車両保険 全損 所有権|保険が下りたら所有権は会社に?

車両保険・全損・所有権・保険会社・引き取り・ローン

事故で車が「全損」の認定を受け、車両保険から支払いを受ける場合、車の所有権は保険会社に移ります。

したがって、保険契約者は車を自由に処分することはできません。

保険会社は車を引き取って業者に売却してお金に換えます。

ただし「経済的全損」で修理可能のケースでは保険金を受け取りつつ修理して乗ることはできます。

このページでは事故で「全損」になった際の車の所有権について詳しく解説しています。

しばらくお付き合いいただけると幸いです。

「全損」の事故⇒⇒車両保険から支払い⇒⇒所有権は保険会社に

「全損」の事故⇒⇒車両保険から支払い⇒⇒所有権は保険会社に・車両保険 全損 所有権|保険が下りたら所有権は会社に?

事故で車が修理不可能なほどの損傷を受け、保険会社から「全損」と認定され、車両保険から保険金の支払いを受けることになりました。

その際、車の所有権は保険会社に移ります。

もしも所有権が移らなければ、契約者が事故車を買取業者に売却してお金に換えることができてしまいます。

そうなると、保険金と売却益の両方を得ることになり、いわゆる2重取りをすることになります。

したがって、これはできません。

保険会社は事故車両を引き取って業者に売却し、たとえわずかでもお金を回収します。

そもそも保険会社が「全損」の事故で車両保険から支払いをする場合、事故車両の名義を保険会社に変更する手続きは業務マニュアルの中に組み込まれています。

「全損」となった事故車両の所有権は保険会社に移されます。

「経済的全損」のケース⇒⇒修理or保険金を選択できる

経済的全損・修理・保険金を選択できる・車両保険 全損 所有権|保険が下りたら所有権は会社に?

上のケースは同じ「全損」でも物理的全損のケースです。

つまり修理不能なほど車が損傷している場合の話です。

「全損」にはもう一つあります。

経済的全損と呼ばれるものです。

これは、修理可能だけれども修理費用が車の時価額を超えている状態のことを言います。

たとえば車両保険金額80万円で車両保険に加入しているケースで見てみます。

事故で車が大破したけれど、修理は可能な状態で、修理見積額は110万円と算定されました。

110万円は車の時価額(80万前後)を超えています。

この際、保険会社は事故車両を「全損(経済的全損)」と認定しました。

修理費用が時価額を超えているからです。

保険契約者の立場としては、この場合、2つの方法を選択できます。

  1. 車両保険から車両保険金額80万円を受け取り、車の所有権を保険会社に渡す
  2. 車両保険から車両保険金額80万円を受け取り、なおかつ車を修理して乗り続ける※修理費用の不足分は自腹で支払う

補足説明

補足説明・車両保険 全損 所有権|保険が下りたら所有権は会社に?

ここまで物理的全損と経済的全損の2つのケースをご説明してきました。

話の都合上省略していた点を補足説明として追加しておきます。

  • 2つのケースはいずれも「全損」の事故なので、免責金額が5万円とか10万円に設定されていたとしても、免責金額は適用されず、車両保険金額が満額支払われます。「全損」では免責金額は適用しないルールなので
  • 2つのケースのいずれも車両保険金額とは別枠で車両全損時臨時費用(会社により名称が異なる)が車両保険金額の5%~10%の幅で支払われます(10万円~20万円限度)。※車両保険に自動付帯している
  • 2つのケースのいずれも、車両新価特約(会社により名称が異なる)をオプションで付けている場合は、新車に買い換えることができます。
  • 2つ目のケースで、車両全損修理時特約(会社により名称が異なる)をオプションで付けている場合は、車両保険金額を超えて発生する修理代を50万円を限度に支払います。このケースでは車両保険金額80万円と修理代110万円との差額は30万円なので修理代の全額を保険から支払うことができます。なお、この特約は実際に車を修理した時にのみ支払われます。※この特約は保険始期の属する月が初度登録年月から25ヶ月超の車に付けることができます

自動車保険の車両新価特約とは?必要性とデメリットと保険料

2019.06.03

車両保険|全損と分損の違い|免責の扱い・支払い方法

2018.12.19

事故がきっかけで保険会社を乗り換える方は大勢いらっしゃいます。その際、一括見積もりサイトを利用すれば今の会社と他社でどれくらい金額が違うかを横並びで確認できます。同条件で比較した場合で今の会社より10,000円以上安いところがあったらチェックしておき、今の保険が満期になった際に継続するか乗り換えるかの判断材料にしてください。

保険スクエアBang!

  • 利用者400万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社
インズウェブ

  • 利用者900万人突破の自動車保険一括見積もりサイトです。
  • 入力は1度だけ。メールまたは郵送で見積もり結果がわかります(電話はかかってきません)。
  • 【参加保険会社】約20社。

 

 


ご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク



スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他車に関するお役立ち記事に取り組んでいます。朝起きると菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。柑橘類が好きで寝る前にはウイスキーをストレートで飲みます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。