アクサダイレクトの運転者限定|家族限定|本人・配偶者限定|本人限定

アクサダイレクト・運転者限定・家族限定・本人配偶者限定・本人限定・年齢条件

アクサダイレクトの自動車保険に加入する際、運転者の範囲を決めることで保険料の節約をすることができます。

まず年齢条件を設定しますが、その次に重要なのが運転者限定です。

アクサダイレクトの運転者限定は「限定なし」と「本人・配偶者型」の2つだけです。

2019年1月1日保険始期の契約からこのように改定されました。

それ以前は「限定なし」「本人型」「夫婦型」「家族型」の4つから選択できましたが、現在は「限定なし」と「本人・配偶者型」のみです。

一括見積もりサイトを利用すれば同じ条件で複数社の保険料を横並びで比較できます!

自動車保険の一括見積比較

アクサダイレクトの運転者限定:2018年12月31日までの規定

2018年12月31日までの規定・アクサダイレクトの運転者限定|家族限定|本人・配偶者限定|本人限定

保険の始期日が2018年12月31日以前の自動車保険の場合、アクサダイレクトの運転者限定は以下の区分でした。

限定なし  運転者の範囲を限定しない
本人型  運転できるのは記名被保険者のみ
夫婦型  運転できるのは記名被保険者とその配偶者のみ
家族型  運転できるのは記名被保険者・その配偶者・記名被保険者またはその配偶者の同居の親族・記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子

※「記名被保険者」とはその車を主に運転する人のことです

アクサダイレクトの運転者限定:2019年1月1日以降の規定

 

保険の始期日が2019年1月1日以降の自動車保険の場合、アクサダイレクトの運転者限定は以下の区分になりました。

限定なし  運転者の範囲を限定しない
本人・配偶者型  運転できるのは記名被保険者とその配偶者のみ

※「記名被保険者」とはその車を主に運転する人のことです

ご覧のように、以前はあった「本人型」や「家族型」が廃止されて残念に思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、アクサダイレクトでは割引率を公表していませんが、他社の例を見ると、「本人型」と「本人・配偶者型」の割引率はほとんど同じですし、「家族型」などは割引率が1%程度の会社がほとんどです。

実質的に「本人型」や「家族型」を選択する意味はあまりなかったのです。

ですから、むしろシンプルになってよかったのではないでしょうか。

アクサダイレクト:まずは年齢条件の規定を確認

まずは年齢条件の規定を確認・アクサダイレクトの運転者限定|家族限定|本人・配偶者限定|本人限定

このページのテーマはアクサダイレクトの自動車保険に加入する際に設定する運転者限定に関してです。

しかし、運転者限定を設定する前に、まずは年齢条件を設定する必要があります。

運転者限定はあくまでも年齢条件との合わせ技で運転者の範囲を絞り込んでいくものですから、まず年齢条件について見ていきたいと思います。

アクサダイレクトの年齢条件
  • アクサダイレクトの自動車保険は以下の年齢条件区分を採用しています。
    30歳以上  30歳以上の人のみ運転可
    26歳以上  26歳以上の人のみ運転可
    21歳以上  21歳以上の人のみ運転可
    年齢を問わず  年齢を問わず運転可
  • 上記年齢条件はいちおう文字通り解釈していいのですが、ただし、一部例外事項があります。
  • それは、上記年齢条件に縛られるのは次の①②③の人に限られ、それ以外の人は年齢に関わらず運転可となります。
    1. 記名被保険者
    2. 記名被保険者の配偶者
    3. 記名被保険者の同居の親族・記名被保険者の配偶者の同居の親族
  • 上記①②③の人は年齢条件に設定された年齢に厳格に縛られますが、これ以外の人、たとえば記名被保険者の友人・知人などは年齢条件に縛られません。※たとえば年齢条件が「30歳以上」であっても18歳の友人・知人は運転可です
  • また記名被保険者の別居の親族・記名被保険者の配偶者の別居の親族も年齢条件に縛られません。※たとえば年齢条件が「30歳以上」であっても18歳の別居の子は運転可です
  • 自動車保険でしばしば問題になる「別居の子」ですが、上記のように、たとえば「30歳以上」で設定していた場合であっても他県の大学に通う別居中の子は何歳でも運転できます。その際、既婚か未婚かは関係ありません。なぜなら上の規定にあるように「同居の親族」であるかないかが問題だからです。

