自動車保険|2019年に6社が家族限定を廃止した理由は?

自動車保険・家族限定・廃止・理由・運転者限定・運転者の範囲

2019年に6社が家族限定を廃止しました。

ソニー損保・アクサダイレクト・損保ジャパン・東京海上日動・三井住友海上・あいおいニッセイの6社は2019年に家族限定の取り扱いを廃止しました。

廃止の理由は特に言及されていませんが、背景として、家族限定の需要が長期下落傾向にある点が挙げられます。

自動車保険ユーザーの家族構成の変化(単身世帯の増加など)があるものと思われます。

とはいえ、もともと家族限定の割引率は1%程度でしたので、廃止されたからといって実質的に困る保険ユーザーはほとんどいないはずです。

今でも家族限定を採用している会社は数社ありますが、いずれ廃止の方向に向かうのではないでしょうか。

保険選びは一括見積もりサイトで

家族限定廃止の理由:家族限定の需要は長期下落傾向

家族限定廃止の理由・自動車保険|2019年に6社が家族限定を廃止した理由は?

ところで、一般的に知られている運転者限定には次のようなものがあります。

  • 限定なし
  • 家族限定
  • 本人・配偶者限定(夫婦限定)
  • 本人限定

やや古い資料で恐縮ですが、次のグラフをご覧ください。

ご覧のように「限定なし」と「家族に限定」は長期下落傾向です。

いっぽうで「本人・配偶者に限定」は長期上昇傾向にあります。

このグラフには「本人限定」はありませんが、これも長期上昇傾向にあります。

つまり、自動車保険の運転者限定において「家族限定」の需要が落ち込んでいることがわかります。

日本社会全体の家族構成の変化が背景にあるのだと思います。

したがって、今現在は家族限定を採用している会社も近い将来廃止する可能性は高いと思います。

そもそも家族限定の割引率は、代理店型大手4社の場合、わずか1%でした。

大手4社以外の割引率は不明ですが、恐らく同程度の割引率だと推測されます。

家族限定が付いた契約では友人・知人が運転して事故を起こしたら保険金は下りません。

しかし、家族限定をはずせば友人・知人も運転できます。

その差は1%。

限定なし、に設定した場合に比べて1%しか安くなりません。

家族限定廃止。

これは当然の流れではないでしょうか。

家族限定廃止:ソニー損保は2019年4月から

ソニー損保・自動車保険|2019年に6社が家族限定を廃止した理由は?

ソニー損保では保険始期日が2019年4月1日以降の場合、運転者限定は下記の分類になります。

ご覧のように、それまであった家族限定を廃止しています。

ソニー損保の運転者限定(2019年4月1日以降保険始期日)
限定なし
  •  運転者を限定しません
本人・配偶者限定(割引率6%
  •  記名被保険者とその配偶者のみ運転可※ここで言う配偶者には、婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者および戸籍上の性別が同一であるが婚姻関係と異ならない程度の実質を備える状態にある者を含みます(内縁関係・同性婚もOK

ソニー損保・自動車保険・約款・2019年4月版19ページから20ページ

※記名被保険者が法人の場合は「本人・配偶者限定」は設定できません。

家族限定廃止:アクサダイレクトは2019年1月から

アクサダイレクト・自動車保険|2019年に6社が家族限定を廃止した理由は?

通販型のアクサダイレクトもそれまであった「家族型」「夫婦型」「本人型」の3つの限定が、2019年1月の契約から「本人・配偶者型」の1つだけに改定されました。⇒アクサダイレクトのHP

家族限定廃止:大手代理店型4社は2019年1月から

大手代理店型4社・自動車保険|2019年に6社が家族限定を廃止した理由は?

損害保険大手4社(東京海上日動・損保ジャパン日本興亜・三井住友海上・あいおいニッセイ同和損保)は2019年1月の契約から、それまであった家族限定を廃止しています。

この家族限定廃止に伴い、他の限定にも改定が行われました。

それを一覧表にしてみます。

※スマホでうまく表示されない場合は横位置でご覧ください。

東京海上日動 損保ジャパン  三井住友  あいおい
家族限定  廃止  廃止  廃止  廃止
本人・配偶者限定  7%⇒6%  7%⇒6%  7%⇒6%  7%⇒6%
本人限定  採用せず  8%(新設)  7%(新設)  9%⇒8%

「家族限定」は大手4社そろって廃止です。※「家族限定」の割引率は4社共に1%でしたので、もともとあってもなくても保険料に大きな影響を与えていませんでした。しかし、この規定から外れる人が運転して事故を起こした場合は保険金を支払いませんでしたから、ある意味とんでもない規定であり、廃止して当然なのです

「本人・配偶者限定」も4社そろって7%から6%に割引率を縮小しています。

ここまでは4社そろい踏みですが、「本人限定」で対応が分かれています。

東京海上日動は今回の改定でも「本人限定」を採用しませんでした。

損保ジャパンと三井住友は「本人限定」を新設しました。

あいおいにはすでに「本人限定」がありましたが割引率を縮小しました。

今回の改定について一部には「結局どさくさに紛れて保険料全体では値上げになっているのでは」などと言われていますが、しかし、いままでよりシンプルになったことは評価できる点だと思います。

【2019年版】家族限定がある会社・ない会社

2019年・家族限定がある会社ない会社・自動車保険|2019年に6社が家族限定を廃止した理由は?

2019年8月1日現在における通販型・代理店型を含めた自動車保険各社の運転者限定の状況をまとめています。

ご覧のように、「家族限定」がない会社の方が多数派になっています。

すべての保険会社ではありませんがみなさんが耳にする機会が多い保険会社はほぼ網羅していると思います。

自動車保険各社の運転者限定を比較
家族限定 本人・配偶者限定 本人限定
イーデザイン損保
ソニー損保 × ×
三井ダイレクト
アクサダイレクト × ×
チューリッヒ ×
そんぽ24 ×
SBI損保
セコム損保 ×
楽天損保 ×
東京海上日動 × ×
損保ジャパン ×
三井住友海上 ×
あいおいニッセイ ×
JA共済(農協) × ×
全労済 × ×

※ソニー損保・アクサダイレクト・東京海上日動・損保ジャパン・三井住友海上・あいおいニッセイの6社は2019年からそれまで採用していた家族限定を廃止しています。

※上記一覧表におとなの自動車保険(セゾン損保)が入っていませんが、それはこの保険会社だけ独自の分類方法を採用しているからです。たとえば他社の「家族限定」に相当するものがおとなの自動車保険にはもともとありません。

ところで、みなさん。この機会に同じ条件で複数社の保険を比較してみてはいかがでしょう?条件は同じなのに保険料が驚くほど違うことにびっくりすると思います。

保険スクエアBang! インズウェブ
  • 利用者400万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社
  • 利用者900万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社

 

 


ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。(ラグビーワールドカップ期間中はドライブレコーダーの記事ばかり書いていました。)朝起きるとコンビニの菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はお米とおかずをしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。せっかく炭水化物をカットしているのにフルーツをよく食べます。みかん・デコポン・甘夏・いよかんなどの柑橘類が好きです。地元山梨産のもも・ぶどうも人からもらったときだけ食べます。寝る前にはウイスキーをストレートで飲みDLifeチャンネルの海外ドラマを見て寝ます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。 <※ついに「あおり運転」で免許取り消しに。警察庁が動きます。令和2年の通常国会に道路交通法改正案が提出される予定です!!(2019年11月7日朝日新聞)>