ひきわり納豆は犬の食事・おやつに最適【フリーズドライ】

ひきわり納豆・フリーズドライ・犬




ひきわり納豆は犬の食事・おやつに最適【フリーズドライ】

※トップ画像はフリーズドライの犬用ひきわり納豆(Amazon)

人にいい食べ物が必ずしも犬にもいいとは限りません。

にんにくやネギは犬には天敵の食材です。

ですが、納豆に関しては全く問題ありません。犬に与えてもOKです

納豆はドッグフードとしても販売されていて、その多くがフリーズドライの製品です。

スーパーで売っているパック入りの納豆は、栄養的にはそのままで問題ありませんが、あのネバネバはやはり犬も苦手なようです。

その点、フリーズドライの納豆なら、栄養成分も生とほぼ同じで、余計な添加物もなく、安心して犬に食べさせることができます。

犬に最適な納豆の量は?

人の場合は、スーパーの納豆1パック(50g)なら1日2パック以内にとどめるべきです。

犬は、大型犬でも人間の大人ほど大きな犬はごく稀ですから、納豆の量も体重に合わせて少量にすべきです。

そこで、下記の量を1日の目安にしてください。

※生の納豆の重さで表示しています。

体重4kg以下

5g前後

体重10kg以下

20g前後

体重25kg以下

30g前後

体重25kg超

30g~50g

実際にドッグフードとして販売されている納豆は、ほとんどがフリーズドライです。したがって、上記重量よりもっと軽くてちょうど適量となります。詳しくは各商品の説明をご参照ください。

食事にもおやつにも

犬に納豆を食べさせる場合、食事としてもおやつとしても問題なく与えることができます。

ドライフードの食事の場合は、フリーズドライの納豆をふりかけのような形で食べさせてください。

おやつの場合は、フリーズドライの納豆をそのまま与えてください。

中型犬や大型犬の場合は大粒の納豆でもいいですが、小型犬や老犬の場合はひきわり納豆をフリーズドライした製品の方が食べやすいと思います。

犬に納豆を食べさせる際の注意点

ドッグフードの原材料が、納豆、納豆菌、塩分(少量)の製品を与えてください。

栄養添加物、香料、着色料、保存料などが入っている製品はNGです

人が食べる際のタレやからしなどは不要です。薬味にネギなどを混ぜるのはもってのほか。完璧にNGです。

犬にも大豆アレルギーがあります。まずごく少量を与え、様子を見て、少しずつ増やしていく慎重さが必要です。

なお、大豆アレルギーのある犬が納豆を食べると、体のかゆみ、嘔吐、下痢といったアレルギー症状を引き起こします。

納豆はスーパーフード

納豆は人にも犬にもスーパーフードそのものです。

納豆は、体の健康に必要な下記の5大栄養素を備えています。

  1. タンパク質
  2. 脂質
  3. 炭水化物
  4. ビタミン
  5. ミネラル

また、納豆の原料である大豆には、下記の栄養素があります。

  • 大豆レシチン
  • 大豆サポニン
  • ダイズイソフラボン
  • 食物繊維

これらは大豆に含まれる栄養素ですが、納豆はこの大豆を発酵させた食品です。

大豆を発酵させて納豆にすることで、

  • 血液をサラサラにする「ナットウキナーゼ」
  • 骨を強化する「ビタミンK」
  • 血糖値の上昇を抑える「ポリグルタミン酸」

の3つの栄養成分が生まれます。

フリーズドライとして販売されているドッグフードの納豆は、上記栄養素をそのまま含んだスーパーフードそのものです。

犬に納豆を与える際に気を付けたいことは、栄養があるからといって与えすぎないこと。これだけです。

 

⇒⇒元の記事(1日に納豆3パック食べ続けた結果)に戻る

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。