洗車機にはコーティング車専用コースというのがありますか?

洗車機・コーティング車・専用コース
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

洗車機にはコーティング車専用コースというのがありますか?

この記事を書いている2021年4月現在、「コーティング車専用コース」というメニューを用意している洗車機は存在しないと思います。※間違っていたらごめんなさい

車のコーティングには、ガラスコーティング、キーパーコーティング、ポリマーコーティング、シリコンコーティング等多くの種類がありますが、業者さんに高いお金を払ってこうしたコーティングを施した車に対して、それ専用の洗車機のコースというものはまだないようです。

しかし、ハサミと洗車機は使い用です。

専用コースはなくても、コースの選択しだいで、上手に洗車機を使うことができると思います。

布やスポンジの洗車機でも予洗をしっかりやればほぼ大丈夫

コーティング車にベストな洗車方法は手洗い洗車かノンブラシ洗車機(後で解説)ですが、現在普及している布やスポンジや不織布や特殊ゴムのブラシで洗う洗車機であっても、いわゆる「予洗」をしっかりやれば、それほど大きな傷は付かないと思います。

予洗とは、洗車機にかける前に、ホースの水でボディーの汚れをあらかた流しておくことです。あるいは、洗車機のコースの中にある「泡ムース」とか「高圧ジェット」などのコース(名称は洗車機によって異なる)を選択し、ブラシで洗浄する前にボディーの汚れを大雑把に取り除いておく方法です。

そもそも洗車によって車のボディーに傷が付くのは、ブラシ等による傷はもちろんあるのですが、それ以上に傷の要因となるのは、車に付着している砂、微小な石、泥などがブラシによってボディーにこすりつけられるからです。

ブラシだけでもある程度の洗車傷は付きますが、泥や砂や微小な石が付着しているとこれらが研磨剤のような役割を果たしてしまうわけです。

予洗をしっかりやれば洗車機にかけてもコーティングの塗膜はより長持ちすると思います。※傷はどうしても付いてしまいますが付き方が少なくてすむということ

ベストな洗車方法は「手洗い洗車」か「ノンブラシ洗車機」

最近の洗車機は、ブラシ部分の素材が進化しています。以前のようにボディーに洗車傷(ローリングキズ)が付きやすいナイロン製やポリエチレン製のものはほとんど姿を消しています。

それにとって代わって主流となっているのが、スポンジのブラシ、布のブラシ、不織布のブラシ、特殊ゴムのブラシなどです。

こうしたソフトタッチのブラシの場合、パーフェクトではありませんが、以前のものと比べてより洗車傷が付きにくいことは間違いありません。

とは言え、せっかく特別料金を払ってコーティング処理をしているのですから、できるだけ塗布面が長持ちするような洗車方法を選択するのは当然だと思います。

そこで、コーティングした車の洗車方法としてベストと言えるのは、当たり前というべきでしょうが、

  • 手洗い洗車
  • ノンブラシ洗車機

この2つになると思います。

手洗い洗車でも、ボディーの汚れを落とす際に何を使用するかによって傷の付き方も変わってきますが、それでも洗車機で激しくこすりつけるやり方に比べればはるかに傷の付き方は少なくて済みます。

ノンブラシ洗車機とは、ブラシを回転させて汚れを落とすのではなく、高圧噴射した水の力で汚れを吹き飛ばす洗車方法のことです。

ノンブラシ洗車機は「非接触」です。ケ〇ヒャーの高圧洗浄機を洗車機に組み込んだようなものなので、洗車による傷が付きにくいという長所があります。

コーティングした車を洗車するのであれば、手洗い洗車かノンブラシ洗車機か、このいずれかがおすすめです。

ノンブラシ洗車機のメリット・デメリット

コーティングした車の洗車には手洗い洗車かノンブラシ洗車機をおすすめしますが、手洗い洗車はともかく、ノンブラシ洗車機にも弱点はあります。

以下、ノンブラシ洗車機の長所・短所を上げておきます。参考になさってください。

(ノンブラシ洗車機の長所)

  • ボディーにほぼ傷が付かない
  • 洗車時間が短い
  • ブラシ洗車機では取れない細かな部分の汚れも取れる

(ノンブラシ洗車機の短所)

  • 酷い汚れは取りきれない
  • 水垢などがこびりついている場合は汚れが残りやすい
  • 油分を含んだ汚れは取りきれないことがある

このようにノンブラシ洗車機にも長短がありますが、しかし、ノンブラシ洗車機を絶対的におすすめしたい車があります。

それは、

  • ふだん屋根付きの車庫に保管していてひどく汚れることはない車

こういう車に乗っていて、ちょっとボディーに薄くホコリがたまってきたと感じた時、悪天候の中を走った直後などは、ぜひノンブラシ洗車機に車をかけてください。

短時間ですっかりきれいになるはずです。

下記の記事もご覧いただけると幸いです。

⇒⇒コーティング後の初洗車はいつがいい?すぐ洗うのはNG?

⇒⇒ガラスコーティングした車を洗車機にかけて大丈夫?

⇒⇒洗車機のブラシにスポンジを使っているのは傷がつかない?

⇒⇒ルーフレールは洗車機にかけても大丈夫でしょうか?

⇒⇒洗車機にかけたら拭き上げが大事?拭かないとどうなる?

⇒⇒洗車機|ルーフボックス・ルーフラックは洗車機OK?

⇒⇒洗車機で洗車|サイドミラーはどうする?たたむ・たたまない?

⇒⇒ガラスコーティングしたら洗車機より手洗い洗車を!ノーブラシ洗車ならOK

⇒⇒手磨きでワックス・コーティング|研磨剤OK?気にしすぎか?黒い車は?

⇒⇒ガソリンスタンドで手洗い洗車|時間は?安い?水洗い?|頼み方

⇒⇒車検前に洗車はする・しない?車検後の洗車はあり・なし?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。