JAFの料金は後払い可能ですか?現場で現金?カードは?

JAF・料金・後払い

JAFの料金は後払い可能ですか?現場で現金?カードは?

JAFの料金支払いは、

  1. その場で現金
  2. クレジットカードによる後払い

この2種類になります。

もちろん、JAFの会員で、会員料金が適用されるサービスであれば、料金は無料です。たとえばパンクやガス欠でロードサービスを呼んだ場合、会員であれば料金は無料です。

JAFの非会員で、パンクやガス欠でロードサービスを呼んだ場合は、その場で現金払いするか、クレジットカードで後払いということになります。

なお、使用できるクレジットカードは以下の通りです(2017年1月現在)。

1.JAFカード
2.MUFGカード
3.DCカード
4.セゾンカード
5.楽天KCカード
6.マスターカード
7.JCBカード
8.UCカード
9.三菱UFJニコス
10.ティーエスキュービックカード
11.アメリカン・エキスプレスカード
12.VISAカード
13.ダイナース
14.日産カード

その場で会員登録すれば無料になる?

たとえば、JAFの非会員の人がガス欠でJAFのロードサービスを呼び、サービスの提供を受けたその場で入会申し込みをした場合、会員料金が適用されて無料になるかと言うと、それはダメです。

会員料金が適用されるのは「次回」のサービス提供時です。最初は非会員の料金を支払わなければなりません。

下記の記事も参考にしていただけると幸いでございます。

⇒⇒JAFのパンク修理は無料?スペア交換でなく補修料金

⇒⇒東京海上日動のロードサービス(ロードアシスト)とJAFの違い

⇒⇒タイヤのバーストとは|原因と前兆|修理か交換か|低空気圧で事故|JAF・ロードサービス

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、9月ですね。雨ばかりの7月、うだるような8月が過ぎたら、今度は台風多発の月になりそうです。新型コロナもまだ収まっていません。そんな状況ですが、皆さんが当ブログを訪問していただき、記事を読んでくださることだけがわたしの生きがいです。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。