解説|こくみん共済coop(全労済)|他車運転危険補償(他車運転特約)

こくみん共済coop・全労済・他車運転特約・他車運転危険補償・レンタカー・代車・法人・バイク・二輪・原付・家族の車・会社の車

こくみん共済coop(全労済)のマイカー共済に加入すると他車運転危険補償(他車運転特約)が自動セットされます。

自動セットなので別途保険料を支払う必要はなく基本補償に最初から組み込まれています。

他車運転危険補償(他車運転特約)とは、「他人の車」を「臨時に」運転して事故を起こした場合に自分が加入しているマイカー共済から支払ってもらう、というものです。

たとえば、友人の車を借りた、車検の際に代車を借りた、レンタカーを借りた、こういったケースで事故を起こした場合、借りた車の保険を使うことができるのですが、それではトラブルになる恐れがある場合などに、自分が加入しているマイカー共済の補償を使える、というものです。

その際、「他人の車」に付いている保険を使うか自分のマイカー共済を使うかは任意で選択できます。

なお、こくみん共済coop(全労済)のマイカー共済は四輪の自動車だけでなく二輪バイクや原付バイクも加入できます。

そして二輪バイクと原付バイクの契約にも他車運転危険補償(他車運転特約)が自動セットされています。

ただし、二輪バイクで契約した場合に他車運転危険補償(他車運転特約)が使えるのは二輪バイクを借りて事故を起こした場合だけです。

同様に、原付バイクで契約した場合は原付バイクを借りて起こした事故だけが対象であり、当然、四輪の自動車で契約した場合は四輪の自動車を借りて事故を起こした場合のみこの特約が使えます。

保険選びは一括見積もりサイトで

こくみん共済coop(全労済):他車運転危険補償(他車運転特約)【早わかり

早わかり・こくみん共済coop・全労済・他車運転特約・他車運転危険補償・レンタカー・代車・法人・バイク・二輪・原付・家族の車・会社の車
こくみん共済coop(全労済):他車運転危険補償(他車運転特約)【早わかり
  • 常時使用するためでなくあくまでも臨時に他人の車を借りて事故を起こした場合、自分の車に付けているマイカー共済の補償を使うことができる、これが他車運転危険補償(他車運転特約)です。
  • 他車運転危険補償(他車運転特約)はこくみん共済coop(全労済)のマイカー共済に最初から自動セットされているので、別途保険料を支払う必要はありません。
  • 他人の車で事故を起こした際は、他人の車についている保険を使用するか、自分の車の他車運転危険補償(他車運転特約)を使用するか、いずれかを選択することができます。
  • また他人の車に任意保険が付いているいないにかかわらず他車運転危険補償(他車運転特約)は使えます。
  • つまり他人の車が無保険状態であっても他車運転危険補償(他車運転特約)が使えるということです。
  • 他車運転危険補償(他車運転特約)から支払われる保険金は、自分のマイカー共済の補償内容と同等の保険金となります。
  • 具体的には、「対人賠償」「対物賠償」「搭乗者傷害」「自損事故傷害」「車両損害」などから保険金が支払われます。
  • 自分のマイカー共済に「車両損害」が付いていない場合は車両損害は対象外になります。
  • 自分のマイカー共済の「車両損害」のタイプが一般補償なら一般補償に適合した事故に対して、エコノミーワイドならエコノミーワイドに適合した事故に対して、エコノミーならエコノミーに適合した事故に対して、それぞれ保険金が支払われます。
  • 他車運転危険補償(他車運転特約)で対象となるのは「走行中」の事故に限られ、駐車中・停車中に起こった事故は対象外になります。
  • 「走行中」の具体例として、踏切や信号で停車中の事故は「走行中」とみなされますが、高速のSAで食事している際に駐車中の車がぶつけられた事故は「走行中」とはみなされず対象外です。※なお、この事故は通常の車両補償では支払対象ですがこの特約では対象外になります
  • 他車運転危険補償(他車運転特約)は他人の車を臨時に借りている際の事故が対象なので、特に期限を定めず車を借りている状態で事故を起こした場合はこの特約の対象外になります。
  • 他車運転危険補償(他車運転特約)から保険金が支払われた場合、翌年度の等級・事故有期間は支払われた保険金の内容に応じて影響を受けます。
  • たとえば「対人」・「対物」・「車両の自損事故」などの場合は3等級ダウン・事故有期間3年となり、「台風等の自然災害による車両損害」などの場合は1等級ダウン・事故有期間1年となります。

