走行用前照灯とすれ違い用前照灯|車検検査の保安基準

走行用前照灯・すれ違い用前照灯・保安基準

走行用前照灯とすれ違い用前照灯とは?

走行用前照灯とはハイビームのことです。また、すれ違い用前照灯とはロービームのことです。

いずれも道路運送車両法における正式名称であり、ハイビームとロービームは俗称です。

車検検査の保安基準

道路運送車両法の保安基準には、前照灯(走行用前照灯とすれ違い用前照灯)に関して次のような規定があります。

<走行用前照灯とすれ違い用前照灯に共通>

  • 色は白色のみ※平成17年12月31以前に登録された車は黄色も可
  • 左右同色・左右対称であること
  • 色温度は3,500ケルビンから6,000ケルビン程度※色の確認は検査官の目による主観評価
  • 位置・高さ:ヘッドライトのレンズ上部の高さが地面から120cm以下で、下部が50cm以上。レンズ部の端からボディ側面まで40mm以内に収まっていること
  • HIDも規定を満たしていれば問題なし

<走行用前照灯>

  • 光軸調整:夜間前方100メートル先の障害物を確認できること
  • 明るさ:2灯式では15,000カンデラ以上、4等式では12,000カンデラ以上

<すれ違い用前照灯>

  • 光軸調整:夜間前方40メートル先の障害物を確認できること。※平成27年9月1日の車検からロービームの光軸調整が基本となっています。しかし、ハイビームの検査ラインしかない検査場ではハイビームで検査しています

車のハイビームとロービームの使い分け|道交法の規定は?

2020.06.17

ハイビームアシストとは|オートマチックハイビームとは?

2019.04.13

ヘッドライトassy交換|費用・工賃|光軸調整が必須です!

2020.05.25

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。