【丁寧解説】車|ラジエターコアサポートとは|修理・交換で修復歴ありになる?

ラジエターコアサポート・コアサポート・とは・交換・修復歴・損傷・修理




ラジエターコアサポートとは?

ラジエターコアサポートとは、車のフロント部分、つまりヘッドライトやバンパーが位置する部分を骨組みとして支えている部材で、車の骨格の一部を形成しています。

単にコアサポートとも呼ばれます。

修理・交換で「修復歴あり」となる?

事故などでラジエターコアサポートを損傷し、その結果交換した場合には「修復歴あり」として扱われます。

つまり、車の流通市場では「事故車」として扱われます。

中古車購入時の注意点

ラジエターコアサポートに限りませんが、中古車を購入する際は、わかってもわからなくてもとにかく車を一通り見まわし観察することが大事だと思います。

その際、素人でもある程度判別できるポイントはあります。

  • すべてのドアを開閉して、どのドアも「同じような感触で」開いたり閉じたりするかどうかを確認
  • ボンネット、フェンダー、ドア、トランクなどの塗装が同じ色合いか、どれか1ヵ所だけ他と色合いが異なるか、ちょっと離れて眺めることで確認
  • エンジンルームを覗きこみ、ラジエターコアサポートはもちろん他の部分の「ねじ」や「ナット」につぶれがないかを確認。また、ねじやナットの位置がズレていて前のねじやナットが位置していた部分の跡が残っていないか確認

また、ショップの担当者に、「修復歴はありますか?」と必ず確認することが大事です。仮にうそを言われたら、後でうそを言ったことを追及できます。

(※)中古車販売業者が顧客に明示する義務があるのは「修復歴」のみです。「事故歴」は明示する義務はありません。つまり、板金修理ていどなら「修復歴あり」とはならないので、ショップの人が黙っていても何の問題にもなりません。しかし、コアサポートを交換してあるのにそれを黙っていたら、これは虚偽の販売行為になります。

車の骨格部の「修復歴」に関する基準
(フロント・リア)クロスメンバー  ⇒⇒こちらのページ
(フロント・フロア・リア)サイドメンバー  ⇒⇒こちらのページ
ラジエターコアサポート  ⇒⇒こちらのページ
(フロント)インサイドパネル  ⇒⇒こちらのページ
ダッシュパネル(バルクヘッド) ⇒⇒こちらのページ
(フロント・センター・リア)ピラー ⇒⇒こちらのページ
センターフロアパネル・フロアサイドメンバー ⇒⇒こちらのページ
リアフロア(トランクフロア) ⇒⇒こちらのページ

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。