チャイルドシートは車検で外す?つけたまま?代車に付け替え?

チャイルドシート・車検・つけたまま・外す・付け替え・代車

画像:国土交通省

チャイルドシートは国の安全基準に適合した製品を使用しなければなりません。

ただし、車検の検査対象には入っていません

したがって車検の際はチャイルドシートの適・不適は検査しません。

では車検に出す場合はチャイルドシートを外す必要があるのでしょうか?

この辺の事情を詳しく解説しています。

検査対象外:外してもつけたままでも問題なし

チャイルドシートそのものには国の認定制度があって、「Eマーク」あるいは「自マーク」がついた製品でなければ使用不可です。

しかし、これは車検とは無関係です。

車検ではチャイルドシートの検査は行いません

だから車を車検に出す際にはチャイルドシートを外してもつけたままでもノープロブレムです。

付けたままだと車内清掃の邪魔になる

車検を依頼するディーラーや整備工場では、サービスとして車の内外をクリーニングしてくれるところがあります。

その際、チャイルドシートを付けたままだとシートの一部に手が届かないことがあります。

あまりたいした問題ではありませんけど。

車検に日数がかかる場合:代車に付け替えしないと困る

車検が即日で仕上がればいいのですが、日数がかかる場合はしばらく代車で生活することになります。

その際、チャイルドシートを代車に付け替えしておかないと子供を乗せられなくなります。

幼稚園や病院への送迎に支障が出ます。

この点も考慮したいところです。

そもそもチャイルドシートとは?

ここでチャイルドシートと法律との関係を整理したいと思います。

  • 6歳未満の乳幼児が車に乗る際はチャイルドシートの使用は義務
  • チャイルドシート使用義務違反は1点減点(罰金はない)

(※)たとえ6歳以上であっても身長140センチ未満の子どもはチャイルドシートを使用すべきです。なぜなら車に装着されているシートベルトは140センチ以上の身長を基準に設計されているからです。

(※)幼稚園や保育園の送迎バス、シートベルトがない車など一部装着が免除されているケースがあります。

なお、国の安全基準を満たしたチャイルドシートには認定マークが付いています。

  • Eマーク:現行の認定マーク
  • 自マーク:旧基準を満たした認定マーク(2012年6月30日以前の製品)
Eマーク・自マーク

 

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。みなさんもお気をつけください。やはり「うがい」が大事なようですよ。それからウインドウズ7のサポート期間がこの1月14日で終了しました。当ブログはウインドウズ7のPCで作成しているので焦っています。どうしよう・・・。