【3分解説】(フロント・フロア・リア)サイドメンバーとは|修理・交換で修復歴?|曲がり・歪み

サイドメンバー・フロントサイドメンバー・リアサイドメンバー・フロアサイドメンバー・修復歴・曲がり・歪み・交換・損傷・修理




画像:Weblio

サイドメンバーとは

サイドメンバーとは、乗用車やトラックの骨格をなす部材で、車体の左右に配置され、前後に長く伸びています。

モノコックボディを採用する乗用車の場合には、フロアパネルに溶接されています。トラックなどの場合はコの字型あるいはボックス断面のレールを左右に配置し、左右のレールを橋渡しする形でクロスメンバーによって強度やねじれ剛性を保っています。

サイドメンバーのフロント部分をフロントサイドメンバーと呼び、フロア部をフロアサイドメンバー、リア部をリアサイドメンバー、とそれぞれ呼びます。

乗用車であれトラックであれ車の骨格部分を形成する重要なパーツです。

修理・交換すると「修復歴あり」になる?

サイドメンバーは車の骨格を形成する部材になるので、事故などでここを損傷し、修理・交換を行った場合は、いわゆる「修復歴あり」という扱いになります。

つまり、流通市場では「事故車」として扱われます。

フロントサイドメンバー・フロアサイドメンバー・リアサイドメンバーのいずれであっても、下記のような基準で事故車判定(修復歴判定)が行われます。

「修復歴あり」と判定されるケース
  • サイドメンバーが交換された場合(取り替えた場合)
  • 曲がりがあるもの、凹みがあるもの、またはその修理跡があるもの
「修復歴あり」と判定されないケース
  • サイドメンバーのコアサポートより前に位置する部分が損傷している場合、あるいはその修理跡があるもの
  • けん引フック取り付け部分が損傷している場合、あるいはその修理跡があるもの
  • バンパーステー取り付け部の軽微な凹みがある場合、あるいはその修理跡があるもの
  • 突き上げによる凹みがある場合、傷がある場合、あるいはそれらの修理跡があるもの

「修復歴」に統一基準はある?

中古車の流通市場では、現在、「修復歴」に関する確定的な統一基準は作られていません。

あくまでも暫定的な基準があるだけなので、前の項目の判定基準は「平均的なものさし」であって、取扱業者によって判断が異なる余地が残されています。

もともと修復歴に関しては日本自動車査定協会 (JAAI)において定義されているのですが、実際には各現場での判定基準が全国のオートオークションごとに異なっていたため、日本オートオークション協議会において、平成14年に「統一検査基準検討専門部会」及び「同分科会」を設置し、その後現在に至るまで、修復歴判定基準の統一に向けて検討を行っている段階です。

車の骨格部の「修復歴」に関する基準
(フロント・リア)クロスメンバー  ⇒⇒こちらのページ
(フロント・フロア・リア)サイドメンバー  ⇒⇒こちらのページ
ラジエターコアサポート  ⇒⇒こちらのページ
(フロント)インサイドパネル  ⇒⇒こちらのページ
ダッシュパネル(バルクヘッド) ⇒⇒こちらのページ
(フロント・センター・リア)ピラー ⇒⇒こちらのページ
センターフロアパネル・フロアサイドメンバー ⇒⇒こちらのページ
リアフロア(トランクフロア) ⇒⇒こちらのページ

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。