ファミリーバイク特約の適用範囲|補償される家族の範囲は?

ファミリーバイク特約・適用範囲




ファミリーバイク特約の適用範囲|補償される家族の範囲は?

ファミリーバイク特約の適用範囲、つまり誰が補償の対象になるのかを考える際には、まず「記名被保険者」が誰かが重要です。※「記名被保険者」とは、補償の対象となる主たる人物のことです。

ファミリーバイク特約は自動車保険の特約ですから、「記名被保険者」は自動車保険の証券の記名被保険者欄に記載されている人です。この人を中心に適用範囲が決まっていきます。下記をご覧ください。

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者または記名被保険者の配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者または記名被保険者の配偶者の別居の未婚の子※「未婚」とは婚姻歴がないことをいいます

上記の人がファミリーバイク特約の適用範囲です。つまり、記名被保険者の家族ということになります。もっと厳密に言うと、記名被保険者の同居の家族と別居の未婚の子です。

ただし、夫婦は必ずしも同居しているとは限りません。様々な事情で、夫は東京に住み、妻は横浜に住み、それぞれに子供が一人ずつ同居しているケースもあります。こうしたケースでも、別々に暮らしている夫と妻、別々に暮らしているそれぞれの子供は、すべてファミリーバイク特約の適用範囲に含まれます。

なお、ファミリーバイク特約では、補償対象となるバイクの適用範囲も広範囲な内容になっています。詳細は下記の記事を参考になさってください。

【超丁寧解説】ファミリーバイク特約は万能|自損型・人身傷害型|詳細解説

2019.03.24

【超丁寧記事】ファミリーバイク特約 保険料 比較|年間・月々|金額・値段・料金

2019.10.11

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。