【海外の評価】アプリリア・RSV4 ファクトリー 1100(Aprilia RSV4 Factory 1100):海外メディア試乗レビュー・口コミ・評価:海外の評判を知りたい!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



【海外の評価】アプリリア・RSV4 ファクトリー 1100(Aprilia RSV4 Factory 1100):海外メディア試乗レビュー・口コミ・評価:海外の評判を知りたい!

アプリリア・RSV4 Factory 1100 : APRILIA

アプリリア・RSV4 ファクトリー 1100はバイク愛好家にとって注目すべき存在です。今回の記事では、海外メディアの試乗レビューや口コミ、そして評価を取り上げ、その評判を探ります。

RSV4 ファクトリー 1100が持つテクノロジーの一つであるAPRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)に焦点を当て、その他の技術仕様やスペック、価格情報を詳細に紐解きます。

本記事を読めば、RSV4 ファクトリー 1100のすべてが分かるような内容になっています。是非とも最後までご覧ください。

どんなバイク?

イタリアのバイクメーカーであるアプリリアが製造するスーパーバイクです。217馬力を発生させるV4エンジンと、カーボン製ウイングレットを装備しています。オーリンズ社と共同開発した最新の電子制御セミアクティブサスペンションも搭載されています。

レーシングマシンさながらのスリムなボディを持ち、身体にぴったりとフィットします。また、キャスター角、スイングアームピボット位置、エンジン搭載位置などの調整機構を備えています。

低中速トルクがあり、中速からの盛り上がり感があるから、市街地を走っていても楽しむことが出来ると評価されています。

電子制御マネジメント

APRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)の機能
  • AEM(アプリリア・エンジン・マップ)
  • AEB(アプリリア・エンジン・ブレーキ)
  • ATC(アプリリア・トラクション・コントロール)
  • AWC(アプリリア・ウィーリー・コントロール)
  • ALC(アプリリア・ローンチ・コントロール)
  • ACC(アプリリア・クルーズ・コントロール)
  • APT(アプリリア・ピットレーンスピードリミッター)
  • 6 種のライディングモード(Road 3 種・Track 3 種)

フレーム

  • アルミニウム製デュアルビームフレーム(ヘッドストックポジション及び角度調整、エンジンマウント高さ調整、スイングアームシャフト高さ調整機能付き)
  • Öhlins 製 Smart EC 2.0 電子制御ステアリングダンパー

フロントサスペンション

  • Smart EC 2.0 電子制御 Öhlins 製 NIX テレスコピックΦ43 mm チタンコーティング倒立フォーク
  • アルミ製ラジアルキャリパーマウント
  • スプリングプリロード
  • コンプレッション及びリバウンド調整機能
  • ホイールトラベル 125 ㎜

リヤサスペンション

  • ダブルブレースアルミ製スイングアーム Smart EC 2.0 電子制御 Öhlins製 TTX モノショックビギーバックタイプ
  • スプリングプリロード
  • コンプレッション及びリバウンド
  • ホイールベース調整機能
  • ホイールトラベル 115 ㎜

フロントブレーキ

  • 330 mm 軽量ステンレス製フローティングデュアルディスク
  • Brembo製 Stylema®モノブロック ラジアルマウント 30 mm 径 4 ピストンキャリパー
  • ラジアルポンプ

リヤブレーキ

  • 220 mm ディスク
  • Brembo 製 32 mm 径 2 ピストン フローティングキャリパー

ABS

  • ボッシュ製 9.1MP コーナリング ABS 3 マップ
  • RLM(リアホイールリフトアップ軽減システム)

スペック

アプリリア・RSV4 ファクトリー 1100のスペック(主要諸元)を以下にまとめました。

項目詳細
車名・型式アプリリア・RSV4 ファクトリー 1100
フレーム形式アルミニウム製デュアルビームフレーム
全長×全幅×全高2055mm × 735mm × 未記載
シート高845mm
エンジン種類4ストローク 水冷 65°V型 4気筒 DOHC 4バルブ
総排気量1099cc
最高出力217HP (159.6 kW) / 13,000rpm
最大トルク125Nm / 10,500rpm
燃料タンク容量17.9L
トランスミッション形式6速カセットタイプ
車両重量202kg

エンジンは4ストローク水冷65°V型4気筒DOHC4バルブを採用し、1099ccの排気量を持っています。最高出力は217HPで、最大トルクは125Nmとなっています。

フレームはアルミニウム製のデュアルビームフレームを採用しており、トランスミッションは6速カセットタイプを採用しています。

車両の全長は2055mm、全幅は735mmで、シート高は845mmとなっています。車両重量は202kgで、燃料タンクの容量は17.9Lとなっています。

価格

3,399,000円(税込)※2023年9月時点

6Gear Cutloe様のレビューから。英語の動画です。下記内容はレビュー動画のほんの一部に触れているものであり、全体を網羅したものではありません。

アプリリア・RSV4 ファクトリー 1100のレビューを以下にまとめました。

項目詳細
ハンドルの感触ハンドルの感触が良く、バイクがスムーズに操作できる。
エンジン音エンジン音が印象的で、ライオンや悪魔を思わせるような音がする。
乗り心地乗り心地が良く、豪華とさえ言える。座席が広く、体が圧迫されることなく、十分なスペースがある。
ミラーの使用感ミラーが小さく、実用性が低い。見た目は良いが、後方が見えにくい。
シフトの感触シフトチェンジがスムーズで、ショックをほとんど感じないほど。オートブリップ機能も評価されている。
加速感加速感が良く、速く走ることができる。
ブレーキの感触エンジンブレーキが強力である。

