょうか。

(※)やはり緑茶の特性ですが、よく知られているように利尿作用があります。おしっこが近くなるということですね。利尿作用は毒素を体外に排出する体にいい作用ですが、これも程度問題であり、ジャスミン茶を飲み過ぎると体に必要な水分まで排出してしまう結果となり、こうした過剰な利尿作用は体に悪いということになります。

カフェインが悪いわけじゃない:過剰摂取がダメなだけ

カフェインの過剰摂取は、上記のように、妊娠中の女性にとっては本人の体に悪いだけでなく胎児への悪影響が心配されます。

また、妊婦さんでなくても、過剰なカフェインによって、寝つきが悪くなったり、頭痛がしたり、何となくイライラして落ち着きのない不安な気持ちになる人もいると思います。コーラを飲み過ぎた時など、私にも経験があります。

さらに、カフェインを摂り過ぎるとお腹が緩くなる人も多く、下痢や腹痛を引き起こす場合があります。

ただ、お腹が緩くなるこの作用は、逆に言うと、日頃から便秘気味の人には、ちょっと多めのカフェインが便通を促進してくれる効果が期待できそうです。

そもそもおなかが緩くなるということは、内蔵の働きをカフェインが促進していることの証拠でもあり、やはり適量なら体に悪いということにはならないはずです。

実際、研究によると、カフェインは中枢神経である大脳、脳幹、小脳、脊髄などを刺激し興奮させる作用があって、私たちの意識を覚醒させたり血管を拡張させたり、胃酸の分泌を促す作用などが確認されています。

ただし、もしも超過剰摂取(たとえばジャスミン茶1日100杯分くらいのカフェイン摂取)をすると、急性カフェイン中毒となって、心拍数増加、動悸、不整脈が発生し、胃痛、嘔吐、過呼吸といった重篤な症状が現れることがあります。さらに悪化すると、幻覚、幻聴、精神錯乱などに至ることが知られています。

まさに毒にも薬にもなるのがカフェインということですが、ある意味、どんな食材どんな成分にも当てはまることです。

いずれにしても、このページのテーマである「ジャスミン茶は体に悪い?」に対する答えは、妊婦さんの場合は1日に2杯から3杯、妊婦さん以外なら5杯~6杯くらいなら何の問題もない、ということになると思います。

ジャスミン茶のいいところ

ここまではジャスミン茶を飲み過ぎると体に悪い作用があるケースについてお話してきました。

けれども、飲み過ぎさえしなければジャスミン茶には下記のような体にいい作用が知られています。

個人差はあるでしょうが、多くの人が実感していることではないでしょうか。

  • リラックスできる:ジャスミン茶の香り成分であるリナロールは、抗不安作用、鎮静作用、抗殺菌作用があると言われています。
  • 集中力がアップする:ジャスミン茶に含まれるテアニンは集中力をアップさせる作用が期待されています。
  • (ちょっとだけ)ダイエットにいいかも・・・:ジャスミン茶のベースである緑茶にはカテキンが含まれていて、カテキンには脂肪燃焼作用があることが知られています。脂肪燃焼作用はカフェインにもあります。ただ、だからといって「ジャスミン茶にはダイエット効果があるのでたくさん飲みましょう」とはいかないことをこのページでは散々書いてきました。1日100杯飲めば脂肪は燃焼されるでしょうが、カフェイン中毒にもなるでしょうし、下痢をしたり頭痛になったりもう大変です。そこで(特に妊婦さんなどは)1日2杯~3杯ということになりますが、これでは「ダイエット効果」と呼べるほどの結果は期待できないでしょう。こんなこと言うと嫌われますが、痩せたければそもそも食事の量を減らせばいいと思います。お茶を飲めば痩せる、というレベルにするには50杯も100杯も飲む必要があり、そうなるとカフェイン中毒や下痢や頭痛や・・・ともう訳が分からなくなります。ほどほどに。

ジャスミン茶を飲んでいる人の声

ジャスミン茶を飲んでいる人の声をツイッターから拾ってみました。

ジャスミン茶って人気ありますね。継続して飲み続けている人もいれば、いつもはコーヒーや紅茶だけれど、たまに手に取って味わってみる、という人もけっこういらっしゃるようです。

セブンイレブンのジャスミン茶ってそんなにおいしいのでしょうか?私も一度飲んでみたいです。

「体臭が消える」とか「ワキガが発生する」は迷信?

ジャスミン茶が「体にいい」とか「体に悪い」という話とは別に、一種の迷信のように流布しているのが、

ジャスミン茶を飲むと体臭が消える

ジャスミン茶を飲むとワキガが強くなる

という噂です。

まったく正反対の噂ですが、上記2つに関して、現状ではいずれの噂にも科学的エビデンスはないようです。

ただ、ジャスミン茶に含まれるカフェイン、カテキン、タンニン、ビタミンC、ビタミンEなどには抗酸化作用があるので、これが加齢臭をはじめとした体臭に何らかの影響があるのではないか、といったかなり大雑把な推測も一方であります。

いずれにしても、ジャスミン茶とワキガを含めた体臭との間に直接的な因果関係はまだ解明されていないようです。

もっとも、「ワキガが強くなる」という噂に関しては、これは私の推測ですが、何となくわかるような気もしています。

トイレに芳香剤などがあると、かえってアンモニア臭などが強調されて感じられることがありますが、食事の席でかぐわしいジャスミン茶の芳香が漂う中、隣席からプウ~ンとワキガが漂ってきたりすると、ただでさえ鼻につくワキガのニオイがより倍加されて感じられる。こうした経験が「ジャスミン茶を飲むとワキガが強くなる」という表現になって流布しているのではないか。そう私は思います。

ご覧いただきありがとうございました。

【最新】人気おすすめジャスミン茶をランキングでご紹介!

2022.09.15

 

【プチ調査】ルイボスティーに危険性?安全なお茶じゃないの?

2022.03.27

【プチ調査】黒豆茶の注意点・副作用・デメリットを徹底解説!

2022.05.02




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。