エンジンオイル漏れ・にじみ|車検基準|症状・原因・添加剤・修理費用

エンジンオイル・漏れ・にじみ・原因・修理・添加剤・匂い・確認・車検・走行

エンジンオイルに漏れやにじみがあると車検は不合格になります。

軽微なにじみの場合は漏れ防止の添加剤を使用することで検査を通るケースもありますが、基本的に車検NGです。

エンジンオイルに漏れやにじみがあるとエンジン廻りがオイルで黒く汚れ、更に悪化すると駐車中に地面にオイル溜りができるほどになります。

漏れやにじみの原因は、ヘッドカバーパッキン・ピストンリング・シリンダーなどの劣化がほとんどです。

エンジンオイルの漏れやにじみを修理する場合、費用はまさにピンキリであり、軽微なにじみは数千円、エンジンの組み直しが必要な場合は数十万円となります。

漏れ・にじみは車検NG

エンジンオイルの漏れやにじみは車検の点検項目に入っています。

基本的には漏れもにじみも車検は通りません。

ただし、一部の報告によると、検査から車検証発行まで全て自分でやるユーザー車検の場合は、にじみに関しては軽微なものはかろうじて合格するケースもあるようです。

ポタポタ道路に落とすのは法律違反

エンジンを道路にポタポタ落として走行することは道路交通法違反(整備不良)です。

3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金となります。

症状は?

エンジンオイルの漏れとにじみでは、当然にじみの方が軽微なトラブルです。

エンジンオイルのにじみが発生すると、エンジンの表面に黒いシミが発生し、放置するとエンジンだけでなくその周辺のパーツにも黒いシミが広がります。

エンジンオイルの漏れが発生すると、駐車中の地面に黒い丸形のシミができるようになります。初期の段階ではオイルが滴るのを目視できないことが多いのですが、悪化してくるとしばらく車の下を覗いている間にオイルが滴るのを確認できます。

これがさらに悪化すると、道路に数十メートルあるいは数メートル置きにオイルが滴り落ちるようになり、こうなったらもう末期症状なので、即修理が必要です。

また、匂いでわかることもあります。

エンジンオイルが漏れたりにじんだりすると匂いでこれを発見できることもあります。

エンジンルームを覗かなくても、車に乗り込んだ際に車内にオイルの匂いが漂っていて、それで漏れやにじみに気づくケースもあります。

原因は?

劣化が原因です。

走行距離が増え、エンジン各部が劣化することにより、エンジンオイルの漏れやにじみが発生します。

  • ヘッドカバーパッキン(ヘッドカバーガスケット)というゴムでできたパーツがあり、これが経年劣化することで漏れやにじみが発生します。
  • ピストンリングやシリンダーが摩耗してくると漏れやにじみが発生します。
  • バルブシールというゴムの部品が劣化して漏れやにじみが発生します。
  • ピストンとシリンダーの隙間から発生するブローバイガスが冷えて液化し染みてくることで漏れやにじみが発生します。オイルキャッチタンクの取り付けで予防可能

放置すると車両火災の恐れも

エンジンオイルの発火温度は230度前後です。

漏れやにじみが長期間続くと、マフラーなどの高温になりやすい部分に接触して発火することがあります。

いちいちニュースにはなりませんが、日本全国で車両火災は常に発生していて、そのうちの一部はエンジンオイルの漏れやにじみが原因です。

添加剤は効果あるのか?

エンジンオイルの添加剤と言うと、通常は回転を滑らかにして走行性能を良くしたり耐久性を向上させたりする、そういう種類の添加剤が知られています。

しかし、エンジンオイル漏れ・にじみを防止する添加剤も販売されています。

1,000円前後~20,000円前後まで幅広いラインナップがあり、通販でも入手できます。

こうした添加剤(漏れ止め剤)の効果ですが、にじみや軽度の漏れには一定の効果があります。

ユーザー車検のちょっと前に(10日から2週間ほど)添加剤を入れておけば、軽度の漏れやにじみを一時的に抑制することで車検を通すことができるようになります(不合格になることもある)。

けれども、ユーザー車検以外のディーラーや整備工場の車検では、軽度のにじみに関してはひょっとすると合格するかもしれませんが、漏れはたぶんNGでしょう。

そういう意味で、添加剤はあくまでも一時的な応急処置として一定の効果が期待できる、という認識で受け止めていただきたいと思います。

車検の時期を迎え、その車に今後長く乗るつもりはないけれど今すぐ乗り替えるつもりもないといった場合には、車検の10日~2週間くらい前に添加剤を投入し、とりあえず今回の車検だけは通すという使い方はできると思います。

修理費用は?

エンジンオイルの漏れやにじみを修理する場合、費用はそれこそピンキリです。

症状によって数千円で済むこともあれば10万超えもあれば数十万かかることもあります。

エンジンオイルを排出する部分のボルトやワッシャーの交換程度なら1,000円~2,000円程度ですみます。

しかし、エンジンの組み直しが必要な修理であれば、工賃だけで費用は跳ね上がるので、10万、20万、30万・・・100万というケースも出てきます。

こうなると、修理どころか買い替えを検討するのが現実的な対応になってきます。

そういう意味でも、エンジンオイルの漏れやにじみは、決して軽く考えずに、症状が軽いうちに修理するのが必須です。

ご覧頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。