【海外の評価】トライアンフ・ストリート・トリプル765(Triumph Street Triple 765):海外メディア試乗レビュー・口コミ・評価:海外の評判を知りたい!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



【海外の評価】トライアンフ・ストリート・トリプル765(Triumph Street Triple 765):海外メディア試乗レビュー・口コミ・評価:海外の評判を知りたい!

トライアンフ・ストリート・トリプル765 : Triumph

みなさん、こんにちは。今回は、注目のバイク、トライアンフ・ストリート・トリプル765についてご紹介いたします。

海外メディアの試乗レビューや口コミ、評価を通じて、このバイクの魅力に迫ってみましょう。2023年型Street Tripleは、新たなスタイルからパワフルなエンジン、そして精密なハンドリングの進化まで、さまざまな魅力を備えて登場しています。

さらに、先進テクノロジーやライダーエルゴノミクスの向上、インテークとエキゾーストシステムの進化など、その詳細も掘り下げてみましょう。記事を通じて、このバイクの特徴や海外の評価をご紹介します。

2023年型Street Triple

2023年型のストリート・トリプル765をご紹介します。新世代のパフォーマンスネイキッドスポーツの新しいベンチマークとなるバイクです。

新たなスタイルとエルゴノミクスの進化

2007年から一世を風靡してきたStreet Tripleに、さらに磨きがかかりました。

新しいスタイルは、今まで以上にエッジが効いており、改良されたエルゴノミクスによって、ライダーの快適性も向上しています。

パワフルなエンジン:Moto2™テクノロジーの導入

最新世代のStreet Tripleは、Moto2™レースエンジンプログラムからの直接的なフィードバックを活かしています。さらなるエンジンパフォーマンスが実現しました。

精密なハンドリングの進化

Street Tripleのハンドリングは、以前から高く評価されていましたが、新型ではさらに精密性が高まりました。特に、サスペンションとブレーキの大幅な改良が注目されます。

先進テクノロジーとライダーエルゴノミクス

ライダー本位のテクノロジーが随所に見られます。視覚、操作性の両面から、ライダーがより直感的にバイクを操ることができるよう工夫されています。

インテークとエキゾーストシステムの進化

Street Tripleの特徴でもある迫力のあるインテークサウンドはそのままに、エキゾーストシステムがスムーズになりました。これが相まって、新しいパワー、ハンドリング、楽しさのベンチマークが完成しています。

価格:3つのモデル

Triumphのストリート・トリプル765には3つのモデルがあります。以下、3モデルの価格をご案内します。

モデル名STREET TRIPLE 765 RSTREET TRIPLE 765 RSSTREET TRIPLE 765 MOTO2™ EDITION
メーカー希望小売価格¥1,195,000¥1,495,000¥1,895,000
Silver IceCarnival RedTriumph Racing Yellow

STREET TRIPLE 765 Rのスペック

ストリート・トリプル・765Rのスペックは下記の通りです。

項目仕様
タイプ水冷並列3気筒DOHC12バルブ
排気量765 cc
ボア78.0 mm
ストローク53.4 mm
圧縮比13.25:1
最高出力120PS (88.3kW) @ 11500rpm
最大トルク80Nm @ 9,500rpm
システムマルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射、電子制御スロットル
エグゾーストシステム“ステンレス製3 into 1ヘッダーシステム、ステンレス製ロータイプシングルサイドサイレンサー “
駆動方式Xリングチェーン
クラッチ湿式多板、スリップアシストクラッチ
トランスミッション6速
ハンドルを含む横幅792 mm
全高(ミラーを含まない)1047 mm
シート高826 mm
ホイールベース1402 mm
キャスターアングル23.7 º
トレール97.8 mm
燃料タンク容量15 L
車体重量189 kg

STREET TRIPLE 765 RSのスペック

ストリート・トリプル・765RSのスペックです。

項目仕様
タイプ水冷並列3気筒DOHC12バルブ
排気量765 cc
ボア78.0 mm
ストローク53.4 mm
圧縮比13.25:1
最高出力130PS (95.6kW) @ 12000rpm
最大トルク80Nm @ 9,500rpm
システムマルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射、電子制御スロットル
エグゾーストシステム“ステンレス製3 into 1ヘッダーシステム、ステンレス製ロータイプシングルサイドサイレンサー “
駆動方式Xリングチェーン
クラッチ湿式多板、スリップアシストクラッチ
トランスミッション6速
ハンドルを含む横幅792 mm
全高(ミラーを含まない)1064 mm
シート高836 mm
ホイールベース1399 mm
キャスターアングル23.2 º
トレール96.9 mm
燃料タンク容量15 L
車体重量188 kg

