【2021最新】エキマニ(エキゾーストマニホールド)|車検の基準|純正と社外品

エキゾーストマニホールド・エキマニ・車検・基準




画像:Wikipedia

エキマニ(エキゾーストマニホールド)とは、広い意味ではマフラーの一部です。

エンジンから排出される排気を最初に受け止めるパーツです。

ここで排気の流れを制御し、触媒を通し、エキゾーストパイプ、そしてマフラーにつながっていきます。

社外品のエキマニ(エキゾーストマニホールド)に交換した場合でも、排ガス基準と音量基準に適合すれば車検は通ります。

めったに故障はしない:カスタムで交換が多い

エキマニ(エキゾーストマニホールド)は鋳鉄製であったりステンレス製であったりしますが、いずれの場合もそうめったに穴が開いたり錆びたりするものではありません。

いや、多少のさびは表面に浮かぶかもしれませんが、穴が開くほどの劣化はめったにありません。

それでもエキマニ(エキゾーストマニホールド)の交換が話題になるのは、エンジンの出力を上げたり、見た目を派手にしたり、音質・音量を変えたりするためのカスタム目的が多いからです。

車検基準

マフラーに関する車検基準は、音量基準と排ガス基準の2種類です。

故障あるいはカスタムでエキマニ(エキゾーストマニホールド)を交換した場合、この2つの検査に合格すれば車検は通ります。

純正品はもちろんOKですが、社外品でも検査に合格すれば大丈夫です。

ただし、車検基準は時折改正されますので、エキマニ(エキゾーストマニホールド)を交換する場合は、ショップの人に車検対応か確認してください。

できれば、直近で交換実績のある品を選ぶと安心だと思います。

というのは、「車検対応」と記載されている品でも、いざ取り付けて車検を受けたら不合格、というケースが結構あるからです。

製品が古かったり、車検の基準が改正されていたり、理由はいろいろありますが、こうしたことがないようにショップの人からしっかりした情報を仕入れてから交換してください。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。