スカイライン400R大解析:「欠点ポイント」を検証!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



スカイライン400R大解析:「欠点ポイント」を検証!

日産スカイライン400R(Wikipedia

スカイライン400Rの魅力と課題を深掘りする本記事では、この車種のさまざまな面を検証します。エクステリアデザインからインテリアデザイン、機能性、走行性能、テクノロジー、エンジン性能、燃費、価格と価値まで、多角的な視点からスカイライン400Rを評価します。

まず否定的なレビューを検証し、とりわけ「欠点ポイント」を明確にしますが、その後に肯定的なレビューを紹介して、バランスの取れた分析を目指します。

スカイライン400Rの概要

スカイライン400Rは、日産自動車のDセグメントセダン「スカイライン」のハイパワーバージョンです。

このモデルは2019年に追加され、最高出力は405ps(298kW)です。400Rは純ガソリンモデルで、マイルドハイブリッドやアイドリングストップ機能は持っていません。

エンジンは「VR30DETT」型3リットルV6ツインターボで、高効率化を目指した設計がされています。

インテリアデザインやADAS(先進運転支援システム)はやや古いですが、価格は約590万円で、Dセグメントの中では比較的手頃な価格帯に位置しています。

否定的・ネガティブなレビューをご紹介

この記事のテーマは『スカイライン400R大解析:「欠点ポイント」を検証!』です。

検証するには材料が必要です。

まず、スカイライン400Rに関する否定的・ネガティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • エクステリアのデザインに違和感があり、ブランドの一貫性が欠けていると感じる。
  • Vモーションのデザインは不評で、他社の製品を模倣しているように見える。
  • リアのテールランプは真円ではなく、他社製品に似ていることが残念。
  • 初期型のDAS(ステアリング)は軽すぎると感じ、重いモードが欲しいと思う。
  • 電動パーキングブレーキやプロパイ(1.0)が欠けていることは致命的な欠点と感じる1
  • スカイラインのブランディングやスタイルが一貫性を持っておらず、チグハグ感が拭えない。
  • スカイライン400Rは性能は高いが、プライドや誇りを感じないと感じる。
  • 新興他社の走り屋グレードと同次元に降りてしまい、商品としての一貫性が欠けている。
  • スカイラインの未来志向や本物志向にもっと重点を置くべきだと思う。

 

  • インテリア全体が古臭く感じるとの意見があり、特にメーター類が時代遅れと評されている。
  • エキゾーストシステムについて、AMGのような暴力的なエキゾーストシステムが欲しいという希望があるが、それがないことが不満とされている。
  • 一部のユーザーからは、走行性能が高いとは言え、競合車種に比べて劣っているという声も聞かれる。
  • 一部の評価では、インフィニティ仕様にすることを考えているとの言及がある。

 

  • シャーシが少し古く感じる。
  • サスペンションの味付けが柔らかすぎて、一部のドライバーには好みが合わない。
  • ナビゲーションシステムが一世代前のもので、時代遅れと感じる。
  • プロパイロット2.0など、一部の機能が省かれていることが疑問視される。

 

  • エンジン発熱が気になり、悪影響がないか心配されている。
  • 燃費が街乗りで6KM/L前後と低めであると指摘されている。
  • タイヤの価格が高いと不満がある。
  • 車体の下部を段差でぶつける可能性があるとの指摘がある。

 

  • 高速道路での燃費がやや低いと感じる人もいる。
  • オプションを追加すると価格が高くなるため、予算に合わせて購入が難しい場合もある。
  • 車内のインテリアデザインが他の高級車に比べて洗練されていないと感じる人もいる。

 

以上のような評価が一定数見られます。これらはあくまでレビュアーの意見であり、必ずしもすべての指摘がファクトであるとは限りません。しかし、これらの意見はスカイライン400Rに関する様々な着眼点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

「欠点ポイント」を分類し解析しました

スカイライン400Rに関する上記の否定的・ネガティブなレビューを基に、「欠点ポイント」を検証します。

エクステリアデザイン

  • Vモーションデザインについて不評があり、他社製品の模倣と見られる意見がある。
  • リアのテールランプのデザインが他社製品に似ていると感じる声がある。
  • スカイラインのブランディングやスタイルに一貫性が欠けているという意見がある。

