原付二種(125cc以下)は高速に乗れる?乗れない?

原付二種・125cc以下・高速に乗れる乗れない

排気量50cc超~125cc以下のバイクを原付二種と呼びますが、残念ながら、高速道路には乗れません。

高速に乗れるバイクは125cc超です。

つまり、126ccから、ということになります。

高速は全面的にダメ

高速は全面的にダメ

原付二種(50cc超~125cc以下)は原付(50cc以下)の交通法規のいくつかから開放されています。

制限速度30kmが60kmになりますし、2段階右折が不要になりますし、複数車線の道路ではどの車線を走ってもOKです。

多くの面で中型バイクや大型バイクと同等の交通法規が適用されますが、残念なことに、高速走行に関しては原付と同じ扱いです。

原付二種は高速を走れません。

自動車専用道路も走れないところが多い

高速道路ではないけれど、自動車専用道路というものがあります。

下記の標識がある道路です。

自動車専用道路の標識2

自動車専用道路の標識 画像:Wikipedia

たとえば、一般国道を走っていると、前方に高架が現れ、上の標識が目に飛び込んできたりします。

また、本来は市街地を走っていた国道が、渋滞を避けるためにバイパスを作り、そこが自動車専用道路になっていたりするケースがあります。

こうした道路は、四輪の自動車のみで二輪は全面的にダメなケース、二輪はOKだけれど125cc以下はダメなケース、二輪はOKだけれど50cc以下はダメなケース、と様々です。

こうした細かい区別がある場合は、上記標識の下に文字で注意書きがあります。

原付二種は近場の生活圏を走る限りは、中型バイクや大型バイクと同じ交通法規が適用されて、「一人前に扱われている」感じがして気分がいいものです。

しかし、ツーリングなどで生活圏を離れると、時々走れない道路に出くわし、「なんだ、やっぱりまだ半人前扱いかぁ」とガッカリすることがあるのも事実です。

とは言え、もしも高速に乗れたとしても、当然料金を支払わなければならず、距離がかさめば高速料金だけでけっこうな出費になります。

そうなると、せっかくお金のかからない原付二種に乗っているメリットが生かされません。

日本全国、高速道路や自動車専用道路を走らなくても楽しい道は山ほどあります。

そういう道路を発見するのも楽しみの一つなので、走れない道路があることを後ろ向きにとらえずに、逆にメリットととらえていただきたいと思います。

原付二種の魅力|免許・交通法規・維持費・保険・おすすめ車種

2019.11.13

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。(ラグビーワールドカップ期間中はドライブレコーダーの記事ばかり書いていました。)朝起きるとコンビニの菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はお米とおかずをしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。せっかく炭水化物をカットしているのにフルーツをよく食べます。みかん・デコポン・甘夏・いよかんなどの柑橘類が好きです。地元山梨産のもも・ぶどうも人からもらったときだけ食べます。寝る前にはウイスキーをストレートで飲みDLifeチャンネルの海外ドラマを見て寝ます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。 <※ついに「あおり運転」で免許取り消しに。警察庁が動きます。令和2年の通常国会に道路交通法改正案が提出される予定です!!(2019年11月7日朝日新聞)>