【3分解説】中古車の修復歴は車検証に記載されている?確認書類は?

車・修復歴・車検証




車検証に「修復歴」は記載されません

中古車検索サイトなどで中古車選びをしていると、必ず「修復歴」の有無を記載した欄があります。

「修復歴あり」とあったら、その車の骨格部分に修理や交換があったという意味です。

しかし、この「修復歴」の記載は車検証の記載とは無関係です。

車検証はその辺のことには関知していません。

「修復歴」は販売書類に明記しなければならない

中古車販売店は、「修復歴」がある車を販売する場合は販売書類に「修復歴あり」と明記しなければなりません。

このことは、自動車公正取引協議会の「自動車公正競争規約」によって義務付けられています。

民法95条・民法96条

販売店が「修復歴」を明記しなければならないというのは、たとえば、その車が修復された結果としてなんら不具合がなく、通常の車と全く変わらない性能を有していた場合であっても、やはり明記する義務が生じます。

修復前と後で性能が変わったか変わらなかったかは重要ではなく、修復した事実が問題、ということです。

したがって、修復歴が表示されずにいたために、事実を知らないで契約した買主は、民法95条の錯誤無効を主張できますし、また販売店が修復歴を故意に隠していたときは、民法96条の詐欺取消を主張することができます。つまり、契約の無効を要求できるということです。

【超丁寧解説】事故車の定義|「修復歴あり」とはどんな車?事故にあった車でしょ?

2020.02.06

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。