ものつくり大学の学生寮は全室個室で希望者全員入れます!

ものつくり大学・寮・学生寮




ものつくり大学の学生寮は全室個室で希望者全員入れます!

※トップ画像はものつくり大学の学生寮の間取り(画像:ものつくり大学)

ものつくり大学・寮2

ものつくり大学・学生寮の内部風景。左の丸はコインランドリー。<画像:ものつくり大学>

ものつくり大学の学生寮の概要は以下の通りです。

  • 入学定員300名に対して個室は200室用意されている⇒⇒入寮希望者は全員入れる
  • 鉄筋コンクリート5階建ての建物で、大学キャンパス内にあり、管理人が常駐しているので安心
  • 女子専用フロアがあるので女子学生も安心
  • 駐輪場あり
  • コインランドリーあり(1回100円)※女子専用機あり
  • 寮費:月額35,000円】水道・ガス代込。電気代・食費別
  • 全室個室(洋室)】専有面積:15平方メートル(京間換算8.22畳)。ベッド、クローゼット、机・椅子、ユニットバス(トイレ、シャワー、洗面所付き)、冷暖房機器が全室完備

無料宿泊体験ができる

ものつくり大学の学生寮は無料宿泊体験できます。

特に、遠隔地からオープンキャンパスに参加する人は、事前に予約して一度体験することをおすすめします。

夜寝る時に、建物外部からの音の侵入はどうか、上の階や下の階、隣の部屋からの物音はどうか、こうしたことを自分の感で経験することはとても大事ですよ。

ものつくり大学・ユニットバス

ユニットバスが全室に完備(画像:ものつくり大学)

寮生活のすすめ

ものつくり大学では学生寮の意義を次のように位置付けています。

「学生寮での生活をとおして友情を育むとともに、コミュニケーション能力やリーダーシップ力を養い、責任感をもって社会生活を営める力を身につけてもらいたい」

まあ、これはいちおうごもっともな公式見解のようなものですが、私の経験を言わせていただくと、人生で一度は寮生活を経験すべき、と思っています。

個々にアパート等を借りて自由に学生生活を送るのも、それはそれで素晴らしい経験ですが、学生寮というある意味外界と隔絶された空間を若い一時期に経験することは、なかなか他では得られない貴重な経験だと心底思います

もしも迷いがあったら、ぜひ寮生活に決めてください。

アパート暮らしなどいつでもできますが、同じ境遇の同じ年代の者同士が同じ建物で過ごす経験など、そうめったにできるものではないですよ。

一生涯忘れられない記憶が脳髄の一番深いところに刻まれます。

⇒⇒元の記事(ものつくり大学恥ずかしい)に戻る

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。