ヘッドライトが結露する原因は?どこから水分が侵入するの?

ヘッドライト・結露・原因

ヘッドライトが結露する原因は?どこから水分が侵入するの?

車やバイクのヘッドライトが結露することがあります。ヘッドライトの外側ではなく、内側に水滴がつく現象です。こうした現象が発生する原因は、ちょうど冬場に家の北側の窓が結露するのと同じです。

内側と外側の気温・湿度に大きな差がある場合、温かい側(つまり内側)に水滴が発生するのです。

では、ヘッドライトの内側にはどこから水分が侵入してきたのでしょう?

それは外部からです。たとえば雨です。また湿気を含んだ外気です。

そもそもヘッドライトユニットには穴が開いています。これは通気口としての穴で、呼吸するための穴です。ヘッドライトは熱を持つパーツで、内側からはバルブが発光する際の熱がこもります。また外側からはすぐ近くにカッカと燃焼し続けるエンジンの熱があります。

このようにヘッドライトは常に高温にさらされているので、内部にちょっとでも水分があれば、それが蒸発してヘッドライト内部に充満し、ヘッドライト全体を破壊してしまいます。

そこで、そうした水分・水蒸気の抜け道を用意してあって、それが通気口です。通気口があるので、湿気を含んだ外気が侵入したり、雨滴が侵入したとしても、すぐに外へ逃がす構造になっています。

それなら、なぜ結露するのか?

はい、そこが肝心なところで、それには様々な原因があり、下記のようなものが考えられます。

  1. 通気口がゴミやホコリでふさがれていて、水分がヘッドライトユニット内部に閉じ込められている
  2. 球切れでバルブ交換した際に、バルブの取り付けが不十分で、バルブの根っこのあたりに水分の侵入口が出来てしまっている
  3. バルブ交換やイカリング等の取り付けでヘッドライトを分解した際に、ブチルゴムやコーキング剤をしっかり密着させない状態で組み立てたために、水分が出入りする穴が発生している
  4. イカリング等の後付け品の配線用に開けた穴が十分にシーリングされていない

ざっとこうした原因が考えられます。

また、純正のヘッドライトユニットと社外品のヘッドライトユニットを、ユニットごとそっくり交換(assy交換)した場合で、後日結露が発生することがありますが、これは社外品のユニットの製品不良が原因です。

ヘッドライト 結露 対策|水分の除去とその防止策|修理が必要?

2020.06.27

ヘッドライトの殻割りでレンズの曇りが取れますか?

2020.06.21

ヘッドライトの殻割りではコーキング剤とブチルゴムが最重要

2020.06.22

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。