ティグアン大解析:「買って後悔する?」を重点的に検証!

ティグアン・後悔

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



こちらの記事も読まれています

ティグアン大解析:「買って後悔する?」を重点的に検証!

ティグアン・後悔

ティグアン

ティグアンは多くの人々に選ばれる人気のSUVですが、実際のところ、購入後に後悔することはあるのでしょうか?

この記事では、ティグアンの内装、故障と修理の問題、価格とコストパフォーマンス、乗り心地と安定性、燃費とカーゴスペース、エンジンの評価という6つの観点から、ティグアンの魅力と懸念点を深掘りします。

否定的なレビューと肯定的なレビューの両方をバランス良く取り上げ、購入を検討している方々に役立つ情報を提供します。

ティグアンに関する総合的な分析を通じて、あなたのカーライフに最適な選択ができるようにサポートします。

否定的・ネガティブなレビューをご紹介

この記事のテーマは『ティグアン大解析:「買って後悔する?」を重点的に検証!』です。

検証するには材料が必要です。

まず、ティグアンに関する評価が辛口なレビューをご案内します。


  • 内装が安っぽく、プラスチックの部品が多く、価格に比べて高級感が不足している。
  • 故障が多い車種で、特にDSGトランスミッション 1の故障や窓の落下、エアコンの不具合などの不安がある。
  • 故障の修理が難しく、部品の入手に時間がかかることがあり、修理を断られることもある。
  • 乗り心地が硬く、悪路や段差を走行する際に不快な振動や突き上げを感じる。

 

  • 価格が高すぎる
  • 内装はエクステリアほどの高級感はない
  • 燃費が悪い

 

  • 割高な価格: ティグアンの価格は他の同クラスの国産SUVに比べて高く、購入時に高いコストがかかります。
  • 故障時の不便さ: 輸入車は故障率が高く、ディーラー数が少ないため、故障時に修理や部品取り寄せに時間がかかることがあり、ユーザーにとって不便な要因となり得ます。

 

  • メンテナンスや修理の際に部品が高価で、維持費がかさむ。
  • インテリアは高級感があるが、一部のプラスチック部品が安っぽいと感じる人もいる。
  • カーゴスペースが他のSUVに比べて狭いという声がある。

 

  • インテリアカラーの選択肢が限られており、ミドルトーンのグレー系に統一されているため、多様性に欠けると感じるユーザーもいる。
  • センターコンソール両脇のハードプラスチックが膝に当たって不快と感じる人もいる。
  • 価格帯が500万円前後と高価で、ゴルフの卒業生には手が届きにくい。
  • 良い点はあるものの、特に目立つ面白みやスポーティさは感じられないという意見もある。

 

  • 燃費が他のコンパクトSUVに比べてあまり良くないという意見があります。
  • カーゴスペースは少し狭いと感じる人もいて、大きな荷物を積むのが難しいことがあります。
  • 車高が高いため、高速道路での安定性があまり良くないと感じることがある。

 

  • マイナーチェンジ後のモデルから2.0Lディーゼルターボがラインナップされていない点が不満。
  • 1.5Lガソリンエンジンは小さい排気量でも、非力さを感じさせないものの、ディーゼルエンジンの力強さには及ばない。
  • ガソリン車の「コンフォートライン」は中古車市場で少ないため、選択肢が限られる。
  • 一部の便利装備や快適装備が、モデルやグレードによって異なるため、装備についての統一感が欠ける。

 

以上のような評価が一定数見られます。これらはあくまでレビュアーの意見であり、必ずしもすべての指摘がファクトであるとは限りません。しかし、これらの意見はティグアンに関する様々な着眼点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

「買って後悔する?」を分類し解析しました

ティグアンのレビュー内容から以下のような要点が分析できます:

1. 内装の評価:

  • 内装が安っぽく、プラスチックの部品が多く、価格に比べて高級感が不足しているとの意見が多い。
  • インテリアカラーの選択肢が限られており、多様性に欠けるとの指摘もある。

2. 故障と修理の問題:

  • ティグアンは故障が多く、特にDSGトランスミッションの故障や窓の落下、エアコンの不具合などの不安があると報告されています。
  • 故障の修理が難しく、部品の入手に時間がかかり、修理を断られることもあるとの不便さが指摘されています。

3. 価格とコストパフォーマンス:

  • ティグアンは価格が高く、他の同クラスの国産SUVに比べて割高と感じるユーザーがいます。
  • メンテナンスや修理の際に部品が高価で、維持費がかさむとの意見があります。
  • 一方で、インテリアは高級感があるという評価もありますが、価格に見合ったコストパフォーマンスに疑念を抱く声もあります。

4. 乗り心地と安定性:

  • 乗り心地が硬く、悪路や段差を走行する際に不快な振動や突き上げを感じるとの指摘があります。
  • 車高が高いため、高速道路での安定性があまり良くないと感じることがあると報告されています。

5. 燃費とカーゴスペース:

  • 燃費が悪いとの評価があります。
  • カーゴスペースが他のSUVに比べて狭いという声がある。

6. エンジンの評価:

  • ガソリンエンジンに関しては、小さい排気量でも非力さを感じさせないが、ディーゼルエンジンには及ばないとの評価があります。

 

