ベントレーは買ってはいけない?どこの国のクルマ?怖いという声が

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



ベントレーは買ってはいけない?どこの国のクルマ?怖いという声が

Bentley Flying Spur :Wikipedia

ベントレーは買ってはいけない?このような疑問に対して、一部の人々から怖いという声があります。本記事では、なぜベントレーが怖いと言われるのか、その真相に迫ります。

 

また、ベントレーがどこの国のクルマか混同している人もいるでしょう。現在のベントレーが超高級車ブランドとして世界中から支持されている理由を、歴史を通して紐解きます。

ベントレーは買ってはいけないクルマ?

高級車であるベントレーについて、一部の人々から「買ってはいけない」「怖い」という声が出ています。こちらの章では、そのように言われる理由を考察します。

故障するのが怖い

ベントレーは故障率が高く、「心配=怖い」つまり、買ってはいけないクルマとして不安視する声が多く存在しています。

イギリスの自動車保険を取り扱うWarranty Direct社による信頼性調査では、全39メーカーのうちベントレーは38位にランクインしており、ワースト2位という結果です。

 

特に、日本車メーカーが上位を独占していることから、輸入車は故障しやすいという認識が広まっています。

修理費用が怖い

ベントレーの部品は高品質である反面、限られた数の特注品であることから、修理費用が高額になることがあります。小さな部品でも10万以上、ブレーキやエンジンなどの主要部分の修理では100万円以上になる場合もあります

 

突然の事故や故障が起きた場合には、高額な修理費用が予想され怖いと感じる人もいるようです。そのため、所有者は維持費用に十分な予算を確保しておく必要があります。

安い中古車は怖い

安すぎるベントレーの中古車は、のちに「怖い」思いをするかもしれません。中古市場では、新車価格が2000万円以上するベントレーが200万円台で手に入れることが可能です。

 

これらの安い中古車には、過去の事故や不具合が隠されている場合があるため、慎重に検討する必要があります。ベントレーのメーカー保証が3年で48,000kmである事を考えると、5万キロを超えた辺りからトラブルが増えてくると予想されます。

 

中古車価格より修理費用が高くついた、という話もよく聞かれるので、安すぎる中古車の購入は慎重な判断が必要です。

ベントレーはどこの国のクルマ?

ベントレーはどこの国のクルマなのか、歴史を紐解きます。

ベントレーはイギリスで生まれた車

ベントレーは、1919年に創業した歴史のあるイギリスの高級車メーカーで、エリザベス女王も専用車に指定するほどの格式を誇ります。ル・マン24時間レースでは、5回の優勝を飾り、高性能スポーツカーメーカーとして世界の富裕層から愛されています。

1931年からロールスロイスの傘下

1920年代後半の世界恐慌によりベントレーは経営不振に陥り、1931年にはイギリスの高級車メーカーであるロールスロイスに買収されました。ロールスロイスの意向により、ベントレーのレース活動は一時封印されています。

1998年にはフォルクスワーゲンが買収

長らくロールスロイスの姉妹車を製造していたベントレーは、1998年にドイツのフォルクスワーゲンの傘下となりました。現在は、VWグループ内で「プレミアムブランド」として位置づけられ、アウディと共に電動化戦略を推進しています。

ベントレーはドイツの技術力でイギリスの伝統を復活させた車

ベントレーは、2001年EXPスピード8でモータースポーツに復帰しています。参戦3年目となる2003年のル・マン24時間レースでは、21世紀になって初めて、通算で6度目の総合優勝を成し遂げています。

 

このようにベントレーはイギリスの自動車メーカーの伝統を、現在のドイツの技術力で復活させたのです。

まとめ

ベントレーは、イギリスで生まれた歴史ある高級車メーカーであり、格式高い車として知られています。しかし、一部では故障率が高く修理費用が高額という点から、「買ってはいけない・怖いクルマ」という声もあります。

 

特に中古車市場では安い価格で手に入るものの、リスクも潜んでいます。

 

いずれにしても、ベントレーの魅力を楽しむには、ベントレーが長きに渡り最高のクルマを作り続けているブランドであることを理解することが大切です。

 

ぜひ、ベントレーの歴史や伝統についても目を向けてみてくださいね!ご覧いただきありがとうございます。

【海外の評価】ベントレー・フライングスパー(Bentley Flying Spur):海外メディア試乗レビュー・口コミ・評価:海外の評判を知りたい!

2023.08.01

◎金利差が長期で差が出る!知ってるようで知らないやり方

現金・ローン・残クレ・サブスク:あなたに最適な車の支払い方法を見つけましょう!

2023.07.16
グレース泉
この記事は私グレース泉が執筆しました。数多くの転職経験を経て現在はWebライターに専念。「リサーチ9割、執筆1割」がモットー。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。40代、2児の母。

こちらの記事も読まれています

 



ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。