ブローオフバルブは車検に対応する?どんな対策が有効か?

ブローオフバルブ・車検・対応・対策

ターボ車のチューンアップパーツとして知られるブローオフバルブですが、これは車検に通るのでしょうか?

何か対策をしないと車検に通らないのでしょうか?

そもそもブローアップバルブとはどんな働きをするものなのか?

詳しく解説しています。

そもそもブローオフバルブとは?

ブローオフバルブの働きは、ターボチャージャーのコンプレッサとスロットルバルブに発生する圧力を解放するバルブです。

純正のターボチャージャーにもこの働きをするパーツが付いていますが、純正品の場合は耐久性や扱いやすさに力点を置いて設計されています。

しかし、後付のチューンアップパーツとしてのブローオフバルブは、走行性能や走行フィールなどを向上させることを主眼に取り付け、環境への影響は考慮しないために、純正品と較べて環境に悪影響を及ぼす物質を発散します。

ターボチャージャー付のエンジンでは急速にスロットルを閉じてもターボチャージャーは慣性によって高速回転を続けるため、ターボチャージャーで圧縮された空気がスロットルに遮られて行き場を失ってしまいます。

その際、圧縮された空気はコンプレッサーの回転を阻害する方向に圧力を与えるためにコンプレッサブレードに大きな荷重がかかり、回転速度が低下して再加速時にスロットルレスポンスの悪化を招くことになります。

ブローオフバルブは、こうしたターボチャージャーを搭載したガソリンエンジンに特有の欠点を改善する装置です。また過給圧が、設計された許容範囲を超えた場合に圧力を解放してエンジンやターボチャージャーを保護する機能も併せ持っています。

車検に通るタイプと通らないタイプがある

ブローオフバルブは大別すると2つのタイプにわかれます。

大気開放式・ブローオフバルブ
  • 車検に通らない
  • 道路運送車両法第41条12項にある「ばい煙、悪臭のあるガス、有毒なガス等の発散防止装置」に抵触するため
  • ブローバイガス(有毒)が排出される
  • 一般的に競技専用車などで使用される
サクションリターンタイプ・ブローオフバルブ
  • 車検に通る
  • 圧縮空気をサクション側に戻し大気に戻さない方式

車検対応の製品を選ぶこと

ブローオフバルブを取り付ける場合は、目的がサーキット走行であるなら、車検に対応するかどうかは考慮する必要はなく、ひたすら性能向上を目指せばいいのですが、一般道も走行するのであれば、「車検対応」の製品を選ばなければなりません。

具体的には、圧縮空気を大気にリリースしないタイプ、つまりサクション側にリターンさせるタイプの製品を取り付けることです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。