【50秒解説】イカリング装着車は査定額が落ちるって本当?

イカリング装着車は査定額が落ちるって本当?




イカリング装着車は査定額が落ちるって本当?

BMWのように純正品としてイカリングが付いている車は別です。もちろん査定額は落ちません。しかし、自作や社外品のイカリングを後付けしている車両の場合は、車を売却する際の査定額は落ちると思ったほうがいいです。

まず、確実に落ちると思います。なぜなら、改造車に分類されるからです。個人売買なら、「これ、かっこいい」と趣味・趣向を同じくする人から評価されれば、それなりの値段で売買できるかもしれません。しかし、業者がこうした車両を買い取る場合は、やはり一般のユーザーの受け止め方を考慮しますから、どうしても金額を絞り込んでの買取になるはずです。

ヘッドライトやスモールライト、あるいはフォグランプとしてイカリングを装着する場合は、売却時の査定は低くなることを承知の上でおやりになってください。

【要事前確認】車検|ヘッドライトのイカリングは車検に通る?個数・色・配線・フォグ・対策

2020.01.06

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。