ヘッドライトのカバー(レンズ部分)だけ交換できますか?

ヘッドライト・カバー・レンズ・交換

ヘッドライトのカバー(レンズ部分)だけ交換できますか?

結論を言うと、ヘッドライトのカバー(レンズ部分)だけ交換できる車種もあれば交換できない車種もあります。

たとえば120系マークXや18クラウンなどはカバー(レンズ)だけ交換できます。交換できない車種の場合はレンズユニットごと交換しなければなりません。

そもそもヘッドライトのカバー(レンズ)だけ交換したいケースといったら、下記のようなケースがあると思います。

  1. 黄ばみがひどくて磨いても取れない
  2. 白く曇りが出てきてところどころにクラック(ひび割れ)が入っている

①のケースでしたら、最近は性能の高い研磨剤が市販されているので、そうとう黄ばみがひどかったとしても、たいていのものは磨くことできれいになります(わたしも前に乗っていたトヨタのプレミオで経験済み)。

しかし、②のようにクラックまで入ってきたら、車検の保安基準にも通らなくなる可能性があり、やはり交換を視野に入れなければならないと思います。

そうした場合は、まずディーラーやカー用品店、あるいは通販ショップで今お乗りの車がカバー(レンズ)のみ交換可能な車種かどうかご確認ください。

可能であれば、次の項目にあるような作業で交換します。交換できない車種の場合は、ヘッドライトのユニットごと交換(assy交換)しか方法がありません。

カバー(レンズ部分)のみ交換する方法

ヘッドライトを分解することを「殻割り(カラワリ)」と言いますが、カバー(レンズ)のみ交換可能なヘッドライトの場合は、交換不可なヘッドライトとちょっとだけ作業内容がことなります。

ヘッドライトは、ハウジング・インナー・カバー(レンズ)という3つの部分に分かれていますが、ハウジングとカバー(レンズ)のあいだにはシーリング材が挟み込んであります。

レンズ交換不可なヘッドライトの場合は、このシーリング材の部分にブチルゴムとコーキング剤が使用されているのですが、これらは完全に硬化しているのでまず熱で温めてからでなければパカッと分割することができません。

⇒⇒殻割りのやり方

しかし、レンズ交換可能なヘッドライトの場合は、シーリング材として普通のゴムが使用されているので、暖める必要がある点は同じですが、ちょっと熱を当てるだけで簡単に分割できます。そういう意味では、レンズ交換不可なヘッドライトよりちょとだけ作業は易しいといえます。

ただ、ブチルゴムなどは再利用できますが、このゴムは使い捨てなので、新しいカバー(レンズ)と一緒に購入する必要があります。

ヘッドライトのカバー(レンズ)交換は、慣れた人ならDIYでもできますが、業者さんに依頼した場合は30,000円~40,000円ほど工賃がかかります。この工賃費用は、もちろん、殻割りと殻閉じとカバー(レンズ)交換をすべて含めた費用です。

交換費用の総額は、この工賃費用にカバー(レンズ)料金とゴムの料金がプラスされます。

ヘッドライトassy交換|費用・工賃|光軸調整が必須です!

2020.05.25

ヘッドライトの殻割りでレンズの曇りが取れますか?

2020.06.21

プロジェクターヘッドライトが暗い|原因はレンズの汚れか?

2020.06.23

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。