洗車機のブラシにスポンジを使っているのは傷がつかない?

洗車機・スポンジ
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

洗車機のブラシにスポンジを使っているのは傷がつかない?

ガソリンスタンドや洗車場などに設置されている洗車機には様々な種類があります。

とりわけ重要なのは、車の汚れを落とす方式で、たいていの洗車機はブラシ状のものを車にこすりつけて汚れを落とす方式です。

その際、車と接触するブラシの材質が問題です。

比較的車に傷がつきにくい素材としては、

  • スポンジのブラシ
  • 布のブラシ
  • 特殊ゴム製のブラシ
  • ウレタンのブラシ
  • 不織布のブラシ※マスクの素材で一躍有名になったあの不織布です

といった素材のブラシの場合、いわゆるローリングキズ(輪っか状のキズ)が付きにくいと思います。

一方で、

  • ナイロンのブラシ
  • ポリエチレンのブラシ

などは傷がつきやすいブラシです。ただし、よほど旧式の洗車機でない限りこのブラシが使われている洗車機はほとんど見かけなくなっています。

しかし、多少の傷は付きますよ

スポンジや布やウレタンや不織布など傷の付きにくいブラシを使用した洗車機であっても、絶対傷が付かないという洗車機は存在しません。

「傷が付きにくい」とは言えるけれど、「傷が付かない」とは言えません。

ただし、一工夫することで大幅に傷の付き方を抑えることは可能です。

それは、洗車機にかける前に予洗を丁寧に行うことです。

洗車機のブラシで車のボディーに傷が付く場合、ブラシとボディーの接触によって傷が付くケースはもちろんありますが、ボディーに付着していた砂や泥や微小な石などをブラシが掻き落とす際に発生してしまう傷の方が、傷としては深く大きく目立ちます。

ですから、洗車機にかける前に、そうしたボディーに付着していた汚れをあらかじめ取り除いておくのが、傷をつけないためにはとても有効です。

ガソリンスタンドであれ洗車場であれ、ホースの水で車のボディーを大雑把に洗えるようになっているはずです。あまりに汚れがひどい場合は、一手間かかりますが、予洗をすることで傷の付き方は大きく変わってきます。

とにかく傷がイヤならノンブラシ洗車機

ケ〇ヒャーなどで有名な高圧洗浄機がありますが、あれを洗車機に組み込んだもの、それがノンブラシ洗車機です。

汚れを落とすのに車と接触しません。高圧の水を吹き付けることで汚れを吹き飛ばしてしまいます。

車に傷が付くことがどうしてもイヤだという方は、ノンブラシ洗車機を設置している施設で洗車してください。

とは言え、ノンブラシ洗車機にもいいところと悪いところがあるので、それを下記に整理しておきます。

(ノンブラシ洗車機のメリット)

  • 傷が付かない
  • 洗車時間が短い
  • ブラシ洗車機では取れない細かな部分の汚れも取れる

(ノンブラシ洗車機のデメリット)

  • 酷い汚れは取りきれない
  • 水垢などがこびりついている場合は汚れが残りやすい
  • 油分を含んだ汚れは取りきれない

このようにノンブラシ洗車機にも長短がありますが、しかし、ノンブラシ洗車機を絶対的におすすめしたい車があります。

それは、

  • ガラスコーティング等をしている車で、ふだん屋根付きの車庫に保管している車

こういう車に乗っていて、ちょっとボディーに薄くホコリがたまってきたと感じた時、悪天候の中を走った直後などは、ぜひノンブラシ洗車機に車をかけてください。

短時間ですっかりきれいになるはずです。

下記の記事もご覧いただけると幸いです。

⇒⇒ルーフレールは洗車機にかけても大丈夫でしょうか?

⇒⇒洗車機にかけたら拭き上げが大事?拭かないとどうなる?

⇒⇒洗車機|ルーフボックス・ルーフラックは洗車機OK?

⇒⇒洗車機で洗車|サイドミラーはどうする?たたむ・たたまない?

⇒⇒ガラスコーティングしたら洗車機より手洗い洗車を!ノーブラシ洗車ならOK

⇒⇒手磨きでワックス・コーティング|研磨剤OK?気にしすぎか?黒い車は?

⇒⇒ガソリンスタンドで手洗い洗車|時間は?安い?水洗い?|頼み方

⇒⇒車検前に洗車はする・しない?車検後の洗車はあり・なし?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。