プロジェクターヘッドライトとは光が束になるあのすごいやつのこと?

プロジェクターヘッドライトとは

プロジェクターヘッドライトとは光が束になるあのすごいやつのこと?

車のヘッドライトの主流になりつつあるプロジェクターヘッドライトとは、ライトの前面にレンズがあり、このレンズに向かっていったん反射板に反射させた光を集め、この光をレンズの効果で密度の濃い光の束にして、前方に照射する、こういったライトのことです。

いままでは(マルチ)リフレクターヘッドライトというのが人気で、今も使われていますが、この方式の一部を取り入れたうえで(光を反射させる部分)、さらにそれにレンズの力を付加しているのがプロジェクターヘッドライトです。

実際のところ、現在市販されている車の中には、ロービームはプロジェクターヘッドライト、ハイビームはマルチリフレクターヘッドライトとしている車種もあります。

プロジェクターヘッドライトは、動物の目玉が付いているように見えるので、すぐにわかります。

プロジェクターヘッドライトの特徴は、光が束になって照射するので周囲への拡散が少ないこと、また、照射面と非照射面の境目(カットライン)が明瞭に出ること、といった点です。

これに対して、リフレクターヘッドライトは、反射板に照射した光が拡散するので、カットラインが不明瞭でぼわんと周囲に広がるような照射の仕方です。

ただし、実際に車を運転していて感じるのは、リフレクターヘッドライトは確かにカットラインが不明瞭で、ロービームであっても多少光が漏れて対向車のドライバーの目に入ることはありますが、その光が穏やかなので、それほど強烈にまぶしい感じはありません。

いっぽうで、プロジェクターヘッドライトの方は、カットラインがはっきりしているので、ロービームがしっかり守られていれば対向車はまぶしくないのですが、ちょっとでも光軸がズレて上目になっていると、極めてまぶしい思いをさせられるのも事実です。

光軸調整は今まで以上に厳密にしていく必要があると思います。

小型化できるメリットが

プロジェクターヘッドライトのもう1つの特徴は、小型化できる点です。このヘッドライトにも反射板は使用されていますが、それはリフレクター式ほど大型ではありません。したがって、小ぢんまりしたスペースで作製可能で、前面のレンズも小さな丸あるいは横長の一本棒みたいなヘッドライトの形状でも十分な光量を得られます。

リフレクターヘッドライトの場合は、ライトの前面にはレンズはありません。あれはただのカバーです。照射する光はあくまでも大きな反射板の光を集めて前方に発出する方式です。

ヘッドライトの光軸がズレる原因にはどんなものがありますか?

2020.06.18

車検|ヘッドライトの検査はロービームで行われるのですか?

2020.06.18

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。