オーナー情報から探るマクラーレンP1の購入条件とは?

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



オーナー情報から探るマクラーレンP1の購入条件とは?

マクラーレン・P1(ピーワン):Wikipedia

マクラーレンP1、その存在はまさにスーパーカーの頂点です。その所有者には、個性豊かなオーナーたちが名を連ねています。

 

この記事ではオーナー情報をもとに、P1の購入条件に関する謎に迫ります。

マクラーレンP1の所有者情報

マクラーレンP1の所有者情報について、詳しく解説します。

平松剛氏

平松剛氏は、マクラーレンP1のオーナーとして、マクラーレンオートモーティブの公式YouTubeで紹介されています。平松剛氏は、早稲田大学理工学部建築学科卒業後、設計事務所に勤務、その後ノンフィクション作家に転身しています。

 

2007年には弁護士に再転身し、現在は「平松剛法律事務所」を経営しています。※過払い金回収のCMで有名ですね。

 

平松氏は1億円近くするP1を通勤に使用しており、休日には箱根ターンパイクや富士スピードウェイを走らせているとのこと。マクラーレンの工場を訪れた際、ロンドンの公園の緑が印象的で、P1のカラーもその色にマッチしたシナジーグリーンにしたそうです。

 

P1購入の1年前にはマクラーレン650Sを手に入れており、マクラーレンとは深い付き合いがあることが分かります。

木村武史氏

不動産会社株式会社ルーフを経営する木村武史氏も、マクラーレンP1のオーナーです。木村氏はレーシングドライバーとしても活躍し、2015年には自らのチームとして「CARGUY Racing」を設立。

 

アジアン・ル・マン・シリーズでは、2018-2019年のシリーズチャンピオンを獲得し、ル・マン24時間レースに出場するなど実績を挙げています。木村氏はフェラーリ・F40で通勤するほどのスーパーカー愛好家です。

 

フェラーリ・ポルシェ・ベンツ・マクラーレン・ランボルギーニなどの欧州スーパーカーを数多く所有し、さまざまなメディアで自身のスーパーカーを披露しています。

2020年には世界で1台しか存在しない「ランボルギーニ・アヴェンタドールS “ドレスド” by ヨウジヤマモト」、世界275台(約3億円)のメルセデスAMG限定のハイパーカー「One」の購入者にも選ばれています。

 

このように、スポーツカーへの熱意や希少車両の所有実績が、P1の所有者として相応しい要因となっています。

マニー・コシュビン氏

不動産業で大成功を収めたアメリカの大富豪である「マニー・コシュビン」氏も、P1を所有しています。彼はイラン移民のアメリカ人で、ホームレス同然の状態から成り上がり、今は不動産の世界では有名な人物です。

 

彼は、

  • エルメス仕様のマクラーレンスピードテール
  • ブガッティ・シロン
  • パガーニ・ウアイラ
  • マクラーレンP1
  • ブガッティ・ヴィロン(複数台)
  • フォードGT

 

を所有するスーパーカーコレクターとしても知られており、車に注ぎ込んだ金額は100億円とも言われています。経済的な豊かさとスポーツカーへの深い愛情が、マクラーレンP1のオーナーにふさわしい人物であると言えるでしょう。

マクラーレンP1の購入条件

ここまではオーナー情報を解説しました。実際のところ、マクラーレンP1の購入条件については、公式から明確に提示されていません。

マクラーレンP1は限定生産車

マクラーレンP1の車両価格は9661万5000円です。また、この車は限定生産で世界にわずか375台の希少な存在であるため、選ばれたオーナーしか手に入らない、まさに特別なスーパーカーであると言えるでしょう。

ディーラーに訪問した人の情報

P1の購入相談でディーラーに訪れた人の情報によると、

 

「以前、マクラーレンF1をお求めいただいたお客様に優先的にご案内しています」

 

との回答があったそうです。また、購入の際にはデポジット(保証金)が必要で、1回目に約1400万円、2回目に約2800万円を支払い、納車時に残金を払う必要があるといった情報もありました。

 

これらの情報から、長くマクラーレンブランドに愛着を持つ顧客を大切にするメーカー側の姿勢が見受けられます。

P1とは

マクラーレン P1 は、マクラーレン・オートモーティブが製造販売しているハイブリッドスーパーカーです。2013年から2015年にかけて、全世界で375台が限定生産され、日本では9,661万5,000円(税込み)で販売されました。

