フロントガラスのデフロスターが故障すると車検に通りません!!

フロントガラス・デフロスター・車検

冬場にフロントガラスが凍結したり結露がついたりすると前方視界が遮られます。

そこでフロントガラスに熱風を吹き付けて曇りをとる必要があります。

これがデフロスターです。

デフロスターとデフォッガー

フロントガラスに熱風を吹き付けて曇りをとる装置がデフロスターです。

リアガラスに熱線を組み込んで、電流を流して曇りをとる装置がデフォッガーです。

通常、フロントガラスにデフォッガーをつけることはできませんが、それは前方の視界を妨げるために保安基準で禁止されているからです。

しかし、一部ホンダ車には、格納されたワイパーが凍結で動かなくなることを防ぐために部分的にデフォッガーがついている車種があります。

車検基準

フロントガラスのデフロスターが故障していると、冬場に前方視界が妨げられて危険なので、車検の保安基準を満たさないことになります。

つまり、車検不合格になります。

修理しないと車検は通りません。

原因によっては思わぬ出費になる

デフロスターが故障していたら車検に通りません。

その際、故障の原因が、単なるフューズ切れであるとか、ファンの故障などであれば、修理費用も安くて済みます。

しかし、大本のヒーターコアが故障しているケースでは45,000円~150,000円ほどの修理費用が掛かります。

車のヒーターコア|交換時期と交換費用|壊れると冬に寒い寒い!

2020.04.07

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。