ジープ大解析:「買ってはいけない」を検証!

ジープ・ラングラー・アンリミテッド・後悔

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



こちらの記事も読まれています

ジープ大解析:「買ってはいけない」を検証!

ジープ・ラングラー・アンリミテッド・後悔

ラングラーアンリミテッド(画像:Wikipedia)

クライスラーが展開するジープブランドに関する評価は、人によって大きく異なります。本記事では、ジープの各モデルに対する否定的な意見と肯定的な意見をバランス良く紹介します。

ジープ全般、ジープ ラングラー、ジープ ラングラーアンリミテッド、ジープ ラングラーサハラ、ジープ レネゲード、ジープ コンパスといったモデルに焦点を当て、それぞれの特徴とユーザーの声を詳しく解析します。

この記事を通じて、ジープの魅力と課題点を理解し、購入を検討している方々に有益な情報を提供することを目指します。

「買ってはいけない」:否定的・ネガティブなレビューをご紹介

この記事のテーマは『ジープ大解析:「買ってはいけない」を検証!』です。

ジープに関する否定的・ネガティブなレビューをご案内します。これらのレビューのすべてが「ジープを買ってはいけない」という内容ではありません。しかし、不満点は人によって異なりますから、参考意見として受け止めていただきたいと思います。


ジープ全般

  • 故障が多いと感じる人がいる。特に駆動システムや電装部品のトラブルが頻繁に発生するとの意見がる。
  • 燃費が悪いと不満を持つ人もいる。
  • ジープは高級感があると言われるが、内装の質感が他の高級車に比べて劣ると感じる声もある。
  • 高速道路での走行時に風切り音やロードノイズが気になるという意見もある。
  • メンテナンスや修理の費用が高いと感じる人もいる。

 

  • 乗り心地が硬く、長距離ドライブや都市部での運転が不快に感じることがある。
  • 車高が高いため、乗り降りがしにくく、高齢者や子供にとっては不便。
  • 荷物の積み下ろしやラゲッジスペースの利用が大変で、実用性に難があると感じることがある。

 

  • エンジン警告灯が点灯する問題が多発しており、修理に高額な費用がかかる。
  • 電気系統の問題が多く、急に電源が落ちることがあり、運転中に不安定な状態になることがある。
  • リレーの故障が頻繁に発生し、信頼性に欠ける。
  • 純正ホイールに付いているセンサーが繰り返し問題を引き起こす。
  • 自動車ディーラーからの事前説明が不十分で、購入者はトラブルに対処する際に困難を経験することがある。

 

ラングラー

  • 多くの自動車保険会社で拒否された。最終的に特別に1年限定で契約することになった。
  • ルーフを開けた際、バルブが完全に閉じられず、大雨の後に雨漏りが発生。バルブを締め直しても改善せず、テープでルーフの隙間を補強した。
  • 正規輸入モデルでは助手席側のドアにモニターがついているが、並行輸入車にはモニターがないため、外付けのカメラとモニターを装備。しかし、雨漏りの影響で2ヶ月後にカメラが故障し、交換が必要となった。
  • エンジン警告ランプが点灯し、エンジンのトラブルが発生。
  • バッテリーの問題により、車が始動しづらくなった。
  • リレーの故障が発生し、電子システムに影響を与えた。
  • ホイールのセンサーに関するトラブルがあった

 

  • 燃費は悪くもなければ良くもない。
  • 無骨な作りで、タイヤも大きいため、実用車としてはオーバースペック。
  • 奥さんも使う場合、取り回しの良い車の方が良い。都会の駐車場では女性には厳しい。
  • 子供がいる家庭には不向きかも1
  • アメ車でインチ規格のため、整備が困難。

 

  • オフロード向きの車なので、乗り心地が犠牲になっている
  • 高速道路で長距離を移動するのには向かない
  • 故障しやすいと言われているのは1987年〜2006年に発売された初代のYJ型と二代目のTJ型で、故障率が現行型より高い
  • ブレーキの制動力の低下や異音の発生など、ブレーキ系統の不具合が多い
  • ABS警告灯が前触れなく点灯し、センサー系が動作しなくなる不具合
  • 突然バッテリーが上がるという不具合が発生
  • エアコンの故障があり、コンプレッサーの交換が必要になることがある
  • 電気系統のエラーやその他細かい不具合が多い

 

  • 荷室スペースが狭いと感じることがあり、大きな荷物や家族旅行の際には不便だと思うことがある。
  • 燃費があまり良くないため、ガソリン代が高くつくことがあり、経済的ではないと感じることがある。
  • ジープラングラーは高価な車種であるため、初期コストが高く、購入にはかなりの費用がかかることが難点。
  • 高速道路での走行時に風切り音やエンジンの騒音が気になり、快適な長距離ドライブが難しいことがある。

ラングラーアンリミテッド

  • 小回りが利かない
  • 燃費が悪く、リッター5km程度しか走らない
  • 高い自動車税
  • 乗り心地が最悪で、特にコーナーでふらつく
  • 荷室スペースが狭く、荷物があまり載せられない
  • 幅広すぎて山道向きではない

