ルーフレールは洗車機にかけても大丈夫でしょうか?

ルーフレール・洗車機・エクストレイル・フォレスター・プラド・XV

画像:NISSAN様より

ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

ルーフレールは洗車機にかけても大丈夫でしょうか?

オプション設定で、あるいは標準装備で、屋根の部分にルーフレールをつけている車はけっこうあります。

たとえば、日産のエクストレイル、スバルのフォレスターやXV、トヨタのランドクルーザー・プラドなど。

こうしたルーフレール付の車を洗車機にかける場合、みなさんはどうしているでしょう?

そのままスタートボタンを押してごく普通に洗車しているでしょうか?

それとも、スタートボタンを押す前に除外する部分を選択しているでしょうか?※洗車機によっては事前に洗車しない部分を選択できる機種があります。しかし旧式のものにはこうした機能がついていない場合もあります。

一番間違いがないのは、もしもスタッフさんが常駐している洗車場であったりガソリンスタンドであるなら、事前にどのコースで洗車すればいいのか確認することでしょう。

それをしておけば、仮に洗車中に機械がストップしてしまったり、ブラシの部分が壊れてしまったりしても、賠償責任を問われる心配はなくなります。

とは言え、ルーフレールに関しては、ただ単にルーフレールがついているだけの場合なら何の問題もなく洗車機にかけて大丈夫です。

トラブルは発生しないでしょう。

ただ、ルーフレールにボックスとかラックとか何かしら突起のあるものを固定していて、そういうものが装着された状態で洗車機にかけたら、これはトラブルが発生するかもしれません。

でも、ルーフレールだけなら、そのまま洗車機にかけて大丈夫です。

なお、これはルーフレールに限った話ではありませんが、洗車機はすべての汚れを完璧に洗い落とせるものではなく、ブラシが届かない部分にはどうしても汚れが残ります。

また、仕上げでブロアーを吹き付けて水滴を吹き飛ばしたとしても、完全に水滴が無くなるものでもなくて、どうしても水滴が残ってしまう場所が発生します。

したがって、ルーフレール付の車を洗車機にかけた場合、ルーフレールの付け根の部分に洗い残しがあったり、水滴が残ってしまうことは大いにありえます。

そういう部分は、洗車機にかけた後にタオルで吹き上げるようにしてください。

最新の洗車機には、ただ単にブロアーで水滴を吹き飛ばすだけでなく、温風のブロアーで吹き飛ばす機種もあって、そういう洗車機なら旧式に比べて水滴の残り方は少なくなりますが、それでも完璧に水滴が無くなる機種はまだないと思います。

最後にタオルで残った汚れや水滴を拭き取る手間は、たとえ最新の洗車機で洗ったとしても、やはり必要な一手間だと思います。

せっかく洗車するのですから、ほんの5分前後の手間です。ぜひ仕上げの拭き取り作業はめんどくさがらずにやってください。

それだけでピカピカになりますから。

下記の記事もご覧いただけると幸いです。

⇒⇒洗車機にかけたら拭き上げが大事?拭かないとどうなる?

⇒⇒洗車機|ルーフボックス・ルーフラックは洗車機OK?

⇒⇒洗車機で洗車|サイドミラーはどうする?たたむ・たたまない?

⇒⇒ガラスコーティングしたら洗車機より手洗い洗車を!ノーブラシ洗車ならOK

⇒⇒手磨きでワックス・コーティング|研磨剤OK?気にしすぎか?黒い車は?

⇒⇒ガソリンスタンドで手洗い洗車|時間は?安い?水洗い?|頼み方

⇒⇒車検前に洗車はする・しない?車検後の洗車はあり・なし?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。