インテリアデザイン

  • インテリア全体が古く感じられるという意見がある。
  • メーター類が時代遅れであるとの評価がある。
  • インテリアデザインが他の高級車に比べて洗練されていないと感じる声がある。

機能性と走行性能

  • 初期型のDAS(ステアリング)が軽すぎるという意見がある。
  • 電動パーキングブレーキやプロパイ(1.0)の欠如が致命的な欠点とされる声がある。
  • 走行性能が高いが競合車種に比べて劣るという声もある。

テクノロジーと機能

  • サスペンションの味付けが柔らかすぎると感じるドライバーがいる。
  • ナビゲーションシステムが一世代前のものと感じられる。
  • プロパイロット2.0など一部の機能が省かれていることに疑問を持つ意見がある。

エンジンと燃費

  • エンジンの発熱が気になるという意見がある。
  • 燃費が街乗りで6KM/L前後と低いと指摘されている。
  • 高速道路での燃費が低いと感じる人がいる。

価格と価値

  • スカイライン400Rの性能は高いが、プライドや誇りを感じないという声がある。
  • タイヤの価格が高いとの不満がある。
  • オプションを追加すると価格が高くなり、予算に合わせた購入が難しいという意見がある。

 

これらの意見はスカイライン400Rに関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

なお、これらの意見はあくまでも他人の評価に過ぎません。車は、自分で見て・触って・乗ってみて初めて「自分はどう感じるか」がわかる商品です。

そういう意味で、新車でも中古車でも、現物をよく観察し、試乗し、身体で感じ取ってから購入の是非をご判断いただきたいと思います。

肯定的・ポジティブなレビューをご紹介

次に、スカイライン400Rに関する肯定的・ポジティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • エクステリアはスポーティーで低くバランスの取れたデザインであり、19インチのホイールと赤いブレーキキャリパーが魅力的。
  • インテリアは高級感があり、BOSEの16スピーカーサウンドシステムや物理スイッチの多さが気に入っている。
  • スポーツシートは快適で長距離運転でも疲れにくい。
  • エンジン性能は圧倒的でアクセル反応が素晴らしく、パワフルな加速を楽しめる。
  • 走行性能は高く、操舵性が良く、高速での安定感がある。
  • IDS(インテリジェント ダイナミックサス)やブレーキ性能が高次元であり、制動力も強力。
  • 乗り心地は適度な硬さでコントロールされており、シートポジションの調整が自由。
  • 燃費は納車後に向上し、高速道路での平均燃費も良好。
  • 価格は高いが、性能を考えると妥当な価格と感じる。

 

  • 中期モデルはインフィニティが好きな人には好評で、Vモーションデザインや日産エンブレムも悪くないという意見。
  • シートの快適さが高く評価されており、乗り心地が期待以上に良いとの評判。
  • ターボエンジンの加速性能が素晴らしいと評価されている。
  • 電制の走行性能が優れており、各種先進装備も最低限揃っているとの意見。
  • 燃費が普通に乗っていれば8〜9km/Lで、スポーツモードで遊んでいても6〜7km/Lと、燃費が悪くないという意見。
  • 価格が諸経費オプション込で660万円で、同じスペックのスポーツセダンが1000万円以上することを考えると、お買い得だと評価されている。

 

  • エンジン性能は抜群で、アクセルの反応が良く、ターボラグをほとんど感じない。
  • エクステリアデザインが美しく、低い車高と低いボンネットが精悍な印象を与える。
  • 燃費が高出力の車にしては良好で、特に高速道路での燃費が優れている。
  • インテリジェントクルーズコントロールが便利で、ハンドル操作だけで走行できる機能が評価されている。
  • 乗り心地は柔らかく、家族にも好評であると言われている。

 

  • シートはバケットシートに似ており、座りやすくホールド感が良い。
  • エンジン性能は文句なしで、思い通りに加速する。
  • 走行性能はノーマルモードで乗りやすく、スポーツモードでもハンドル操作がしやすく、安定感が増す。
  • エクステリアのスタイリングは素晴らしく、特にホワイトのカラーが美しいと評価されている。
  • インテリアのレッドステッチとキルティングシートが高級感を演出し、シートのホールド感が大幅に向上したと言われている。
  • ナビの反応が速くなり、上画面がアイフォンと連動できるようになったことが評価されている。
  • BOSEサウンドシステムも高音質で評判が良い。

 

  • エンジン性能が優れており、高速道路での加速が素晴らしいと評価されている。
  • 車の乗り心地が快適で、長距離ドライブも楽しめると言われている。
  • 総合的な性能を考えると、価格が妥当でコストパフォーマンスが高いと感じるユーザーが多い。

 

以上のような評価が一定数見られます。これらの意見はスカイライン400Rに関する様々な着眼点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

上記の肯定的・ポジティブなレビューの分析結果

スカイライン400Rに関する上記の肯定的・ポジティブなレビューを分類・分析し、スカイライン400Rの魅力を抽出します。

エクステリアデザイン

  • スポーティーで低くバランスの取れたデザイン
  • 19インチのホイールと赤いブレーキキャリパーが魅力的
  • 低い車高と低いボンネットが精悍な印象を与える

インテリアデザイン

  • 高級感がある
  • BOSEの16スピーカーサウンドシステムや物理スイッチの多さが好評
  • レッドステッチとキルティングシートが高級感を演出
  • ナビの反応が速く、アイフォンとの連動性が向上

シートの快適さ

  • スポーツシートは長距離運転でも疲れにくい
  • シートポジションの調整が自由
  • バケットシートに似た座りやすさとホールド感

エンジン性能

  • 圧倒的なアクセル反応とパワフルな加速
  • ターボラグをほとんど感じない
  • 高速道路での加速が素晴らしい

走行性能

  • 操舵性が良く、高速での安定感がある
  • IDSやブレーキ性能が高次元
  • ノーマルモードとスポーツモードで使い分けができる

乗り心地

  • 適度な硬さでコントロールされた乗り心地
  • 柔らかく、家族にも好評
  • ノーマルモードでは固さを感じず、スポーツモードで安定性が増す

燃費

  • 納車後に向上
  • 高速道路での平均燃費が良好
  • 普通に乗っていれば8〜9km/L、スポーツモードでも6〜7km/Lと評されている

価格

  • 高いが、性能を考えると妥当との意見
  • 諸経費オプション込で660万円は、同スペックのスポーツセダンと比べるとお買い得との評価

 

これら抽出ポイントを参考に、クルマ選びの参考にしていただきたいと思います。

まとめ

『スカイライン400R大解析:「欠点ポイント」を検証!』のテーマで解説してきました。

この記事では、スカイライン400Rの多面的な評価を行いました。エクステリアとインテリアのデザイン、機能性、走行性能、テクノロジー、エンジンと燃費、そして価格という観点から、この車種の長所と短所を検証しました。

また、肯定的なレビューを通じて、スカイライン400Rの魅力的な側面を浮き彫りにしました。読者の皆様には、この車に対する幅広い理解を深めていただけたと思います。ご覧いただきありがとうございました。

スカイライン400R大解析:「遅い?速い?」を検証!

2024年1月22日
Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています

彼女目線で選ぶ!彼氏に乗って欲しいSUV車ランキング厳選34車!

2023年12月23日

【ジャンル別】買ってよかった車ランキングを大発表!詳細解説付

2023年12月23日

50代女性におすすめのコンパクトカー:エレガンスと実用性を兼ね備えた最新モデル15選

2023年12月22日

女性が乗っているとかっこいい車:SUV・コンパクトカー・軽自動車

2023年12月20日

女性に人気のかっこいい車で安い国産車:普通車と軽自動車

2023年12月19日

壊れやすい軽自動車ランキング:壊れにくい軽自動車メーカーと車種を教えて!

2023年12月18日
編集後記:今日のニュースから

2024年1月20日。今日の注目の車関連ニュースは、「神のハイエース」についてです。トヨタのハイエースが、ECUチューンを施すことで、その性能を大幅に向上させることが可能になりました。最高出力が151馬力から180馬力以上へ、最大トルクも30.6kgfから45kgfへと増加し、リミッターも解除されます。これにより、ハイエースは驚異的な加速力とトルクを得ることができるようになります。燃費も13.6km/Lを維持し、チューンの価格は16万5000円(税込)です。今後、全国のショップでもこのカスタムが可能になる見込みです。車好きにはたまらないニュースで、これからのハイエースの活躍が楽しみです(出典: くるまのニュース​​)

  1. 私の周辺にも、試乗して感激したけれどブレーキホールドがないこの一点で気持ちが離れた人がいます。[]