こくみん共済coop(全労済):他車運転危険補償(他車運転特約)の被共済者(補償の対象になる人)

被共済者・こくみん共済coop・全労済・他車運転特約・他車運転危険補償・レンタカー・代車・法人・バイク・二輪・原付・家族の車・会社の車
こくみん共済coop(全労済):他車運転危険補償(他車運転特約)の被共済者
    • 記名被共済者
    • 記名被共済者の配偶者
    • 記名被共済者または配偶者の同居の親族
    • 記名被共済者または配偶者の別居の未婚の子

配偶者とは婚姻の相手方をいいますが、その際、婚姻の届け出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含みます。ただし、その場合、婚姻の届け出をしている配偶者がいる場合を除きます
未婚とは婚姻歴がないことをいいます。したがって現在独身でも過去に婚姻歴がある方は含まれません

たとえば、父・母・娘が同居する家族で、父の車にマイカー共済が付いている場合、父と母と娘のいずれかが臨時に他人の車を借りて事故を起こした場合に他車運転危険補償(他車運転特約)が使えます。

その際、大学生の息子(未婚)が別居中で、その息子が他人の車を臨時に借りて事故を起こした場合もこの特約(父のマイカー共済)が使えます。

上の例で、父の車のマイカー共済に「本人・配偶者限定」が付いている場合は上記説明とは事情が異なり、父と母が他人の車で事故を起こした場合にしか他車運転危険補償(他車運転特約)は使えません。娘や息子は対象外です。他車運転危険補償(他車運転特約)は自分のマイカー共済の運転者限定にしばられるので、この点はご注意ください。また年齢条件にも縛られます。つまり、他車運転危険補償(他車運転特約)は他人の車の保険内容に関係なく、というより、たとえ無保険であっても使える特約なのですが、その際、自分のマイカー共済の運転者限定・年齢条件は厳密に適用されるということです

こくみん共済coop(全労済):他車運転危険補償(他車運転特約)は個人の契約のみで法人は対象外

法人は対象外・こくみん共済coop・全労済・他車運転特約・他車運転危険補償・レンタカー・代車・法人・バイク・二輪・原付・家族の車・会社の車

そもそもこくみん共済coop(全労済)のマイカー共済は個人のみが対象です。

法人は対象外です。

法人契約は存在しないのですから、当然、他車運転危険補償(他車運転特約)が法人に適用されるケースなどありえません。

こくみん共済coop(全労済):他車運転危険補償(他車運転特約)の「他人の車」とは?

他人の車・こくみん共済coop・全労済・他車運転特約・他車運転危険補償・レンタカー・代車・法人・バイク・二輪・原付・家族の車・会社の車

このページで度々登場してきた「他人の車」の定義をいよいよする時がきました。

まず、「他人の車」とは次の車種である必要があります。

こくみん共済coop(全労済):「他人の車」~その①~
  1. 自家用普通乗用車
  2. 自家用小型乗用車
  3. 自家用軽四輪乗用車
  4. 自家用普通貨物車
  5. 自家用小型貨物車
  6. 自家用軽四輪貨物車
  7. 特種用途自動車(キャンピング車)
  8. 二輪バイク※二輪バイクで契約した場合
  9. 原付バイク※原付バイクで契約した場合

「他人の車」は上記車種である必要がありますが、自分のマイカー共済の契約車両も上記車種でなければなりません。

「他人の車」にはさらに次のような制限が付きます。

こくみん共済coop(全労済):「他人の車」~その②~
次の人が所有したり主に使用したりする車ではないこと。

  • 記名被共済者
  • 記名被共済者の配偶者
  • 記名被共済者または配偶者の同居の親族
  • 記名被共済者または配偶者の別居の未婚の子

たとえば、父・母・娘が同居している場合、父または母が娘の車を借りて事故を起こしても他車運転危険補償(他車運転特約)の対象外になるということです。

また、娘が父または母の車を借りて事故を起こした場合も対象外になります。

当然、父が母の車を借りて事故を起こした場合、母が父の車を借りて事故を起こした場合、いずれも対象外です。

さらにこの家族に別居の未婚の子がいて、その別居の未婚の子が車を所有している場合には、父・母・娘がその車を運転して事故を起こしたらこの特約の対象外になります。

その際、別居の未婚の子自身が自らの車を運転して事故を起こしてもこの特約の対象外になります。

こくみん共済coop(全労済):他車運転危険補償(他車運転特約):保険金をお支払いできない主な場合

保険金をお支払いできない主な場合・こくみん共済coop・全労済・他車運転特約・他車運転危険補償・レンタカー・代車・法人・バイク・二輪・原付・家族の車・会社の車

ここまでのご説明ですでに他車運転危険補償(他車運転特約)で保険金支払いの対象外になる事例をいくつかご案内していますが、その他「保険金をお支払いできない主な場合」は以下のとおりです。