アルティメットシリーズの第1弾として、公道でもサーキットでも世界最高のドライバーズカーを目指して開発されました。

P1のパワートレインは、3.8L V8ツインターボエンジンと、最大出力179psの電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムです。

システム出力は916ps、最大トルクは900Nmを発生し、0-100km/h加速は2.8秒最高速度は350km/hに達します。

ブレーキはF1マシンでも採用されているカーボンセラミックディスクを採用し、強力な制動力を発揮します。

ボディはカーボンファイバー製のモノコックを採用し、軽量化と高剛性を実現しています。また、エアロダイナミクスにもこだわり、高速走行時の安定性と空力性能を向上させています。

P1は、2014年に世界最高峰の自動車賞である「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

P1の後継がセナです。

スペック(主要諸元)

マクラーレン P1(2013年)の主要諸元をまとめました。

諸元数値
全長×全幅×全高4588×1946×1188mm
ホイールベース2670mm
乾燥重量1395kg
パワーユニット種類90度V8 DOHCツインターボ+モーター
排気量3799cc
エンジン最高出力737ps/7500rpm
エンジン最大トルク720Nm/4000rpm
モーター最高出力179ps
モーター最大トルク260Nm
駆動方式MR
トランスミッション7速DCT
タイヤサイズ前245/35ZR19、後315/30ZR20

【Q&A】:記事内容のおさらい

Q1: マクラーレンP1の所有者はどのような人物が多いですか?

A1: マクラーレンP1の所有者は多くが成功者やスーパーカーコレクターです。例えば、平松剛氏は弁護士であり、木村武史氏は不動産会社を経営しています。これらの人物はスーパーカーへの深い愛情と経済的な豊かさを兼ね備えています。

Q2: マクラーレンP1の購入条件は公式にはどのようにアナウンスされていますか?

A2: 公式にはマクラーレンP1の購入条件は明確に提示されていません。ただし、ディーラーによると、以前マクラーレンF1を購入したお客様に優先的に案内されるとのことです。

Q3: マクラーレンP1の価格はどれくらいですか?

A3: マクラーレンP1の車両価格は約9661万5000円です。この車は限定生産であり、世界にわずか375台しか存在しない非常に希少な車です。

Q4: マクラーレンP1のパワートレインは何ですか?

A4: マクラーレンP1は3.8L V8ツインターボエンジンと最大出力179psの電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用しています。

Q5: マクラーレンP1の性能はどうですか?

A5: マクラーレンP1は0-100km/h加速が2.8秒、最高速度は350km/hです。システム出力は916ps、最大トルクは900nmを発生します。

Q6: マクラーレンP1はどのような賞を受賞していますか?

A6: マクラーレンP1は2014年に世界最高峰の自動車賞である「ワールドカーオブザイヤー」を受賞しました。

Q7: マクラーレンP1のブレーキは何を採用していますか?

A7: マクラーレンP1はF1マシンでも採用されているカーボンセラミックディスクを採用しています。

Q8: マクラーレンP1のボディは何で作られていますか?

A8: マクラーレンP1のボディはカーボンファイバー製のモノコックを採用しており、軽量化と高剛性を実現しています。

Q9: マクラーレンP1の名前の由来は何ですか?

A9: マクラーレンP1の名前の由来は「ポジション1」であり、1位を意味する言葉です。これはサーキットで最高のパフォーマンスを誇る車であることを示しています。

Q10: マクラーレンP1の購入に必要なデポジット(保証金)はどれくらいですか?

A10: マクラーレンP1の購入にはデポジットが必要で、1回目に約1400万円、2回目に約2800万円を支払い、納車時に残金を払う必要があります。ただし、この条件は販売店により異なると見られます。

まとめ

オーナー情報をもとに、マクラーレンの購入条件について解説しました。公式情報では、P1の購入条件については明示されていません。

 

P1の名前の由来は「ポジション1」、すなわち1位を意味する言葉です。この名前はサーキットで最高のパフォーマンスを誇り、世界最高のドライバーズカーとしての位置づけを示しています。

 

そのため、名だたる成功者やスーパーカーコレクターたちがP1を手にすることで、その真の価値観が一層輝きを放っていると言えます。ご覧いただきありがとうございます。

グレース泉
この記事は私グレース泉が執筆しました。数多くの転職経験を経て現在はWebライターに専念。「リサーチ9割、執筆1割」がモットー。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。40代、2児の母。

こちらの記事も読まれています