 

  • 燃費が一桁台で、燃費を重視する方には不向き
  • 自動車税が高く、特に排気量が大きいモデルでは税金が高額になる
  • 初回車検が20万円を超えることがあり、外車のため車検代が高い
  • 中古車の初期不良に注意が必要で、特にバッテリーやブレーキの効き具合、内外装の劣化部分、下回りの錆に注意が必要
  • 雨漏りする可能性があり、長年乗っていると隙間ができやすい
  • 運転がしにくい。フロント部分が長いため死角が多くなる
  • 道幅が狭い地域には不向きで、大きなボディサイズが問題になることがある
  • ディーラーが遠いと不便で、メンテナンスや修理が困難になることがある

ラングラーサハラ

  • 燃費が悪い。街中を短距離で走るとリッター平均6Km/L前後で、10kmを超えたことはない。
  • 後部座席が疲れる。自分が後部座席に座って中距離運転してもらった際、お尻が痛くて寝にくく、疲れた。
  • ラングラーは結構揺れる。初めて乗った人はびっくりするかもしれない。揺れに慣れるまで時間がかかる。

レネゲード

  • 故障が多いという声が多く、信頼性に不安を抱く人がいる。
  • ガソリン代が高くつき、燃費があまり良くないと感じる人もいる。
  • 後部座席が狭く、乗車時に快適さを欠いているという意見がある。
  • 車の大きさが予想以上で、運転が難しいと感じる人もいる。
  • トランスミッションに関して不満を抱く声がある。

 

  • ハイオク指定であるため、燃料コストが高くなる可能性がある。
  • インテリアがチープで、全体的な素材感がプラスチックっぽい。
  • デザインが古く、メーターパネルもデジタル化されていないため、1世代前の印象を受ける。
  • ラングラーと比較すると、レネゲードは劣等感を覚える可能性がある。

コンパス

  • 後席のリクライニング機構がないため、長時間のドライブでは同じ姿勢で耐えられないことがある。特に遠出やアウトドアをよくする人には不便かもしれない。
  • 燃費が想像以上に悪い。都心街乗りではリッター5kmを切ることもあり、高速ではリッター11km程度。燃費を気にする方には不向き。
  • カーナビの案内が不親切で、案内が大雑把で分かりづらい。運転席とカーナビの位置関係が悪く、ナビの位置が低すぎる。

 

以上のような評価が一定数見られます。これらはあくまでレビュアーの意見であり、必ずしもすべての指摘がファクトであるとは限りません。しかし、これらの意見はジープに関する様々な着眼点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

肯定的・ポジティブなレビューをご紹介

次に、ジープに関する肯定的・ポジティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


ジープ全般

  • ジープのオフロード性能は非常に高く、厳しい条件でも頼りになると評価されている。
  • カスタマイズオプションが豊富で、自分の好みに合わせて車をカスタムできることが魅力とされている。
  • ジープのデザインやコンセプトに共感し、憧れの車として購入した人が多い。
  • ジープは本格的な4WD車で、オフロード走行に優れている。どのモデルも共通してオフロードに強い。
  • 維持費用は高いが、しっかりメンテナンスすれば長く乗れる頑丈な車である。

 

  • ジープの車はカッコ良く、魅力的な外観を持っている。
  • 座席の快適さや内装の質感には満足している。
  • 車のカスタマイズや改造に興味がある人には適している。

ラングラー

  • ラングラーの特徴的なデザインは愛されており、個性的な車両を持ちたい人には好評だ。
  • 田舎の降雪地帯に住んでおり、無骨な作りが実用的。
  • 購入することによる後悔よりも、購入しないことによる後悔の方が大きいだろう。
  • 視野が高いため、運転時に周囲の景色を楽しむことができ、開放的なドライブが魅力的だと評価されている。
  • デザインや見た目が非常にカッコイイと言われ、通行人からの褒め言葉を多く受けることがある。
  • オンロードとオフロードの両方で優れた走行性能を発揮し、悪路でもスムーズに進むことができる。
  • リセールバリューが高く、中古車市場での需要があり、車を資産として持つにはおすすめ。
  • 唯一無二の車両で、見た目のカッコ良さが抜群。
  • ボタン1つでオープンできるスカイワンタッチが便利。
  • 所有欲を満たしてくれる。

ラングラーアンリミテッド

  • カッコいいと周りから評判が良い
  • オフロード走行が得意で、砂浜などでも進むことができる
  • デザインが最高にかっこいいと評価されている
  • 視野が高く、運転がしやすい

 

  • どんなに荒れた道でも走行できる優れた走破性
  • 納車後の満足度が高く、所有する喜びを感じることができる
  • リセールバリューが高く、中古車市場でも人気が高い

ラングラーサハラ

  • デザインが良い。正面のセブンスロットルグリルや後ろ姿が特にカッコいい。
  • 内装がカッコいい。コックピットのような内装で、8.4インチのタッチパネルやアップルカープレイが付いている。
  • スピーカーの音が良い。サブウーハー付きアルパイン製プレミアムスピーカーで、低音が効いてロックに合うサウンドを楽しめる。
  • 収納力がある。トランクの左右をうまく利用すれば、荷物はかなり載せられる。
  • 乗り降りしやすい。大きくてもステップがあるので、乗り降りはしやすい。

レネゲード

  • 独特のデザインが魅力的で、ジープの伝統とイタリアのエッセンスが組み合わさっていて、かわいいと評判です。
  • ジープの魅力はオフロード走行にも対応できることで、レネゲードもその点で期待通りの性能を発揮しているという声があります。
  • 高い車高と四駆システムが雪道や悪路でも安心感を提供してくれるとの評価があります。
  • 車内の質感や装備に満足しているユーザーが多く、快適なドライブを楽しんでいるという声があります。
  • 小回りが利きやすく、都会での運転にも向いているという意見があります。

 

  • 見た目やデザインが魅力的で、他の車と差別化できる。
  • ジープの歴史やブランドの重みを感じられるという満足感がある。
  • 新車購入の場合、3年間のメーカー保証がつくので安心感がある。
  • 故障が多いという口コミもあるが、実際には全ての車が故障するわけではなく、適切なメンテナンスで問題を回避できる。
  • 魅力的な車であり、購入前に注意点を把握しておけば後悔しない。
  • そもそも「ジープは故障が多い」という声の多くは、年式の古い中古のジープである場合が多い。古くなれば日本車でも故障する。

 

  • 運転が苦手な人にとって、レネゲードは取り回しが良く運転しやすい。
  • 維持費を安く抑えたい場合、レネゲードは経済的である。
  • コンパクトSUVとしての実用性が高く、オンロードでの走りも悪くない。
  • Jeepとしての雰囲気を重視する場合、独特の魅力がある。

コンパス

  • 他人と被らない迫力ある外観が高評価。エクステリア、特にフロントマスクに迫力があり、内装や装備も申し分ない。
  • 室内空間に余裕があり、車幅はそこまで大きくないにもかかわらず、室内は広々としている。パノラマルーフで解放感もあり。
  • エンジンがスポーティーで、7000回転までスムーズに回る。駐車場にも入りやすいサイズで、日本で使うにはジャストサイズ。運転がストレスフリー。
  • 燃費や維持費が高い点は考慮する必要があるが、その分、他人と被らないデザインや走行性能に優れている。
  • ジープコンパスは、特にアウトドアやスポーツを楽しむ方、荷物を多く積む方には適している。また、走行性能が良く、人とあまりかぶりたくない方にもおすすめ。

 

以上のような評価が一定数見られます。これらの意見はジープに関する様々な着眼点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

まとめ

『ジープ大解析:「買ってはいけない」を検証!』のテーマで解説してきました。

ジープに関する様々な意見を検証し、その魅力と課題を掘り下げました。ジープ全般から特定のモデルに至るまで、多様な視点からのレビューを紹介しました。

肯定的な意見は、ジープの耐久性やオフロード性能の高さを強調しています。一方で、否定的な意見は、燃費の悪さやメンテナンスの問題点を指摘しています。

これらの情報を総合することで、ジープの真の価値を理解する手助けになれば幸いです。ご覧いただきありがとうございました。

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています

彼女目線で選ぶ!彼氏に乗って欲しいSUV車ランキング厳選34車!

2023年12月23日

【ジャンル別】買ってよかった車ランキングを大発表!詳細解説付

2023年12月23日

50代女性におすすめのコンパクトカー:エレガンスと実用性を兼ね備えた最新モデル15選

2023年12月22日

女性が乗っているとかっこいい車:SUV・コンパクトカー・軽自動車

2023年12月20日

女性に人気のかっこいい車で安い国産車:普通車と軽自動車

2023年12月19日

壊れやすい軽自動車ランキング:壊れにくい軽自動車メーカーと車種を教えて!

2023年12月18日
編集後記

2024年1月20日。今日の自動車関連ニュースで注目すべきは、「くるまのニュース」に掲載された『ホンダが“新”「フィット」を発売! クラス超えた「上質内装」に黒でイメチェンの「BLACK STYLE」登場に評価の声!』という記事です。つまり、フィットのマイナーチェンジの話題です。上質な内装と新しい「BLACK STYLE」に対する評価が高く、ホンダの新しいデザイン方針と市場のニーズを反映している点が興味深いといった評が紹介されています。このような新しいモデルの登場は、自動車業界のトレンドや消費者の嗜好の変化を理解する上で重要な指標となります。確かに、クルマの各部を黒色で締めるのはトレンドかもしれませんね。

  1. ですが、ラングラーとラングラーアンリミテッドは、乗り降りは大変かもしれませんが、子供たちに大人気です。[]