セカンドカー割引(複数所有新規)で保険料いくら安くなる?

セカンドカー割引・複数所有新規・いくら・保険料・いくら安くなる

セカンドカー割引(複数所有新規)を使うと、通常6等級でスタートするところを7等級からスタートできます。

保険料は、年齢条件にもよりますが、10,000円~20,000円はごく普通に安くなります。

このページではセカンドカー割引(複数所有新規)を使うと保険料がいくら安くなるかを概算でご紹介します。

またこの割引制度の詳細も解説しています。

しばらくお付き合いいただけると幸いです。

セカンドカー割引(複数所有新規)でいくら安くなる?

7等級スタート・セカンドカー割引(複数所有新規)で保険料いくら安くなる?

家族がすでに車を保有していてその保険の等級が11等級以上である場合、2台目以降を7等級から始めることができる、これがセカンドカー割引(複数所有新規)です。

自動車保険に加入する際、通常は6等級からスタートします。

それが7等級でスタートできるというもので、たった1つ等級が違うだけですが、保険料的には大きな差額になります。

下記に6等級と7等級の2つの等級の割引率の違いをご紹介します。

上の表が6等級新規(6S等級)の年齢条件別割増引率です。

下の表がセカンドカー割引(複数所有新規)の7等級新規(7S等級)の年齢条件別割増引率です。

※スマホでご覧の方は以下の3つの表だけ「横位置」でご覧ください(縦位置だと機種によっては表示が崩れる可能性があります)

<6S等級>

年齢条件  全年齢  21歳以上  26歳以上  30歳以上
6S等級  6A  6B  6C  6E
割増引率%  28%割増  3%割増  9%割引  9%割引

アクサダイレクト「重要事項説明書の補足事項(P9)

<7S等級>セカンドカー割引(複数所有新規)

年齢条件  全年齢  21歳以上  26歳以上  30歳以上
7S等級  7A  7B  7C  7E
割増引率%  11%割増  11%割引  40%割引  40%割引

アクサダイレクト「重要事項説明書の補足事項(P9)

※保険会社により割増率・割引率は異なることがあります

では上記の割増・割引を具体的な保険料で見てみましょう。

あくまでも概算ですが、基準となる年間保険料を100,000円とした場合の6S等級と7S等級の差額です。

等級  全年齢  21歳以上  26歳以上  30歳以上
6s等級  128,000円  103,000円  91,000円  91,000円
7s等級  111,000円  89,000円  60,000円  60,000円
差額  -17,000円  -14,000円  -31,000円  -31,000円

ご覧のように、セカンドカー割引(複数所有新規)を適用すると、たった1つ等級が違うだけですが、各年齢条件でこれだけ保険料が安くなります。※あくまで目安としての数字です

上の保険料は基準を100,000万円で計算しましたが、50,000円で計算すれば、差額は上記の半分になります。

セカンドカー割引(複数所有新規)により7等級スタートした場合、いくら保険料が安くなるのか、その目安にしていただきたいと思います。

複数所有新規割引はほぼ全ての保険会社が採用している割引です。7等級からスタートできる点は各社共通ですが、そもそもの保険料レベルは会社によって異なりますから、トータルの保険料では差が付きます。一括見積もりサイトを利用すれば一度の入力で複数社の保険料を横並びで比較できます。高い安いが全てではないかもしれませんが、まずは金額を押さえておくと後で後悔しなくてすむと思います。

自動車保険を一括見積比較

セカンドカー割引(複数所有新規)が使えるケース

使えるケース・セカンドカー割引(複数所有新規)で保険料いくら安くなる?

セカンドカー割引(複数所有新規)は次のようなケースで使える割引制度です。

細かな適用条件は後で詳しく解説しますので、まずはイメージとしてご理解いただきたいと思います。

  1. 父親が車を所有しているが、今度娘が免許を取り新たに車を購入した⇒⇒⇒娘の車の保険にセカンドカー割引(複数所有新規)を適用する
  2. 夫婦2人暮らしで夫婦それぞれ1台ずつ車を所有しているが、夫がセカンドカーを購入することになった⇒⇒⇒夫のセカンドカーの保険にセカンドカー割引(複数所有新規)を適用する
  3. 車1台体制でこれまでやってきたけれど、子供が小学生になり塾や送迎にもう1台必要になった⇒⇒⇒2台目の車の保険にセカンドカー割引(複数所有新規)を適用する

このページのテーマであるセカンドカー割引(複数所有新規)に限りませんが、自動車保険では「家族」とか「世帯」というのを一つの基本的単位として考えます。

一人暮らしはたまたま家族構成が一人の世帯と考えます。

自動車保険の契約をする際、その家族にとって最初の車は6等級からスタートします。

※自動車保険は基本的に1等級~20等級までありますが、新規契約は1ではなく6から始まります

しかし、その家族にとって2台目以降の契約では、6等級ではなく、さらに割引率の高い7等級からスタートできるというのがセカンドカー割引(複数所有新規)です。

この場合、すでに保有している車の保険会社がA社で、新たに追加する車の保険会社がB社であっても、セカンドカー割引(複数所有新規)は適用されます(他社でもOK)。

セカンドカー割引(複数所有新規)は2台目以降に適用される割引ですから、3台目でも4台目でも5台目でも7等級からスタートできます。

セカンドカー割引(複数所有新規)の適用条件

適用条件・セカンドカー割引(複数所有新規)で保険料いくら安くなる?

セカンドカー割引(複数所有新規)は、すでに「家族」あるいは「世帯」に車が1台以上あることが前提です。

すでに保有している車の等級が11等級以上であること、自家用8車種であること、記名被保険者が個人であること、これが条件です。

すでに保有している車の条件
  • 11等級以上であること
  • 自家用8車種であること
  • 契約者・記名被保険者が個人であること※法人は対象外

※「自家用8車種」とは自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車または特種用途自動車(キャンピング車)のこと

すでに車を3台とか5台所有している場合、そのすべてが上記条件にあてはまる必要はなく、そのうちの1台が当てはまれば条件クリアーです。

たとえば、3台あるうちの2台は7等級と10等級であっても、残りの1台が11等級であれば、この11等級の車を対象としてセカンドカー割引(複数所有新規)が適用されます。

次に、新たに追加する車の条件です。

新たに追加する車の条件
自動車保険(任意保険)  家族で初めて自動車保険(任意保険)に加入する車であること新車中古車いずれもOK
記名被保険者
  • 1台目の契約の記名被保険者
  • 1台目の契約の記名被保険者の配偶者
  • 1台目の契約の記名被保険者またはその配偶者の同居の親族※別居の親族・別居の未婚の子は対象外
車両所有者
  • 1台目の契約の車両所有者
  • 1台目の契約の記名被保険者
  • 1台目の契約の記名被保険者の配偶者
  • 1台目の契約の記名被保険者またはその配偶者の同居の親族※別居の親族・別居の未婚の子は対象外
    ※所有者がディーラー、リース業者(1年以上のリース)の場合には使用者を所有者とみなします

この機会に同じ条件で見積もり試算した場合の他社の保険料を確認しておくといいと思います。保険料の安い会社3社をチェックしておけば、今の契約が満期になる際に継続するか乗り換えるか判断材料になりますから。

保険スクエアBang!

  • 利用者400万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社
インズウェブ

  • 利用者900万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社。

 

 


ご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク



スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他車に関するお役立ち記事に取り組んでいます。朝起きると菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。柑橘類が好きで寝る前にはウイスキーをストレートで飲みます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。