(2019年1月1日以降の契約に適用)

アクサダイレクト:年齢条件と運転者限定

年齢条件と運転者限定・アクサダイレクトの運転者限定|家族限定|本人・配偶者限定|本人限定

次に、上記の年齢条件に運転者限定を加えたケースを見ていきます。

アクサダイレクトの場合、運転者限定は「限定なし」と「本人・配偶者型」の2つだけです。

ですから、アクサダイレクトで自動車保険の契約をする場合には、次の2パターンで契約することになります。

  1. 「年齢条件」+「限定なし」
  2. 「年齢条件」+「本人・配偶者型」

上記のいずれかのパターンをそれぞれの年齢条件で設定することになります。

まず①のパターンです。

ここでは具体的に、

「30歳以上」+「限定なし」

としたケースを見ていきます。

この場合、契約車両を運転できるのは、

「30歳以上」の人であれば誰でもOK

ということになります。

ただし、前の項目でご案内したように、「30歳以上」という年齢に厳密に縛られるのは以下の人だけです。

  1. 記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名被保険者の同居の親族・記名被保険者の配偶者の同居の親族

つまり、①②③以外の人は何歳であっても運転可能です。

たとえば記名被保険者の友人のMさん(27歳)や、記名被保険者の配偶者の知人のSさん(22歳)も運転できます。

また、記名被保険者と記名被保険者の配偶者に大学生の子供(19歳)がいて現在別居中であった場合には、この子供は上の規定の「同居の親族」には該当しませんので、やはり何歳であっても運転可能です。

しかも、既婚であるか未婚であるかは無関係です。

この子供が大学の夏休み等に実家に帰省した際に運転して事故を起こしてもちゃんと保険金は出ます。


では②のパターンを見ていきます。

やはり具体的に、

「30歳以上」+「本人・配偶者型」

とした場合を考えてみます。

この場合に契約車両を運転できる人の範囲は、

記名被保険者と記名被保険者の配偶者の2人だけ

ということになります。

そして、このケースでは特に例外規定はなく、文字通り2人しか運転できないことになります。

(※記名被保険者の配偶者が「30歳以上」に該当しない場合はもちろん運転できません)

この記名被保険者とその配偶者に他県の大学に通う別居中の子供がいた場合で、夏休みに帰省した際などに運転できるようにするには、当然、「本人・配偶者型」を外す必要があります。

あるいは、もっと別の解決法もあります。

まず「30歳以上」+「本人・配偶者型」はそのままにしておきます(この方が保険料が安くなるので)。

そして、アクサダイレクトでは扱っていませんが他社の「1日自動車保険(1DAY保険・ちょいのり保険)」に加入します。※別居中の子供が加入する

これにより、安心して契約車両の運転が可能になります。

料金も最低限の出費で済みます。

ところで、みなさん。この機会に同じ条件で複数社の保険を比較してみてはいかがでしょう?条件は同じなのに保険料がびっくりするほど違うことに驚くと思います。アクサダイレクトはCMでもおなじみで保険料も安いですが必ずしも最安とは限りません。高い安いが全てではありませんが、そうは言うものの、最安の会社を確認しておくと後で後悔しなくて済むと思います。

保険スクエアBang! インズウェブ
  • 利用者400万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社
  • 利用者900万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社

 

 


ご覧頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。(ラグビーワールドカップ期間中はドライブレコーダーの記事ばかり書いていました。)朝起きるとコンビニの菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はお米とおかずをしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。せっかく炭水化物をカットしているのにフルーツをよく食べます。みかん・デコポン・甘夏・いよかんなどの柑橘類が好きです。地元山梨産のもも・ぶどうも人からもらったときだけ食べます。寝る前にはウイスキーをストレートで飲みDLifeチャンネルの海外ドラマを見て寝ます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。 <※ついに「あおり運転」で免許取り消しに。警察庁が動きます。令和2年の通常国会に道路交通法改正案が提出される予定です!!(2019年11月7日朝日新聞)>