ゼブラゾーン(正式名称は導流帯)とは|事故の過失割合|駐車・停車は?|道路交通法の標識・標示

ゼブラゾーン・導流帯・走行・事故・過失割合・中央線・正式名称・停車・標識・道路交通法

画像:Wikipedia

ゼブラゾーンとは正式名所を導流帯(どうりゅうたい)と言います。

多くは右折レーンや左折レーンの手前にあって、文字通り交通の流れを導く働きをする道路標示です。

そういう役割のゾーンなので、駐車や停車は原則ダメです。

ゼブラゾーンでは接触事故がしばしば発生します。

ほとんどの場合右折レーンの手前で発生します。

つまり、右折レーンに入る場合に、ゼブラゾーンを踏みつけて入っていくドライバーと、ゼブラゾーンが切れた地点から入っていくドライバーがいて、この両者が接触するのです。

事故処理の際の過失割合はゼブラゾーンを踏みつけた側に不利に働くことが一般的です。

ゼブラゾーン(導流帯)は交通の流れを誘導する道路標示

シマウマ模様のゼブラゾーンは、正式名称を導流帯(どうりゅうたい)と言います。文字通り、交通の流れを誘導するための道路標示です。

様々なゼブラゾーンがあるものの、最も頻繁に出現するのは右折レーンの手前でしょう。

それまで片側2車線の道路に、交差点の手前で右折レーンが加わる場合、いきなり右折レーンが出てくるのではなく、いわば予告サインとしてゼブラゾーンがまず現れます。

一種の緩衝かんしょう地帯としての位置づけです。緩衝地帯なので、入っていいのか入ってはいけないのか、やや曖昧なゾーンでもあります。

道路交通法上の位置づけ

道路交通法の「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」の規定では、ゼブラゾーン(導流帯)は「車両の安全かつ円滑な走行を誘導する必要がある場所」の一つと定められています。

このように、ゼブラゾーン(導流帯)は「道路標示」のひとつなのですが、道路標示はさらに「規制標示」と「指示標示」に分類されていて、ゼブラゾーン(導流帯)は「指示標示」に当たります。

「規制」と「指示」の違いは、罰則の適用で扱いが分かれます。「規制標示」に反すれば罰則が適用されますが、「指示標示」には特に罰則が明記されていません。つまり、罰則に関して言えばゼブラゾーンはグレーゾーンになっています。

停車・駐車はOK?

右折レーンの手前にあるゼブラゾーン(導流帯)に停車したり駐車したりしたら明白に交通の流れを妨げます。取り締まりの対象になってもやむを得ないと思います。

しかし、ゼブラゾーン(導流帯)はそれ以外の場所にもあります。その際に、クルマを停車させたり駐車させたりした場合、即座に違反切符を切られることはないと思います。

そこは、その場の交通の状況により判断されることになります。しかし、停車や駐車を許可する標識がない以上、いつ取り締まりの対象になっても文句は言えないと思います。

あいまいな解説で恐縮ですが、取り締まりの現場もグレーゾーンになっているようです。

事故の過失割合

ゼブラゾーン(導流帯)が絡んだ事故で最も多いのは、右折レーン手前の接触事故です。

それまで片側2車線の道路に、交差点の手前で右折レーンが加わる場合、いきなり右折レーンが出てくるのではなく、いわば予告サインとしてゼブラゾーンがまず現れます。

その際、ドライバーによって判断が分かれます。ゼブラゾーンをまたいで右折レーンに入っていくドライバーと、ゼブラゾーンが切れてから右折レーンに入っていくドライバーです。

これはゼブラゾーン(導流帯)は走ってもいい、いや、走ってはいけない、という2つの認識の違いから発生する事故です。

交通裁判における過失割合の認定では、ゼブラゾーンを走行した側が不利になるケースが多いようです。

ご覧頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。