ドライブレコーダー|32GBの録画時間を教えて!

ドライブレコーダー・32GB・録画時間
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

ドライブレコーダー|32GBの録画時間を教えて!

280分(4時間40分)程度になると思います。

具体的な機種で見てみます

たとえばアマゾンでドライブレコーダーのページを開くと、いろんなドライブレコーダーが勢ぞろいしていますが、そのなかでセルスター CSD-500FHR/AMZが9,480円で掲載されています(2020年7月12日現在)。この機種で見ていきたいと思います。

セルスター CSD-500FHR/AMZの主なスペック

  • 200万画素(FULL HD時)
  • フレームレート30fps

この機種では、使用するmicroSDカードの容量により、録画時間は下記のように異なります。

なお、下記の「常時録画」とは通常の録画のことです。「イベント録画」とは事故で衝撃を検知した時に自動的に録画されるものです。つまり2系統のデータが記録されるということです。

※時間はフルHDの標準画質の場合の時間です。

常時録画 イベント録画
8GB 70分 20分
16GB 140分 40分
32GB 280分 80分
64GB 575分 160分

あなたがセルスターのこの機種を車に装着した場合で、32GBのマイクロSDカードを使用したら、常時録画で280分(4時間40分)の録画ができます。イベント録画で80分(1時間20分)の録画ができます。

なお、ドライブレコーダーに使用するSDカード(microSDカード)は、機種により推奨するGBがある程度限定されています。セルスターのこの機種では64GBまでが推奨されています。

また、言うまでもありませんが、画素数が多くなればそれだけ録画時間は短くなりますし、画素数が少なければ録画時間は長くなります。

ちなみに、上記セルスターの機種では、同じ200万画素でも「高画質」「標準」「低画質」と3つの画質クオリティーを選択できます。上の表は「標準」のものですが、32GBのカードで高画質にすると常時記録で235分、低画質にすると355分です。

画質のクオリティーを選択する基準は、前方の車のナンバープレートがちゃんと識別できること、LED信号の色がしっかり映ること、主にこの2点に気を付けてお選びください。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒SDカードのTLC/MLC/pSLC/SLCとは|見分け方

⇒⇒ドライブレコーダー|SDカードのフォーマット不要とは?

⇒⇒ドライブレコーダー SDカード 寿命|年数は何年?

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。