ヘッドライトの殻割りでは温度は何度まで上げますか?

ヘッドライト・殻割り・温度

ヘッドライトの殻割りでは温度は何度まで上げますか?

殻割りとは、分解のことです。バルブ交換とかドレスアップなどでヘッドライトをいったんバラす必要がある場合、これを「ヘッドライトを殻割りする」と表現します。

この殻割りですが、ボディーからユニットごと取り外しても、そこですぐに分解できるわけではありません。方式によって違いがあるものの、ほとんどのヘッドライトは3つの部分が合体して1つのユニットとなっているので、殻割りでは3つのパーツに分解します。

  • ハウジング
  • インナー
  • レンズ

この3つです。このうち、ハウジングとレンズはぴたりと密着していて、あいだにブチルゴムという防湿・防塵を兼ねたパッキンが挟まれています。

殻割りでは、このブチルゴムの扱いが重要です。なぜなら、普段はネジによってきつく固定されているので、ブチルゴムはすっかり硬化していて、両側から挟み込んでいるハウジングとレンズとしっかりと固着してしまっているからです。

固着しているからこそ、防湿・防塵の役目を果たしているので、それはそれでいいことなのですが、しかし、分解する際には困ったことになります。ブチルゴムを暖めてあげないとパカッと分解できなくなるからです。

プロが殻割りする場合は、ヒートガン(工業用の強力ドライヤー)でブチルゴムを直接熱します。もちろん、ゴムが焼けたりレンズやハウジングが溶けないように、当てる時間などにプロの技があるのでわたしたち素人はマネしないほうがいいやり方です。

わたしたちが殻割りする場合は、ヘッドライトをユニットごと段ボール箱などに入れます。ここに家庭用のヘアドライヤーで温風を送って箱の内部を温めます。

ここで温度が問題になります。

50℃~60℃程度まで温めるのが目安と言われています。

もちろん、要はブチルゴムが柔らかくなって分解できればいいのですから、何度であろうと分解できた時の温度が最適な温度ということになります。

しかし、目安は50℃~60℃程度です。言い方を変えると、ブチルゴムの性質としてこの程度まで温めないと軟化しない、つまり、それまでは固い状態を保って防湿・防塵効果を発揮し続ける、ということでもあります。

ヘッドライトの殻割り・殻閉じの工賃は業者に頼むといくら?

2020.06.21

ヘッドライトに自作のイカリングを取り付ける際に注意すべきこと

2020.06.20

ヘッドライトassy交換|費用・工賃|光軸調整が必須です!

2020.05.25

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。