タイミングチェーンとは|交換時期・デメリット・オイル交換必要?異音?

タイミングチェーン・メリット・デメリット・オイル交換・交換時期・タイミングベルト・異音

エンジンの点火・バルブの開閉を適切なタイミングで行うための重要なパーツがタイミングチェーンです。

樹脂製のタイミングベルトの車も数多く出回っていますが、最近は金属製で耐久性のあるタイミングチェーンを採用する車が増えています。

タイミングチェーンの交換時期は30万キロ前後と言われていて、実際にここまで乗り続けるユーザーは少ないので、ほとんどの場合無交換で行けるということです。

以前は欠点とされていた騒音ですが、今のタイミングチェーンは音が静かになり、燃費性能にも貢献していますし、エンジンの小型化にも一役買っていて、デメリットよりメリットが多いパーツです。

注意すべきは、タイミングチェーンの潤滑を保つのためにエンジンオイルを使用するので、エンジンオイルの補充・交換を定期的に行わないと、異音が発生したり、燃費が悪化したり、最悪エンジンがかからなくなったりします。

タイミングチェーンとは

エンジンの点火・バルブの開閉は適切なタイミングで行う必要がありますが、そのためにはクランクシャフトやカムシャフトをジャストタイミングで作動させなければなりません。このタイミングを最適化するためのパーツがタイミングチェーンです。

以前は、ほとんどのエンジンが樹脂製のタイミングベルトを採用していましたが、今の車は多くがタイミングチェーンを採用しています。

交換時期は30万キロ

タイミングチェーンの交換時期は走行距離30万キロ前後と言われています。

タクシーのような商用車を別にすれば、一般の自動車ユーザーで30万キロまで乗り続ける人はめったにいません。

したがって、無交換でOK、というのが実際のところだと思います。

エンジンオイルの補充・交換は定期的に

金属製のタイミングチェーンは、その潤滑性を保つためにエンジンオイルを活用しています。

そのため、エンジンオイルの補充や交換を定期的に行わないと、エンジンを傷めるだけでなくタイミングチェーンも傷めることになります。

タイミングチェーンが傷むと、チェーンが伸びることにより、異音が発生し、その結果、燃費性能が落ちたり、エンジンの始動が悪くなったり、加速性能が落ちたりして、最悪の場合はエンジンが始動しなくなったりします。

交換時期が30万キロといっても、これは適切なメンテナンスを行った場合の話なので、エンジンオイルの補充・交換は定期的に行わなければなりません。

デメリット

タイミングベルトと比較した場合のタイミングチェーンのデメリットは、上記のように、エンジンオイルの定期的な補充・交換等のメンテナンスを行う限り、特にありません。

以前はデメリットであった音の大きさも、今は静かな作動音になっています。

ただし、メンテナンスを怠った結果、30万キロを待たずに交換しなければならなくなった場合の交換費用は、100,000円~200,000円が相場です。

タイミングベルトの交換費用の相場は50,000円~100,000円ですから、もしも交換が必要になった場合の多額な出費は大きなデメリットと言えます。

ご覧頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。