STREET TRIPLE 765 MOTO2™ EDITION

ストリート・トリプル・765・MOTO2TM EDITIONのスペックです。Street Triple史上最高のスペックです。

項目
タイプ水冷並列3気筒DOHC12バルブ
排気量765 cc
ボア78.0 mm
ストローク53.4 mm
圧縮比13.25:1
最高出力130PS (95.6kW) @ 12000rpm
最大トルク80Nm @ 9,500rpm
システムマルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射、電子制御スロットル
エグゾーストシステムステンレス製3 into 1ヘッダーシステム、ステンレス製ロータイプシングルサイレンサー
駆動方式Xリングチェーン
クラッチ湿式多板、スリップアシストクラッチ
トランスミッション6速
ハンドルを含む横幅765 mm
全高(ミラーを含まない)1051 mm
シート高839 mm
ホイールベース1397 mm
キャスターアングル23.0 º
トレール95.3 mm
燃料タンク容量15 L
車体重量188 kg

Motorcycle.com様のレビューから。英語の動画です。下記内容はレビュー動画のほんの一部に触れているものであり、全体を網羅したものではありません。

Triumph Street Triple 765のレビューを以下にまとめました。

※この動画も次の動画もそうですが、「765」を「セブン・シックス・ファイブ」と読んでいますね。

項目詳細
乗り心地道路の凹凸にも柔軟に対応するサスペンションがあり、快適な乗り心地。
走行感覚エンジンの出力がスムーズで、特に高速道路での加速が印象的。
ハンドルの感触ハンドルが12mm広がり、操作性が向上。車体が素早く反応し、曲がりやすい。
シフト感アップ&ダウンのクイックシフターがスムーズで、高いRPMでも問題なく操作できる。
ブレーキとりわけRSモデルのブレーキは高い即応性があり、安全かつ効果的な制動が可能。

このレビューによれば、Triumph Street Triple 765は乗り心地、走行感覚、ハンドルの感触において高い評価を受けています。特にRSモデルは、ブレーキとシフト感が優れているとのことです。このバイクは、道路状況に応じて柔軟に対応でき、高速走行でも安定したパフォーマンスを発揮することができるようです。

Chaseontwowheels様のレビューから。英語の動画です。下記内容はレビュー動画のほんの一部に触れているものであり、全体を網羅したものではありません。

Triumph Street Triple 765 RSのレビューを以下にまとめました。

項目詳細
走行感覚低速で楽しい。高速で風の影響を受けるため、無謀な速度は出しにくい。
ハンドルの感触軽量で、バイクを傾けるのが容易。
操作性メニューが直感的で、多くの設定が可能。
デザイン黄色の塗装が特に美しい。
ミラーの振動高速でミラーが振動し、後方が見えにくくなる。
総評スポーツバイクの感覚を持つネイキッドバイクとして高評価。

乗り心地と走行感覚に優れており、スポーツバイクのような感覚で楽しめるネイキッドバイクとして評価されています。デザインも高く評価されており、特に黄色の塗装が美しいとされています。ただし、高速でのミラーの振動が指摘されています。

ライバル車とその特徴

トライアンフ・ストリート・トリプル765のライバル車と特徴をまとめました。

車名特徴
Yamaha MT-09軽量かつコンパクトな設計で、アグレッシブな運転性能を発揮。

⇒⇒レビュー記事

Kawasaki Z900レスポンシブなハンドリングと平均的な乗り心地でバランスが取れている。

⇒⇒レビュー記事

Ducati Monsterイタリア製でスタイリッシュなデザイン。高級感があり、パワフルな加速を楽しめる。

⇒⇒レビュー記事

BMW F900R豪華な内装と先進的な安全技術を組み合わせ、高級路線を追求。
KTM 890 Duke Rアグレッシブなデザインとライトウェイトな構造。スポーツ志向のパフォーマンス。

⇒⇒レビュー記事

各ライバル車は独自の強みと特色を持っています。Yamaha MT-09は軽量性が魅力で、Kawasaki Z900はバランスの良い性能で知られています。Ducati Monsterはデザインと高級感、BMWは高級感と安全性、KTMはスポーツ指向が強いです。

どんな人におすすめ?

