結局、「ご飯」と「パン」ではどっちが太りやすいのですか?

ご飯・一合・食べ過ぎ




結局、「ご飯」と「パン」ではどっちが太りやすいのですか?

身も蓋もない話になりますが、主食が「ご飯」であれ「パン」であれ、とにかく食べ過ぎてしまう人はどちらでも太ります。

したがって、このページでは、そうした無茶な食べ方をせず、ある程度食べる量をコントロールした上で比較した場合、ご飯とパンはどちらが太りやすいのか。

これについて見ていきたいと思います。

一般論として、「ご飯」の方が太りにくい

炊飯器で炊いたご飯は、穀物であるお米の栄養成分が含まれているだけで、その他余計な成分はありません。

いっぽうで、食パンにしてもクロワッサンにしても菓子パンにしても、製造過程でバター、砂糖、塩、乳製品などが多く含まれています。

つまり、一般論として、ご飯はパンより混ぜ物がない分だけより健康的だと言えそうです。

「ご飯一杯」と「食パン一切れ」の比較

まず、次の比較をご覧ください。

  • ご飯1膳のカロリーは約270kcal、糖質は約55g。
  • 6枚切り食パン1枚のカロリーは約177kcal、糖質は約29g

これだけで比較すると、パンの方が太りにくいように見えます。

けれども、食パンになにも付けずに食べる人はあまりいないはずで、バターやマーガリンやジャムをつけて食べる人がほとんどでしょう。

つまり、パン食はトータルで見るとカロリーや糖質が高くなりやすいところがあります。

一方で、ご飯の場合、ご飯には何もつけないかもしれませんが、おかずとしてやや塩分が多いものを摂りすぎる傾向がみられます。

結局、両者のメリット・デメリットを比較すると次のようなことが言えそうです。

<ご飯食>

  • メリット:水分が多くて腹もちが良く、主菜や副菜がつくので栄養バランスがとりやすい。
  • デメリット:炊き上げるのに時間がかかり、パン食より塩分を多く摂りやすい傾向がある。

<パン食>

  • メリット:準備いらずで手軽にすぐ食べられる。ご飯食より塩分の摂取量が抑えられる。
  • デメリット:腹持ちが悪く、パンにつけるバター等で結果的にご飯食より脂質や糖質が多くなりがち。

ご飯食は、和洋中の様々なおかずとの相性が良く、栄養のバランスを取りやすい反面、どうしても塩分量が多くなりがちなので、塩分対策として一工夫必要になりそうです。

パン食では、相性としてヨーグルトやコーヒーや牛乳がよく合うものの、野菜や海藻など多彩な副菜が不足しがち。野菜スープとかドレッシングを抑えた野菜サラダなど、一工夫必要になります。

GI値はご飯が有利

食べた食材が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計った値のことを「GI値(Glycemic Index)」と呼びます。

GI値が低ければ低いほど血糖値の上昇が遅くなり、インシュリンの分泌も抑えられます。つまり、太りにくくなるということです。

精製された白米のGI値は81、食パンは91です。

この数字でわかるように、食パンの方がご飯より血糖値の上昇スピードは速く、より太りやすい傾向にあります。

ご飯は、血糖値の上昇スピードがよりゆっくりしています。

なお、ご飯より玄米の方がGI値は低く、食パンより全粒粉のパンの方がGI値は低くなります。

パンよりご飯の方が太りやすいというのは「俗説」

以上の分析から、一般的に言われている「パンよりご飯の方が太りやすい」という言説は単なる「俗説」であることが明白です。

ご飯食は塩分を多く摂りがちで、その点は注意が必要ですが、トータルで見ると、より栄養バランスが取りやすく、血糖値の上昇が緩やかで、むしろパンより太りにくい食材であることがわかります。

とは言え、何事もやり過ぎは禁物です。

健康やダイエットにご飯がいいからと、ご飯の量を増やしてしまえば、結局太ることは目に見えています。

ご飯もおかずも「適量」をお忘れなく。

番外編:ご飯好きになる最短・最良の方法

ご飯食が好きになる最短にして最良の方法は、炊飯器にお金をかけることだと私は思います。

いえ、8万とか10万の炊飯器とまではいいません。

でも、ある程度の価格の炊飯器でご飯を炊くと、炊き立てはもちろん、冷めてからも味と食感がいい状態にキープされ、とてもおいしく食べることができます。

最近は、高級トースターなどがよく売れていますが、炊飯器も高級タイプに替えると、ご飯食を見直すきっかけになると思いますよ。

安い炊飯器で高価なブランド米を炊くよりも、高い炊飯器で標準的なお米を炊いたほうが、満足感は明白に上です。

それほど違いますから。

 

元の記事(ご飯一合は食べ過ぎなの?)に戻る




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。