【保存版】走行用前照灯とすれ違い用前照灯|車検検査の保安基準

走行用前照灯・すれ違い用前照灯・保安基準




走行用前照灯とすれ違い用前照灯とは?

走行用前照灯とはハイビームのことです。また、すれ違い用前照灯とはロービームのことです。

いずれも道路運送車両法における正式名称であり、ハイビームとロービームは俗称です。

車検検査の保安基準

道路運送車両法の保安基準には、前照灯(走行用前照灯とすれ違い用前照灯)に関して次のような規定があります。

<走行用前照灯とすれ違い用前照灯に共通>

  • 色は白色のみ※平成17年12月31以前に登録された車は黄色も可
  • 左右同色・左右対称であること
  • 色温度は3,500ケルビンから6,000ケルビン程度※色の確認は検査官の目による主観評価
  • 位置・高さ:ヘッドライトのレンズ上部の高さが地面から120cm以下で、下部が50cm以上。レンズ部の端からボディ側面まで40mm以内に収まっていること
  • HIDも規定を満たしていれば問題なし

<走行用前照灯>

  • 光軸調整:夜間前方100メートル先の障害物を確認できること
  • 明るさ:2灯式では15,000カンデラ以上、4等式では12,000カンデラ以上

<すれ違い用前照灯>

  • 光軸調整:夜間前方40メートル先の障害物を確認できること。※平成27年9月1日の車検からロービームの光軸調整が基本となっています。しかし、ハイビームの検査ラインしかない検査場ではハイビームで検査しています

【90秒解説】車のハイビームとロービームの使い分け|道交法の規定は?

2020.06.17

【超丁寧解説】ハイビームアシストとは|オートマチックハイビームとは?

2019.04.13

【90秒解説】ヘッドライトassy交換|費用・工賃|光軸調整が必須です!

2020.05.25

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。