トライアンフ・ストリート・トリプル765がおすすめの人物像をまとめました。

おすすめの人物理由
スポーツバイク愛好者高い動力性能と軽快なハンドリングで、スポーツ走行が楽しめる。
長距離ツーリング好き良好な乗り心地と疲れにくい設計で、長時間の運転にも適している。
技術者やメカニック高度なカスタマイズが可能で、技術的な興味を持つ人に適している。
スタイル重視のライダー独特なデザインと高級感があり、見た目にもこだわる人に合う。
先進技術に興味がある人先進の電子制御システムや安全装備が充実している。

各ターゲット層には特定の理由でこのバイクが適しています。スポーツバイク愛好者は動力性能、長距離ツーリング好きは乗り心地、技術者やメカニックはカスタマイズ可能性、スタイル重視のライダーはデザイン、先進技術に興味がある人は高度な電子制御と安全装備で満足できるでしょう。

トライアンフ・ストリート・トリプル765に興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないトライアンフの他の車種があるとしたら、それは何?

トライアンフ・ストリート・トリプル765に興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないTriumphの他の車種をまとめました。

車名特徴
Triumph Bonneville T120クラシックなデザインと現代的な機能性を融合。
Triumph Tiger 900アドベンチャーバイクであり、オフロード走行にも強い。かなりカッコいいバイク。
Triumph Rocket 3大排気量とトルクが特徴で、力強い走りが楽しめる。2500cc。まさに超弩級。

Triumphのラインアップは多岐にわたり、様々なニーズや興味に応えることができます。クラシックからアドベンチャー、大排気量まで、幅広い選択肢があるため、ディーラーで目移りする可能性が高いです。

【Q&A】:記事内容のおさらい

Q1: トライアンフ・ストリート・トリプル765の新しいスタイルとは何か?

A1: 新しいスタイルはエッジが効いており、改良されたエルゴノミクスによって、ライダーの快適性も向上しています。

Q2: Moto2™テクノロジーの導入の影響は?

A2: Moto2™レースエンジンプログラムからのフィードバックを活かし、さらなるエンジンパフォーマンス向上が実現しています。

Q3: 先進テクノロジーとライダーエルゴノミクスについて説明してください。

A3: 視覚、操作性の両面から、ライダーがより直感的にバイクを操ることができるよう工夫されています。

Q4: 価格はどれくらいですか?

A4: 3つのモデルがあり、価格は¥1,195,000から¥1,895,000までです。

Q5: スペックにはどのような特徴がありますか?

A5: 水冷並列3気筒DOHC12バルブ、排気量765 cc、最高出力130PSなどがあります。

Q6: 海外レビューで特に評価された点は?

A6: 乗り心地、走行感覚、ハンドルの感触において高い評価を受けています。感性評価が高いバイクです。

Q7: ライバル車との比較ではどうでしょうか?

A7: Yamaha MT-09は軽量性、Kawasaki Z900はバランスの良さ、Ducati Monsterはデザインと高級感が強調されています。

Q8: どんな人におすすめですか?

A8: スポーツバイク愛好者、長距離ツーリング好き、技術者やメカニック、スタイル重視のライダーにおすすめです。

Q9: このバイクの弱点は?

A9: 一例として、高速でのミラーの振動が指摘されています。

Q10: トライアンフの他の車種と比較してどうでしょうか?

A10: Triumph Bonneville T120はクラシックなデザイン、Triumph Tiger 900はオフロード走行に強いなど、多岐にわたる選択肢があります。選択肢はありますが、予算の都合で、選択肢は狭くなるでしょう。

まとめ

トライアンフ・ストリート・トリプル765は、2023年型Street Tripleシリーズとして新たなスタイルとエルゴノミクスの進化、Moto2™テクノロジーの導入によるパワフルなエンジン、精密なハンドリングの進化など、多くの魅力を持つバイクとして登場しました。

先進テクノロジーやライダーエルゴノミクスの向上により、快適なライディング体験が提供される一方で、インテークとエキゾーストシステムの進化により、高いパフォーマンスも実現しています。

価格設定も3つのモデルで展開され、それぞれ異なるスペックを楽しむことが可能です。

海外メディアの試乗レビューや口コミからも高い評価を受けており、ライバル車との比較でもその優位性が際立っています。バイク愛好者やスポーツバイク志向のライダーにおすすめのモデルと言えるでしょう。

感性評価の高いトライアンフ・ストリート・トリプル765に興味を持った方は、ぜひディーラーを訪れてその魅力を探求してみてはいかがでしょうか。また、トライアンフの他の車種とも比較検討して、自身に最適なバイク選びを楽しんでください。

ご覧いただきありがとうございました。

トライアンフのバイクは故障が多く維持費がかかるから買うと後悔するなんてウソです!!

2023.09.06
Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています