ウラカンSTOの購入条件とランボルギーニの日本市場動向

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



ウラカンSTOの購入条件とランボルギーニの日本市場動向

ランボルギーニ・ウラカンSTO:ランボルギーニ

公道を走れるスーパーカーとして注目を集めている「ウラカンSTO」。本記事では、ウラカンSTOの購入条件にスポットをあてつつ、ランボルギーニが描く日本市場での動向について探ります。

ウラカンSTOの特徴

ウラカンSTOの特徴について詳しく解説します。

ウラカンSTOの名前の由来

『ウラカンSTO』は、V10ウラカンの最新モデルとして2020年11月に公開されました。車名のSTOとは「スーパー・トロフェオ・オモロガータ」の頭文字を取ったもので、公道走行が可能なスーパートロフェオを意味しています。

ウラカンSTOの魅力

ウラカンSTOはその名の通り、レーシングモデルの技術やノウハウをフィードバックしたモデルで、搭載する自然吸気のV10エンジンは、

 

  • 最高出力:640PS
  • 最大トルク:565Nm

 

610PSを8000回転で発生する超高速回転型です。軽量化のためにエンジンパネルの75%以上はカーボンファイバーで作られ、車両の乾燥重量はわずか1339kg

 

そのため、0-100km/h加速は3.0秒、0-200km/h加速9.0秒、最高速度310km/hを生み出します。まさに、サーキットで培われたテクノロジーが惜しみなく投入されており、その走行性能は究極の域に達しています。

レーシングカーのようなデザイン

ウラカンSTOのエクステリアは、ボンネット内側の空冷効率を向上させるためのエアスクープが、ルーフ後方に設けられています。また、サイドスカートやリアディフューザーが空気の流れをコントロールすることで、ダウンフォースを大幅に向上させています。

 

受けるダウンフォースは、280km/h走行時に420kg。ウラカンペルフォマンテに比べて53%もアップしています

 

このように最高の空力バランスを達成し、コーナリング性能の向上に大きく貢献する優れた一台です。

ウラカンSTOの購入条件

ウラカンSTOの新車価格は、4125万円~です。この価格は確かに高額な金額であり、安定した経済力が購入条件として求められます

 

「ランボルギーニのような高級スポーツカーは、一般ユーザーは買えない」といったイメージを持つ方もいるでしょう。しかし、ランボルギーニは特定の富裕層だけが手に入れられるのではなく、熱狂的なスポーツカー愛好家や成功を収めたビジネスパーソンなど、多様な背景を持つ人がランボルギーニを所有しています。

 

つまり、金銭面の条件を満たしていれば、誰でも手に入れるチャンスがあると言えるでしょう。

今後のランボルギーニの展望

ランボルギーニは、2023年で創立60周年を迎える重要な時期にあります。今後のランボルギーニの展望についてみていきましょう!

日本はランボルギーニにとって大きな市場のひとつ

2022年、ランボルギーニは過去最高の販売実績を記録し、9233台の車両を販売しています。売上高は前年比22%増の23.8億ユーロ(約3357億円)に達し、営業利益も6.14億ユーロ(約866億円)と25.8%の利益率を達成。

 

これは、ランボルギーニ史上最高の数字です。また、日本はランボルギーニにとって大きな市場であり、2022年の販売台数では世界で第5位に位置しています。

 

【ランボルギーニの国別販売台数】

1位:アメリカ「2721台」

2位:中国「1018台」

3位:ドイツ「808台」

4位:イギリス「650台」

5位:日本「546台」

 

日本の販売台数は前年比22%増となっており、ランボルギーニにとって重要な市場のひとつを示しています。

世界に2カ所目の常設ラウンジを日本に併設

ランボルギーニは、1年間でディーラー数を173から180へと拡大し、53の国々で販売に力を入れています。日本では、2022年10月に東京・六本木に常設ラウンジ「THE LOUNGE TOKYO」がオープン。

 

ラウンジには、ブランドの特徴でもある内外装のカスタマイズプログラム「アド・ペルソナム」専用スタジオが設置され、地上階では納車セレモニーができるスペースも。

 

ニューヨークに次ぐ世界で2つ目の常設ラウンジが新設されたことで、ランボルギーニが日本市場を重要視していることは明白です。

スペック

ウラカンSTOのスペックです。

項目詳細
ボディサイズ4547×1945×1220mm (全長×全幅×全高)
ホイールベース2620mm
乾燥重量1339kg
前後重量配分41:59
最高速度310km/h
0-100km/h加速3秒
0-200km/h加速9秒
100-0m制動30m
200-0m制動110m
フロントホイール8.5J×20インチ
フロントタイヤサイズ245/30R20
リアホイール11J×20インチ
リアタイヤサイズ305/30R20
装着タイヤブリヂストンPotenza Sport
ブレーキCCM-Rカーボンセラミックディスク
フロントブレーキサイズφ390×34mm
リアブレーキサイズφ360×28mm
フロントキャリパー6ピストンアルミ製
リアキャリパー4ピストンアルミ製
価格4,125万円~
最高出力640hp (470kW) @ 8000rpm
最大トルク565nm @ 6500rpm

ウラカンSTOは、公道も普通に走れる究極のレーシングカーと評されています。

Q&A:記事内容のおさらい

Q: ウラカンSTOの新車価格はどれくらいですか?

A: 新車価格は4125万円~です。

Q: ウラカンSTOの最高速度は?

A: 最高速度は310km/hです。

Q: ウラカンSTOのエンジンは何型ですか?

A: 自然吸気のV10エンジンが搭載されています。

Q: ウラカンSTOの車両の乾燥重量は?

A: 乾燥重量は1339kgです。

Q: ウラカンSTOの最高出力と最大トルクは?

A: 最高出力は640hp、最大トルクは565nmです。

Q: ウラカンSTOの購入に必要な条件は?

A: 安定した経済力が購入条件とされています。

Q: 日本はランボルギーニにとってどれくらい重要な市場ですか?

A: 日本は世界で第5位の販売台数を記録しており、重要な市場です。

Q: ランボルギーニの2022年の販売実績は?

A: 2022年には9233台の車両を販売し、売上高は前年比22%増の約3357億円です。

Q: ランボルギーニが日本で新しくオープンした施設は?

A: 東京六本木に「The Lounge Tokyo」という常設ラウンジがオープンしました。

Q: ウラカンSTOの特別なデザイン要素は?

A: エアスクープ、サイドスカート、リアディフューザーなどが空力性能を高めています。チーフデザイナーであるフィリッポ・ペリーニ(Filippo Perini)氏が日本の折り紙から着想を得てデザインした車です。

まとめ

ウラカンSTOの購入条件とランボルギーニの日本市場の動向について解説しました。ランボルギーニを手に入れるには、維持費や車両価格に見合う経済力が必要ですが、どんな方でも憧れのランボルギーニを手にすることは可能です。

 

また、近年、日本市場は大きなマーケットの位置づけとなっています。あなたの憧れのランボルギーニ、素敵な一台を手に入れるチャンスは今かもしれません。

ご覧いただきありがとうございます。

グレース泉
この記事は私グレース泉が執筆しました。数多くの転職経験を経て現在はWebライターに専念。「リサーチ9割、執筆1割」がモットー。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。40代、2児の母。

こちらの記事も読まれています