【2021最新】車検の際に任意保険の証券を提示するよう求められたら???

車検・任意保険の証券・提示・必要・必要ない

車を車検に出すと業者から提出を求められる書類があります。

たとえば車検証・自賠責保険証明書・税納証明書などがあります。

これらの書類はどの業者からも必ず提出を求められます(納税証明書は省略できる場合あり)。

ところが、業者によっては任意保険の証券を提示するよう求めるところもあります。

結論を言うと、車検と任意保険はまったくの無関係であり、証券を提示する必要性はまったくありません。

では、なぜ提示するよう求める業者がいるのでしょう?

その点を詳しく解説しています。

任意保険の証券は車検にはまったく無関係

車検で必要となる書類は車検証・自賠責保険証明書・納税証明書です。

納税証明書は省略できるようになりましたが、まだ納税したばかりで税事務所に納税のデータが反映されていない場合は従来の紙の証明書が必要になることもあります。

しかし、いかなるケースにおいても任意保険の証券が必要になることはありません。

強制保険である自賠責保険は車検の期間をカバーする形で加入する必要があり、車検とは切っても切れない密接な関係にあります。

しかし、任意保険は車検とはまったく関係ありません。

文字通り任意で加入する保険なので、加入しているいないは車検とは無縁のことです。

車検を機に乗換えを促すため・満期データ収集のため

業者が、本来車検とは無関係であるはずの任意保険の証券を求めるのは、その業者が損害保険の代理店を兼ねていて、車検を機会に保険の乗り換えを提案するためです。

あるいは、満期日を収集しておき、満期日が近づいたら見積もりを送付して自社に乗り換えるように促すことが目的です。

そのために、保険証券を提示してくれたら車検費用を割引するサービスとか、本来有料の項目を無料にするなどのサービスを提供しているのです。

したがって、保険証券の提示は必須ではないので、断ることは自由です。

メリット・デメリット

あなたが現在加入している任意保険に不満がなく、保険会社や代理店の対応にも満足しているのであれば、特に車検業者に証券を提出する必要はありません。

しかし、他社の保険料も知りたい、補償内容を見直したい・・・といった興味がある場合は、言われるままに証券を提示することもいいのではないかと思います。

提示することで車検費用が割引になったり追加のサービスが受けられるのであれば、それはそれでメリットとなるはずです。

ただし、提出すれば、その後いろんな形でアプローチが来ることが予想されるので、それが面倒だと感じる人にとってはデメリットになるでしょう。

その点は事前に考慮してから判断していただきたいと思います。

 

車検関連の下記記事も参考になさってください。

マフラーカッターの車検基準はどんな内容?対応策は?

バケットシートの車検基準|フルバケ・セミバケの違い|背面パッド

車検の際に任意保険の証券を提示するよう求められたら???

車検費用のボーナス払い|クレジットカードで一括・分割は?

ルームランプ 車検対応|色|LED・青・ピンク|つく・つかない

タイヤのロードインデックス(荷重指数)は車検の検査項目です!

サイドスリップの車検|合格・不合格の基準とコツ|アライメント・キャンバー調整

ご覧いただきありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!