東京ドイツ村のお土産|バウムクーヘン・ソーセージ・ドイツビール等

東京ドイツ村・お土産・バウムクーヘン




東京ドイツ村のお土産|バウムクーヘン・ソーセージ・ドイツビール等

※トップ画像は東京ドイツ村のバウムクーヘン(画像:東京ドイツ村)

東京ドイツ村のお土産は、主にマルクトプラッツにある売店で売られています。マルクトプラッツとは「広場」とか「市場」を意味するドイツ語で、観覧車の近くにあります。

東京ドイツ村がおすすめするお土産Best3

①みかんビール(Orange Beer)<1本700円>

東京ドイツ村の敷地内で生育したみかんの皮と、千葉県鋸南町きょなんまちのシンボル鋸山のこぎりやまの清水でつくったビールです。ドイツビールではなく100%千葉ビールですね。こういうところは東京ドイツ村らしくていいと思います。

②オリジナル銀抗菌ハンカチーフ<1枚530円>

ハンカチの絵柄として、マルクトプラッツや観覧車や園内の花々があしらわれています。ハンカチの表面がキラキラ光っていて、これが銀イオンによる抗菌・防臭加工です。来園の記念として人気の商品です。

③バウムクーヘン専門店「Angie」のバウムクーヘン

バターたっぷり。表面カリッと、中はもっちり。

バウムクーヘン専門店「Angie」のおすすめ3点

上記でもご紹介したバウムクーヘン専門店「Angie」は、やはりドイツらしさを求める来園者には欠かせないお土産となっています。

なお、Angieとは東京ドイツ村のキャラクターの一人です。「アンジー」とは天使を意味する名前で、頭に天使の輪が浮かんでいます。アンジーは「困ったときは火星人となり、まわりを困らせる」というこじらせキャラのようです。

【おすすめ①ドイツ旗バウムチップス】

バウムクーヘンとは違って、クッキーのような見た目と味わいです。1箱8枚入。

 

【おすすめ②落花生キャラメリゼバウム】

個包装6個入。バウムクーヘンにキャラメルソースがかけてあります。千葉県の有名なお土産のようです。下記twitterの画像には東京ドイツ村のロゴは入っていませんが、東京ドイツ村で売られている品には「東京ドイツ村」の名称がしっかり入っています。

 

【おすすめ③アンジーの黒ビール】

名前に「ビール」が入っていますが、ビールではありません。ビールジョッキの形をしたバウムクーヘンです。どこからどう食べ崩していくか、これが最大の楽しみです。

一番左がアンジーの黒ビールです。

 

⇒⇒元の記事(東京ドイツ村やばい)に戻る




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。