これらの意見はティグアンに関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

なお、これらの意見はあくまでも他人の評価に過ぎません。車は、自分で見て・触って・乗ってみて初めて「自分はどう感じるか」がわかる商品です。

そういう意味で、新車でも中古車でも、現物をよく観察し、試乗し、身体で感じ取ってから購入の是非をご判断いただきたいと思います。

肯定的・ポジティブなレビューをご紹介

次に、ティグアンに関する肯定的・ポジティブなレビューをご案内します。


  • 自動車税が安く、1,497ccの排気量にもかかわらず、出足が早く走行性能は高い。
  • エクステリアデザインがスタイリッシュで高級感があり、街乗りでオシャレさを感じることができる。
  • ライバル車と比較して他人と被る可能性が低いため、個性的な車を求める人に向いている。

 

  • ティグアンは運転が楽しいと評価されており、小型SUVとしての走行性能に満足している声が多いです。また、実燃費も比較的良いとされています。

 

  • 外観はかっこいい
  • 視点が高く、運転がしやすい
  • 素晴らしいハンドリング性能

 

  • 運転しやすいサイズ: ティグアンは日本の道路でも取り回しのしやすいコンパクトなサイズで、都市部での運転に向いています。
  • デザインの個性: ティグアンは他の一般的なSUVとは異なるユニークなデザインを持ち、他の車と被りにくい点が魅力です。
  • ハイパワーモデルの提供: ティグアンRというハイパワーモデルがあり、320psのエンジンを搭載しており、スポーティな走りを楽しむことができます。

 

  • ティグアンは高速道路での安定感があり、快適な長距離ドライブに向いている。
  • 走行性能やハンドリングが良く、運転が楽しいという評価が多い。
  • 内装は高品質で、シートやダッシュボードの質感が高いと好評。
  • 安全性能が高く、豊富な安全装備が搭載されている。

 

  • マイチェン後のVWティグアンは、ハッチバックと比べても安定感があり、魅力的なコンパクトSUVとして存在感を示している。
  • 新世代ガソリンエンジンを搭載しており、コンパクトSUVにふさわしいパワートレインを持っている。
  • インテリアは最新のテクノロジーが充実しており、デジタル的な使い勝手が非常に高い。特にeSIM通信モジュールとオンラインサービスが便利。
  • ティグアン専用のオーディオシステムは、ハーマン・カードン製のスピーカーとサブウーファーを搭載し、サウンド面で高評価。
  • 車内は座り心地から視界、レイアウトまで、心地よい距離感と整然としたデザインがあり、ドイツ車らしい機能的な快適さを提供している。
  • パワートレインとシャシーの組み合わせが良く、1500rpmからトルクを発揮するエンジンと7速DSGトランスミッションは優れたドライビング体験を提供。
  • ドライバーアシストシステム(ADAS)も進化し、トラベルアシストを含む高度な機能が搭載され、ステアリングの操作感も改善された。

 

  • 2Lディーゼルターボの「Rライン」は力強く、4WDを求めるユーザーには最適。
  • 前期型のディーゼルモデルは、オンロードでもオフロードでも頼りになる走行性能を提供している。

 

以上のような評価が一定数見られます。これらの意見はティグアンに関する様々な着眼点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

まとめ

『ティグアン大解析:「買って後悔する?」を重点的に検証!』のテーマで解説してきました。

ティグアンに関する詳細な分析を行い、内装、故障と修理、価格とコストパフォーマンス、乗り心地と安定性、燃費とカーゴスペース、エンジンの評価という6つの重要な側面を検証しました。

この車には魅力的な点もあれば、注意すべき点もあります。最終的な購入決定は、個々のニーズと優先順位に基づいて行うべきです。この記事が、あなたのカーライフにおける重要な決断に役立つことを願っています。ご覧いただきありがとうございました。

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています

彼女目線で選ぶ!彼氏に乗って欲しいSUV車ランキング厳選34車!

2023年12月23日

【ジャンル別】買ってよかった車ランキングを大発表!詳細解説付

2023年12月23日

50代女性におすすめのコンパクトカー:エレガンスと実用性を兼ね備えた最新モデル15選

2023年12月22日

女性が乗っているとかっこいい車:SUV・コンパクトカー・軽自動車

2023年12月20日

女性に人気のかっこいい車で安い国産車:普通車と軽自動車

2023年12月19日

壊れやすい軽自動車ランキング:壊れにくい軽自動車メーカーと車種を教えて!

2023年12月18日
編集後記:今日の車関連ニュース

2024年1月18日。今日の注目ニュースとして、「AIの世界から外へ 異才の数理生物学者が語る『天然知能』の可能性」という記事があります。この記事では、数理生物学者である郡司ペギオ幸夫さんが提唱する「天然知能」という概念について解説しています。AI(人工知能)と自然界の知能を比較し、その可能性を探る内容は、技術進化の中で自動車産業が直面する課題とも関連しています。自動運転技術の進化において、AIと自然界の知能の融合は新たな可能性を開くかもしれません。車好きなら、このような技術の進展にも目を向けてみてはいかがでしょうか。 朝日新聞デジタル。

  1. DSGトランスミッションとは、マニュアルトランスミッションを自動化した装置のことで、普通のAT車のように扱えます[]