こくみん共済coop(全労済):保険金をお支払いできない主な場合
  • 被共済者が役員となっている法人が所有する車を運転して事故を起こした場合
  • 自動車の修理・保管・給油・売買・洗車・運転代行・賃貸・陸送など自動車を取り扱う業務として受託した自動車を運転中に事故を起こした場合
  • 被共済者の使用者の業務のためにその使用者が所有する車を運転して事故を起こした場合
  • 他人の車を借りる際にその車の所有者の承諾を得ずに勝手に使用して事故を起こした場合
  • 借りた自動車を競技または曲技などに使用して事故を起こした場合
  • 借りた自動車を無免許運転・酒気帯び運転することで事故を起こした場合

こくみん共済coop(全労済):他車運転危険補償(他車運転特約)は自動セット

自動セット・こくみん共済coop・全労済・他車運転特約・他車運転危険補償・レンタカー・代車・法人・バイク・二輪・原付・家族の車・会社の車

他車運転危険補償(他車運転特約)とは、「他人の車」を借りて「臨時に」運転していて事故を起こした際、自分の車に付けているマイカー共済を使うことができる特約です。

借りた車に付いている保険を使うか、自分のマイカー共済を使うか、これは選択可能です。

どの保険会社にも言えることですが、他車運転危険補償(他車運転特約)はWEB画面で保険料の計算をする場合には出てきません。

また保険証券にも記載がないのが普通です。

しかしこくみん共済coop(全労済)の約款には記載されています。

こくみん共済coop(全労済)だけでなく、損保ジャパン・あいおいニッセイ・東京海上日動・三井住友海上といった大手代理店型をはじめ、ソニー損保・アクサダイレクトなど他の通販型でも約款にはしっかり記載されています。

他車運転特約:保険会社一覧表
会社名 名称
ソニー損保  他車運転危険補償特約(約款33ページ
おとなの自動車保険(セゾン)  他車運転特約(約款153ページ
アクサダイレクト  他車運転危険補償特約(約款153ページ
チューリッヒ  他車運転危険補償特約(約款59ページ※ネット専用自動車保険

他車運転危険補償特約(約款69ページ※スーパー自動車保険

イーデザイン損保  他車運転危険補償保険(約款21ページ
三井ダイレクト  他車運転危険補償特約(約款51ページ
SBI損保  他の自動車運転危険補償特約(約款39ページ
セコム損保  他車運転特約(約款73ページ
損保ジャパン日本興亜  他車運転特約(約款141ページ
東京海上日動  他車運転危険補償特約(約款156ページ
三井住友海上  他車運転特約(約款197ページ
あいおいニッセイ  他車運転補償特約(約款185ページ
楽天損保  他車運転危険補償特約(約款144ページ
こくみん共済coop(全労済)  他車運転危険補償(ご契約のしおり72ページ
JA共済(農協)  他車運転特則(ご契約のしおり26ページ

こくみん共済coop(全労済):他車運転危険補償(他車運転特約):あくまでも「他人の車」を「臨時に」運転中の事故です!

他人の車を臨時に運転中の事故・こくみん共済coop・全労済・他車運転特約・他車運転危険補償・レンタカー・代車・法人・バイク・二輪・原付・家族の車・会社の車

ごく普通のカーライフを送る際、わたしたちはけっこうマイカー以外の車を運転する機会があるものです。

  • 友達の車に数人が乗り合わせて遊びに出かけた際、帰りを友達の代わりに運転した
  • 事故で車を修理中に、自動車保険のレンタカー特約を使ってしばらくレンタカーで生活した
  • 普段乗れない高級車を1日だけレンタルして乗った(ヤナセのプレミアムレンタカーなど)
  • 車検に出したときの代車としてディーラーや整備工場の車を借りて乗った

