美容室に行く前にやってはいけない「7つ」のこと

美容室・ダサい客・来るなサイン・美容師・可愛いと思う客




美容室に行く前にやってはいけない「7つ」のこと

明日美容室に行く予定になっている。

今日これから美容室に出かける。

こんな風にこれから美容室に行くという場合、何か事前にやっておくべきこと、逆にやってはいけないことがあるのでしょうか?

確かに、ごく「普通に」出かければいいのでしょうが、その「普通」ってどんなことか、このページで改めて確認していただけると幸いです。

やってはいけない7つのこと

美容室に行く前にやってはいけないこと①髪をガチガチにセットすること

身だしなみ程度に髪を整えるのはエチケットといえますが、ムースやワックス等をたっぷり使って、「これどう?」と言わんばかりにヘアーをキメて美容室に出かけるのは避けるべきです。施術の際に美容師さんに余計な手間暇をかけさせる結果になるだけです。※ただし、仕事帰りなどの場合は特に気にすることはないと思います。一言「仕事帰りなので」と伝えれば問題ないですよ

美容室に行く前にやってはいけないこと②ド派手なメークをする

これも身だしなみ程度のメークはいいのですが、この時とばかりに普段とは違ったメークでキメると、美容師さんはどうしてもそのメークに合わせたヘアースタイルに偏ります。もちろん、そうなることを見込んでやるのなら問題ありませんが。

美容室に行く前にやってはいけないこと③直前にシャンプーする

前の晩にシャンプーするのは身だしなみとして当然ですが、お店に行く直前にシャンプーすると、1日に2度3度シャンプーすることになり、髪を傷めるだけです。美容師さんもそこまでは望んでいないでしょう。

美容室に行く前にやってはいけないこと④白くて高価な服を着る

ある程度オシャレして出かけるのは美容師さんのモチベーションも上がっていいことです。でも、施術中には思わぬアクシデントが起こりがちで、白っぽくて高価な服だと、美容師さんも気を遣って気の毒です。

美容室に行く前にやってはいけないこと⑤巻き髪等のヘアアレンジをわざわざしない

仕事帰りならともかく、わざわざ巻き髪をしたり髪を結んだりして出かけるのは美容師さんに余計な手間を掛けさせることになります。仕上げのイメージを伝えたいのならスマホに画像を残しておけば済むことです。

美容室に行く前にやってはいけないこと⑥美容師さんはパーカーが大嫌い

首まわりにボリュームのある服は、カットにしてもシャンプーにしても施術の邪魔になります。パーカーなどはもってのほかです。

美容室に行く前にやってはいけないこと⑦髪型についてノープランで出かけない

髪型を「おまかせ」でやるのが悪いとは言いませんが、ある程度の好みを伝えないと、後でトラブルになります。最良の方法はスマホに入れた画像を見せることです。自分の画像でも芸能人の画像でもいいです。これが絶対的に最良の方法です

美容室では「一言」ですべてうまくいく

以上、美容室に行く前にやってはいけない「7つ」のことを解説しました。

でも、実際にはこれらを完璧に行えるケースは少ないかもしれません。

いろいろ用事が重なってもみくちゃの髪で美容室に出かける日もあるでしょう。

スケジュールの都合で、白っぽい高価な服のまま施術を受ける時もあるでしょう。

ただ、そういうケースでも、たった一言添えるだけで、状況は一変するものです。

「ヤボ用続きなもので、こんな髪でごめんなさい」

「パーティーが伸びて着替えもできなくてね。ほんとこんな格好でごめんなさい」

髪や服装がこんな状態で申し訳ないと「一言」伝えれば、その「一言」を美容師さんは自分を気遣う言葉として受け止めてくれるものです

そうなれば、すべてご破算です。

気持ちのモヤモヤは吹き飛びます。

大切な「お客様」として気持ちよく施術してもらえますよ。

人間って、そういうものだと思います。

美容師の「嫌な客ランキング・ベスト10」をご紹介

2022.08.05

美容室の席決めに意味ある?奥の席・窓際の席・いつも同じ席

2022.08.05

美容院ではカットのみの客は嫌がられるのですか?迷惑ですか?

2022.08.08

【プチ調査】美容室がダサい客に出す来るなサインとは?美容師が可愛いと思う客の特徴

2022.04.17

ご覧いただきありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。