【早わかり】車のアクセル踏むと異音|ウィーンという音はどこから?

車・アクセル踏むと・異音・ウィーン
ハイシャル カーネクスト
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 廃車・事故車を0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自動車税が還付※軽自動車税は還付されません(還付制度そのものがないので)

車のアクセル踏むと異音|ウィーンという音はどこから?

発進時などにアクセルを踏み込むとウィーンという金属質の甲高い異音が発生することがあります。

必ず発生することもあれば、出たり出なかったりのこともあります。

しかし、アクセルを離すとそういう音はしないのです。

では、アクセルを踏み込んだ時のウィーンの原因は何なのでしょう?

オルタネーターが原因のケース

アクセルを踏み込んだ際に金属質の甲高いウィーンという音が出たら、それはベアリング関連の劣化が原因であるケースが多く、たとえば、電気を発電しているオルタネーターの内部にあるベアリングがウィーンを発していることがよくあります。※オルタネーターから発せられる異音には「キーン」というやはり金属質の甲高い音がするケースもあります。

なお、最近の車についているオルタネーター(ダイナモ)の寿命は大幅に伸びていて、20万キロくらいは使えるほど長寿命になっています。

しかし、ちょっと前のタイプだと10万キロ程度で劣化することもあります。

いずれにしても、もしもウィーンという異音が気になるレベルの音であり、アクセルを踏むたびに発生し続けるようであれば、オルタネーターを交換しなければ直らない可能性があります。

その場合、オルタネーターのベアリング部分だけ交換することは普通しません。

アッセンブリー交換(装置丸ごとの交換)になります。

オルタネーターの交換費用は、新品で50,000円~120,000円が相場で、リビルト品(rebuilt parts)だとパーツ代に関しては新品の半額程度になりますが、工賃は新品に交換する場合と変わらないので、やはりある程度の金額になります。

CVTが原因のケース

あるいは、オートマチック車で、中でも最近増えているCVTを搭載した車の場合、エンジン始動直後などはウィーンというモーター音が耳に付くことも多いようです。

ただし、この場合はミッションが温まってくれば音がしなくなるので、よほど耳障りなウィーンで、しかもいつまでも鳴り続けるようなケースでなければ、それほど気に掛けることはないと思います。

下記の記事も参考になさってください。

⇒⇒(広告)あなたの愛車は今いくら?:車を乗り替える際に今まで乗っていた車をディーラーなどで下取りに出すとあまりいい金額の査定にならないと思います。こういう時は車買取店の方が査定額が高くなるのが普通です。しかも1社で査定してもらうのでなく複数社で査定してもらって一番高いところに売却する。これだけで下取りと数万円の差額が出るはずです。

⇒⇒アクセル踏んでも動かない原因?:アクセルを踏み込んでも車が動き出さないというケース。この場合、車が全く動かない、動き出す気配さえない、ウンともスンともいわない、というケースもあれば、ある程度は動き出すけれど通常のように加速していかない、どこかギクシャクしている、といったケースもあります。

⇒⇒アクセルを踏むとカタカタ音:車を発進させる際にアクセルを踏み込んだり、あるいは低速から速度を上げるためにアクセルを踏み込むような場合にカタカタ音が発生することがあります。こうしたカタカタ音の原因の多くはノッキングと呼ばれる現象がほとんどです。

⇒⇒アクセル踏むと異音|キュルキュルはどこから?:とりわけ車を発進させるときにアクセルを踏むとキュルキュルという異音がエンジンルームから発生することがあります。一定のスピードで定速走行するときにはまずこの音はしません。あくまでもアクセルを踏み込んだ際に発生します。

⇒⇒車のアクセル踏むと異音|キーンと甲高い音:車の発進時などにアクセルを踏むとキーンという甲高い異音が発生することがあります。様々な原因が考えられるのですが、私がネットで調べた限りでは、オルタネーターの不良である可能性が最も高いようです。オルタネーターとはダイナモとも呼ばれるパーツで、発電機のことです。

⇒⇒車のハンドルを切ると異音が|キーとかキュッキュッ:車のハンドルを切るとキーとかキュッキュッといった異音がすることがあります。たいていちょっと切った時より深く切り込んだ時に発生します。たとえば、交差点で大きくハンドルを切った時などにキーという異音がして、その音がエンジンルームから聞こえてくるような場合は、おそらくパワステベルトの劣化です。

⇒⇒車のエアコンから異音|キュルキュル音の原因は何?:ベルトの張りが緩んでいる、ベルトに亀裂が入っている、ベルトが経年劣化で固くなっている、ベルトを支えるプーリーが劣化している、といったことが原因でキュルキュル音がします。そして、こうしたベルト類の中の1つがエアコンコンプレッサーベルトです。文字通りエアコンのコンプレッサーを作動させるためのベルトです。

⇒⇒タイヤの偏摩耗で異音:タイヤの偏摩耗とは、要するにトレッド面が均一に減らずにいずれかに偏った減り方をすることです。たとえば空気圧が高すぎるとタイヤの中央部分の減りが早くなりますし、空気圧が低すぎると両肩部分の減りが早くなります。

⇒⇒ミッションの異音|ウィーンの原因は?:ウィーンと唸るような音、あるいは甲高いリコーダーのような音、こうした異音がミッションから出てくることがあります。マニュアルトランスミッション(MT)でこうしたウィーンが出る場合は、ギアが欠けていたり、クラッチがすり減っていたりすると発生しやすいと思います。しかし、ウィーンが圧倒的に発生しやすいのはCVTです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。