乗り心地の良さやハンドルの感触、エンジン音などが高く評価されています。シフトの感触もスムーズであると評されており、オートブリップ機能も評価されています。ただし、ミラーの使用感に関しては、見た目は良いものの実用性が低いとの評価がありました。

Victor Moto様のレビューから。英語の動画です。下記内容はレビュー動画のほんの一部に触れているものであり、全体を網羅したものではありません。

アプリリア・RSV4 ファクトリー 1100のレビューを以下にまとめました。

項目詳細
色合いマットブラックと赤のアクセントが特徴的で、2017年のRSV4 1000のデザインを彷彿とさせる。
ハンドルの感触Brembo 17 RCS Corsa quarta フロントブレーキマスターシリンダーに折りたたみレバーが付いており、フロントブレーキの性能が向上。
クラッチレバーRizomaの折りたたみ式で調整可能なクラッチレバーが装備されている。
エキゾーストSCプロジェクトのSC1Rカーボンファイバーエキゾーストは短く、見た目が良く、音もわずかに良いと感じられる。
サウンドRSV4のエキゾーストは良い音を出し、ストックエキゾーストでも良い音がする。

新しいフロントブレーキマスターシリンダーとクラッチレバーは、より良いブレーキ性能と調整可能なクラッチレバーを提供しています。

エキゾーストシステムに関しても、新しいSCプロジェクトのSC1Rカーボンファイバーエキゾーストは、見た目が良く、音もわずかに良いと評価されています。さらに、RSV4のエキゾーストはすべて非常に良い音を出すと述べられており、ストックエキゾーストでも満足のいくサウンドが得られるとのことです。

ライバル車とその特徴

アプリリア・RSV4 ファクトリー 1100のライバル車と特徴をまとめました。

車名特徴
Ducati Panigale V4 S軽量なボディと革新的なエアロダイナミクスを持ち合わせ、高速走行時の安定性を確保している。エレクトロニクスパッケージが充実しており、様々な走行モードを楽しむことが可能。

⇒⇒レビュー記事

BMW S1000RR力強いエンジンと高度なサスペンションシステムを持ち合わせ、高い走行性能を誇る。エルゴノミクスに優れた設計で、ライダーが快適に運転できる環境を提供。

⇒⇒レビュー記事

Yamaha YZF-R1YZF-R1は、ヤマハの最もスポーティなブランドであるYZF-Rシリーズのフラッグシップモデルです。ヤマハの技術、知識、経験が惜しみなく投入されており、ヤマハモーターサイクルを象徴するモデルとも言えます。

⇒⇒レビュー記事

Kawasaki Ninja ZX-10Rスポーツ走行に特化した設計。高出力エンジンと高性能なブレーキシステムで、アグレッシブな走行が可能。取り回しやすく、反応速度の速いハンドリングを実現している。

⇒⇒レビュー記事

どんな人におすすめ?

アプリリア・RSV4 ファクトリー 1100がおすすめの人物像をまとめました。

おすすめの人物理由
経験豊富なライダー高性能なエンジンと先進的な技術を十分に活用できる。サーキットでの走行など、技術を試す場を求める人に向いている。
テクノロジー愛好者最新のエレクトロニクスシステムが多く採用されており、テクノロジーの進歩を日々体感できる。
スポーツバイク愛好者スポーツバイク特有のデザインと性能を求める人に適している。スリリングな走行体験を求める人にもぴったり。
高品質なバイクを求める人アプリリアは品質に定評があり、長持ちするバイクを求める人におすすめ。

アプリリア・RSV4 ファクトリー 1100に興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないアプリリアの他の車種があるとしたら、それは何?

思わず目移りしてしまうかもしれないアプリリアの他の車種をまとめました。

車名特徴
アプリリア・Tuono V4 Factory 1100
  • アプリリアのフラッグシップスーパースポーツマシン「RSV4」をネイキッドモデルにした高性能なストリートバイクです。
  • ツインチューブフレームに搭載されたエンジンはVバンクが65度の水冷4気筒です。オーバースクエアの度合いが大きくボア・ストロークは81×52.3mmというショートストロークタイプです。
  • サーキット走行もこなす要求の厳しいライダーのために設計されたトゥオーノは、ハイパワーなV4エンジンにohlins製スマートEC 2.0セミアクティブサスペンションを標準装備。

⇒⇒レビュー記事

まとめ

本記事ではアプリリア・RSV4 ファクトリー 1100の様々な側面を深く探ってきました。海外メディアの評価から始め、その革新的な技術仕様、スペック、価格に関する詳細まで、幅広く取り扱いました。

いくつかのレビューを通じて実際の使用感や利点、欠点を紹介しました。ライバル車との比較や、誰に最適かという視点からもアプローチしてきました。

ディーラー訪問時に他にも目を引くアプリリアの車種にも触れました。この記事が、RSV4 ファクトリー 1100に関するあなたの理解を深める一助となれば幸いです。ご覧いただきありがとうございました。

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています