【60秒解説】ハイビームインジケーターが不点灯だと車検は不合格ですか?

ハイビームインジケーター・不点灯・車検




不点灯は車検に通りません

ハイビームインジケーターとは、運転席のインパネ内にあって、通常ブルーで点灯するライトのことです。ヘッドライトをハイビームにしたときに点灯し、ドライバーに「今ハイビームで走っていますよ」と伝える役割を果たしています。

車検の保安基準では、ハイビームインジケーターが不点灯だと不合格になります。車検は通りません。

このハイビームインジケーターが不点灯になるとしたら、それは下記のような理由が考えられます。

  1. ただ単に球切れである
  2. ヘッドライトを社外HIDなどに付け替えた

不点灯の原因は、ほとんどが②です。①は廃車になるまでほぼないと考えていいと思います。ほとんどのケースが②の社外HID等に付け替えたケースです。

ヘッドライトを社外品に付け替えてハイビームインジケーターが不点灯になるケースは数多く報告されています。

しかし、対策品も数多く出回っていて、簡単に取り付けできるので、すぐに解決できる問題でもあります。

ハイビームインジケーター不点灯防止ユニット

カー用品店やアマゾンなどの通販ショップには「ハイビームインジケーター不点灯防止ユニット」の名称で様々な会社の製品が2,000円前後で売られています。

このユニットを車体とリレーレスユニットの間に組み込むだけで、ハイビームインジケーターを点灯させることができます。

⇒⇒ハイビームインジケーター不点灯防止ユニット(amazon)

【超丁寧解説】「ハイビームが原則」ってどういうこと?だってまぶしいでしょ?

2020.06.17

【超丁寧解説】ハイビームアシストとは|オートマチックハイビームとは?

2019.04.13

【超丁寧解説】車検|ヘッドライトの明るさ(光度・カンデラ)/色温度(ケルビン)

2020.01.06

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。