上の数例は、いずれも「他人の車」を「臨時に」運転する事例です。

上記いずれのケースも他車運転危険補償(他車運転特約)が使えます。

つまり自分の車にこくみん共済coop(全労済)を付けていればその保険を使うことができます。

他車運転危険補償(他車運転特約)の詳細はすでにご案内しているので、ここではより実際的な解決法について見ていきたいと思います。

まず、ディーラーや整備工場の車、あるいはレンタカーなどの場合なら、そうした業者の了解を取った上で、その車に付けている任意保険を使えばいいと思います。

もっとも、最近は、

もし事故を起こしたら、お客さんの保険が使えますから

と事前に説明するディーラーや整備工場さんもいるようです。

ここで業者さんが言う「お客さんの保険」とは、まさにこのページのテーマである他車運転危険補償(他車運転特約)のことです。

しかしレンタカーの場合は、レンタカー会社は自動車保険への加入が義務付けられているので、通常、その保険を使うのが一般的です。

ただし、レンタカー会社が加入している自動車保険では補償内容が充分でない場合もあり、そういうケースでは自分の保険を使わざるを得ないケースもあるかもしれません。

また、トヨタなどが参入している月々定額で車借り放題というサブスクリプション(subscription)の場合は、任意保険の料金が含まれているのが一般的なので、事故の際はその保険から支払われます。

次に、友達の車を運転して事故を起こした場合ですが、当然友達も自動車保険に入っているでしょうから、まずは友達の保険を使うという方法が考えられます。

けれども、そのような選択をすると、その後の友達との人間関係は100%必ず絶対的に悪化します。※例外なく

友達の保険を使うと友達の保険は翌年度3等級ダウンし事故有期間3年が付き保険料が跳ね上がります。

仮に跳ね上がった分の保険料をこちらが負担したとしても、3つ落ちた等級と事故有期間3年はそのまま残るので、もしもその後に友達自身が事故で保険を使ったら、すでに3つ落ちている等級からさらに3つ下の等級に落ち(つまり6等級ダウン)、事故有期間もすでに3年が付いているところへさらに3年が加算されて6年になります。

このように、上がった保険料分を負担しても問題は解決しないのです。

だから絶対的に100%例外なく必ず友達との関係は悪化します。

水が高いところから低いところへ流れるように100%必ず例外なく関係は壊れます。

反対の立場になったときの自分の心の動きを想像すれば答えは明白です。

いいよ、いいよと気にしないように努めるものの、実際に実害があるのでモヤモヤした気持ちが晴れない袋小路のような心理状況に追い込まれるのです。

したがって、友達の車で事故を起こした場合に友達の保険を使うという選択肢は実質的に※※※※有り得ないものとなります

自分の車の他車運転危険補償(他車運転特約)を使う以外に方法はありません。

あるいは1日自動車保険ドライバー保険に加入する方法があります。

他車運転危険補償(他車運転特約)を使った場合、その事故内容に応じてダウンする等級や事故有期間が決まります。事故の内容が3等級ダウン事故なら翌年度3等級ダウンし事故有期間3年が付きます。事故の内容が1等級ダウン事故なら翌年度1等級ダウンし事故有期間1年が付きます。

以上がこくみん共済coop(全労済)の他車運転危険補償(他車運転特約)の内容です。

「他人の車」を「臨時に」運転して事故を起こした場合に自分が加入しているマイカー共済の補償が使える、これが他車運転危険補償(他車運転特約)です。

このページのテーマである他車運転特約はどの保険会社にも自動セットされています。内容もほぼ同じです。ですから他車運転特約の有る無しや優劣で自動車保険を選ぶわけにはいきません。やはり保険選びの決め手となる大きな要因は保険料になると思います。下記の一括見積もりサイトを利用すると複数の自動車保険の料金を横並びで比較できます。必要事項の入力は一度だけです。お時間が許すなら一度ご利用ください。

保険スクエアBang! インズウェブ
  • 利用者400万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社
  • 利用者900万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社

 

 


ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。(ラグビーワールドカップ期間中はドライブレコーダーの記事ばかり書いていました。)朝起きるとコンビニの菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はお米とおかずをしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。せっかく炭水化物をカットしているのにフルーツをよく食べます。みかん・デコポン・甘夏・いよかんなどの柑橘類が好きです。地元山梨産のもも・ぶどうも人からもらったときだけ食べます。寝る前にはウイスキーをストレートで飲みDLifeチャンネルの海外ドラマを見て寝ます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。 <※ついに「あおり運転」で免許取り消しに。警察庁が動きます。令和2年の通常国会に道路交通法改正案が提出される予定です!!(2019年11月7日朝日新聞)>