【2021最新】O2センサー(オキシジェンセンサー)|故障時の症状|交換時期・交換費用

o2センサー・交換時期・交換費用・故障・症状




画像:Wikipedia

車やバイクのエンジンでは、シリンダー内で燃焼したガスはエキゾーストマニホールドから排出され、触媒を通り、パイプを通り、そしてマフラーから外気に排出されます。

O2センサー(オキシジェンセンサー)とは、触媒のパイプ部分に取り付けられている測定器で、排気ガスの酸素濃度を測る役割を果たしています。

故障時の症状

O2センサー(オキシジェンセンサー)は排気ガス中の酸素濃度を測定し、その数値をECU(Electronic Control Unit)に送ります。

ECUでは、送られてきた数値を元に、エンジン内が理想的な燃焼濃度となるように燃料噴射装置に指令を送り、完全燃焼に近づくように絶えず監視を続けます。

したがって、O2センサー(オキシジェンセンサー)が故障した場合は、不完全燃焼時に見られる以下のような症状が発生します。

  • アイドリングが不整脈のように安定しない
  • マフラーから煤が出たり臭いが強くなったりする
  • エンストを起こしたりパワー不足になったりする
  • プラグに煤がたまって発火が安定しなくなる
  • 燃費性能が落ちる
  • 触媒が不純物により壊れる

交換時期

O2センサー(オキシジェンセンサー)の寿命は10年10万キロと言われていますが、もっと長持ちするものもあり、もっと早く壊れる場合もあります。

O2センサー(オキシジェンセンサー)が壊れるとインパネの警告灯が点灯します。また、前の項目のような様々な不調が出てきます。

ディーラーに持ち込めば、ダッシュボードの下にあるOBDボードにスキャンツールを差し込んで、トラブル箇所を調べてくれます。

そこで「O2センサー故障」が検出されたら、交換します。

【超丁寧解説】OBDとは|OBDとOBD2の違い|車載式故障診断装置|車検に導入

2019.11.29

車検

O2センサー(オキシジェンセンサー)が故障していると排気ガスが保安基準に適合しなくなるので車検が通りません。

交換費用

O2センサー(オキシジェンセンサー)は車種によって値段が異なりますが、センサー単体と工賃の総額で10,000円~20,000円が相場です。

DIYで取り付ける場合は工賃分が節約できるので、5,000円~15,000円ほどになります。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。(※)一部Webライターに依頼した記事がありますが、その場合は文頭と文末に署名があります。